FutureNet

NXR,WXRシリーズ

運用管理編

1. ファームウェアの更新

1-3. ファームウェアリストアップデート設定

ファームウェアリストアップデートは、ファームウェアのバージョンと保存先が記されたCSV形式のファイルをダウンロードし、その情報からファームウェアの更新を実行する機能です。ファームウェアリストアップデートはコマンド実行後、直ちにファイルのダウンロードを行う方法と機器起動時にファイルのダウンロードを行う方法があります。

 

【対象機種】NXR-1300シリーズ,NXR-650,NXR-530,NXR-160/LW,NXR-G180/L-CA,NXR-G200シリーズ,NXR-G110シリーズ,NXR-G100シリーズ,VXR-x64(2021/7現在)
最新の対応状況は、各製品の更新履歴やユーザーズガイドをご確認ください。

 

コンテンツ
リストファイルの準備 リストアップデート実行例 リストアップデート設定例 補足

 

【 リストファイルの準備 】

ファームウェアリストアップデートでは、事前にファームウェアのバージョンと保存先が記されたCSV形式のファイルを準備しておく必要があります。リストファイルの書式は下記の通りです。

[バージョン番号],[ファームウェアの保存先]

(☞) 複数のファームウェアを一つのリストファイルに記載することはできません。ファームウェア毎にリストファイルを用意する必要があります。

 

<リストファイル例>
21.7.11,https://www.example.jp/nxrg110-v210711.bin

 

【 リストアップデート実行例 】

#firmware list-update https://www.example.jp/firmware-list.txt
New firmware (ver 21.7.11) available. Update? [y/n]: y
DOWNLOAD:*********************************************************************** done
Update to :
Century Systems NXR-G110 ver 21.7.11 (build 8/15:10 22 06 2021)
Proceed with update? [(y)es/(r)eserve/(n)o]:

リストファイル「firmware-list.txt」をHTTPSサーバ「www.example.jp」から取得し、ファームウェアリストアップデートを実行します。コマンド実行後、リストアップデートを開始します。
(☞) リストファイルダウンロード後、表示される「New firmware」のバージョン番号は、リストファイルに記載されたバージョン番号となります。よって、リストファイルのバージョン番号とファームウェアファイルのバージョンが異なっていた場合、アップデート処理が行われない場合があります。またリストファイルのバージョン番号と起動中のバージョン番号が同一の場合、ファームウェアの更新は行われません。

上記実行例では、HTTPSサーバよりリストファイルをダウンロードしましたが、その他に以下のサーバ等を利用することが可能です。

 

<FTPサーバの利用>

【対象機種】NXR-650,NXR-530,NXR-160/LW,NXR-G180/L-CA,NXR-G200シリーズ,NXR-G110シリーズ,NXR-G100シリーズ,VXR-x64(2021/7現在)
最新の対応状況は、各製品の更新履歴やユーザーズガイドをご確認ください。

#firmware list-update ftp://[IPアドレス]/[リストファイル名]

リストファイルをFTPサーバから取得し、ファームウェアリストアップデートを実行します。なおFTPサーバを利用する場合、anonymousによる接続方法のみ対応しています。よってユーザ名やパスワードを指定することはできません。コマンド実行後、リストアップデートを開始します。

 

<SSHサーバの利用>

【対象機種】NXR-650,NXR-530,NXR-160/LW,NXR-G180/L-CA,NXR-G200シリーズ,NXR-G110シリーズ,NXR-G100シリーズ,VXR-x64(2021/7現在)
最新の対応状況は、各製品の更新履歴やユーザーズガイドをご確認ください。

#firmware list-update ssh://[ユーザ名]@[IPアドレス]/[リストファイル名]
[ユーザ名]@[IPアドレス]’s password:[パスワード]

リストファイルをSSHサーバから取得し、ファームウェアリストアップデートを実行します。この時SSHサーバのIPアドレスとユーザ名を合わせて指定します。コマンド実行後、パスワードの入力を求められますので、パスワードを入力します。認証後、リストアップデートを開始します。

(☞) 一部機種ではリバースSSHトンネリングを利用することもできます。リバースSSHトンネリングについてはこちら

 

<HTTP,HTTPSサーバの利用>

【対象機種】NXR-650,NXR-530,NXR-160/LW,NXR-G180/L-CA,NXR-G200シリーズ,NXR-G110シリーズ,NXR-G100シリーズ,VXR-x64(2021/7現在)
最新の対応状況は、各製品の更新履歴やユーザーズガイドをご確認ください。

#firmware list-update http://[IPアドレス]/[リストファイル名]

リストファイルをHTTPサーバから取得し、ファームウェアリストアップデートを実行します。コマンド実行後、リストアップデートを開始します。
なおHTTPSサーバ上のファームウェアを転送する場合、サーバ証明書のバリデーションを行うか否かで指定方法が異なります。

 

バリデーションを行う場合
#firmware list-update https://[IPアドレス]/[リストファイル名]
バリデーションを行わない場合
#firmware list-update https-://[IPアドレス]/[リストファイル名]

 

