FutureNet

NXR,WXRシリーズ

運用管理編

2. 設定の保存・復帰

2-5. 本体内の設定ファイルの削除

ここではCLI(コマンドラインインタフェース)を利用して本体内に保存されている設定ファイルを削除する方法について説明します。

【対象機種】NXR-1300シリーズ,NXR-650,NXR-530,NXR-350/C,NXR-230/C,NXR-160/LW,NXR-G180/L-CA,NXR-G200シリーズ,NXR-G110シリーズ,NXR-G100シリーズ,NXR-G050シリーズ,VXR-x64,WXR-250(2021/9現在)

最新の対応状況は、各製品の更新履歴やユーザーズガイドをご確認ください。

 

【 実行例 】

<startup-configを削除する>
#erase startup-config

startup-configを削除します。

 

<flash-initial-configの削除>

【対象機種】NXR-650,NXR-530,NXR-160/LW,NXR-G180/L-CA,NXR-G200シリーズ,NXR-G110シリーズ,NXR-G050シリーズ(2021/9現在)
最新の対応状況は、各製品の更新履歴やユーザーズガイドをご確認ください。

#delete flash-initial-config

flash-initial-configに保存した設定を削除します。

 

<warplink-sps-initial-configの削除>

【対象機種】NXR-650,NXR-530,NXR-160/LW,NXR-G180/L-CA,NXR-G200シリーズ,NXR-G110シリーズ,NXR-G100シリーズ,NXR-G050シリーズ(2021/9現在)
最新の対応状況は、各製品の更新履歴やユーザーズガイドをご確認ください。

#delete warplink-sps-initial-config

warplink-sps-initial-configに保存した設定を削除します。

 

<本体内のフラッシュメモリに保存している設定ファイルの削除>
#delete flash [設定ファイル名]

本体内のフラッシュメモリに保存している設定ファイルを削除します。
(☞) delete file コマンドでも同様に削除することができます。