FutureNet

NXR,WXRシリーズ

運用管理編

1. ファームウェアの更新

1-4. 内蔵WiMAX通信モジュールのファームウェア更新

ここではNXR-G100/WMのWiMAX通信モジュールのファームウェア更新方法を説明します。
なおこの更新方法を利用する場合は、以下の要件を満たしている必要があります。

  • 電波レベルが良好であること
    電波レベルは下記コマンドで確認することができます。
    #show wimax 0 signal-level
  • WiMAXネットワークに接続していること
    WiMAX通信モジュールの接続状態は下記コマンドで確認 することができます。
    #show wimax 0

またファームウェアの更新中に機器の電源断が発生した場合、故障の原因となりますのでご注意ください。

 

【 実行例 】

1. <ファームウェアの更新>
#firmware wimax 0 update
Proceed with WiMAX module update? [y/n]:

コマンド実行後、アップデートの実行について問われます。

指定 動作
y ファームウェアの更新を開始します
n ファームウェアの更新を中止します

(☞) コマンド実行後、アップデートに約5分程度(※)の時間を要しますので、そのまましばらくお待ちください。
※お客様のご利用環境や回線状況により所要時間は異なります。
(☞) WiMAX通信モジュールのファームウェアアップデート中は本体の電源を切らないで下さい。

 

2. <WiMAX通信モジュールのリセット>
#reset wimax 0
Reset wimax device 0 … Please wait.

WiMAX通信モジュールのリセットを行います。

 

3. <WiMAX通信モジュールバージョンの確認>
#show wimax 0 version
PACKAGE : 1.3.7.1

WiMAX通信モジュールのリセット完了後、WiMAX通信モジュールのバージョン表示コマンドで更新状況を確認します。
(☞) 現在の最新バージョンは「ver 1.3.7.1」(2017/09現在)となります。

 

【 補足 】

WiMAX通信モジュールのファームウェアアップデートコマンドおよびモジュールリセットコマンド実行後、バージョン表示コマンドで確認した際のバージョン番号が更新前と変わらなかった場合、再度WiMAX通信モジュールのファームウェアアップデートコマンドを実行して下さい。
その際、手順1で待った時間よりも長めに時間をとるようにして下さい。