<外部ストレージの利用>

【対象機種】NXR-650,NXR-530,NXR-160/LW,NXR-G180/L-CA,NXR-G200シリーズ,NXR-G110シリーズ,NXR-G100シリーズ,VXR-x64(2021/7現在)
最新の対応状況は、各製品の更新履歴やユーザーズガイドをご確認ください。

#firmware list-update disk0:[リストファイル名]

リストファイルをdisk0と認識されている外部ストレージから取得し、ファームウェアリストアップデートを実行します。コマンド実行後、リストアップデートを開始します。

 

<CMS-1300の利用>

【対象機種】NXR-1300シリーズ,NXR-650,NXR-530,NXR-160/LW,NXR-G200シリーズ,NXR-G110シリーズ,NXR-G100シリーズ,VXR-x64(2021/7現在)
最新の対応状況は、各製品の更新履歴やユーザーズガイドをご確認ください。

#firmware list-update cms

CMS-1300に登録されている情報を使用してファームウェアリストアップデートを実行します。コマンド実行後、リストアップデートを開始します。

(☞) CMS-1300でのファームウェア更新についてはこちらも併せてご参照ください。

 

【 リストアップデート設定例 】

(config)#system boot firmware list-update https://www.example.jp/firmware-list.txt

機器起動後にリストファイル「firmware-list.txt」をHTTPSサーバ「www.example.jp」から取得し、ファームウェアリストアップデートを実行します。

(☞) この設定は、次回機器起動時に実行されます。なおリストファイルのバージョン番号と起動中のバージョン番号が同一の場合、ファームウェアの更新は行われません。
上記実行例では、HTTPSサーバよりリストファイルをダウンロードしましたが、その他に以下のサーバ等を利用することが可能です。

 

<FTPサーバの利用>

【対象機種】NXR-650,NXR-530,NXR-160/LW,NXR-G180/L-CA,NXR-G200シリーズ,NXR-G110シリーズ,NXR-G100シリーズ,VXR-x64(2021/7現在)
最新の対応状況は、各製品の更新履歴やユーザーズガイドをご確認ください。

(config)#system boot firmware list-update ftp://[IPアドレス]/[リストファイル名]

機器起動後、リストファイルをFTPサーバから取得し、ファームウェアリストアップデートを実行します。なおFTPサーバを利用する場合、anonymousによる接続方法のみ対応しています。よってユーザ名やパスワードを指定することはできません。

 

<SSHサーバの利用>

【対象機種】NXR-650,NXR-530,NXR-160/LW,NXR-G180/L-CA,NXR-G200シリーズ,NXR-G110シリーズ,NXR-G100シリーズ,VXR-x64(2021/7現在)
最新の対応状況は、各製品の更新履歴やユーザーズガイドをご確認ください。

(config)#system boot firmware list-update ssh://[ユーザ名]@[IPアドレス]/[リストファイル名] password [パスワード]

機器起動後、リストファイルをSSHサーバから取得し、ファームウェアリストアップデートを実行します。この時SSHサーバのIPアドレス,ユーザ名,パスワードを合わせて指定します。

 

<HTTP,HTTPSサーバの利用>

【対象機種】NXR-650,NXR-530,NXR-160/LW,NXR-G180/L-CA,NXR-G200シリーズ,NXR-G110シリーズ,NXR-G100シリーズ,VXR-x64(2021/7現在)
最新の対応状況は、各製品の更新履歴やユーザーズガイドをご確認ください。

(config)#system boot firmware list-update http://[IPアドレス]/[リストファイル名]

機器起動後、リストファイルをHTTPサーバから取得し、ファームウェアリストアップデートを実行します。
なおHTTPSサーバ上のファームウェアを転送する場合、サーバ証明書のバリデーションを行うか否かで指定方法が異なります。

 

バリデーションを行う場合
(config)#system boot firmware list-update https://[IPアドレス]/[リストファイル名]
バリデーションを行わない場合
(config)#system boot firmware list-update https-://[IPアドレス]/[リストファイル名]

 

<外部ストレージの利用>

【対象機種】NXR-650,NXR-530,NXR-160/LW,NXR-G180/L-CA,NXR-G200シリーズ,NXR-G110シリーズ,NXR-G100シリーズ,VXR-x64(2021/7現在)
最新の対応状況は、各製品の更新履歴やユーザーズガイドをご確認ください。

(config)#system boot firmware list-update disk0:[リストファイル名]

機器起動後、リストファイルをdisk0と認識されている外部ストレージから取得し、ファームウェアリストアップデートを実行します。

 

<CMS-1300の利用>

【対象機種】NXR-1300シリーズ,NXR-650,NXR-530,NXR-160/LW,NXR-G200シリーズ,NXR-G110シリーズ,NXR-G100シリーズ,VXR-x64(2021/7現在)
最新の対応状況は、各製品の更新履歴やユーザーズガイドをご確認ください。

(config)#system boot firmware list-update cms

機器起動後、CMS-1300に登録されている情報を使用してファームウェアリストアップデートを実行します。

(☞) CMS-1300でのファームウェア更新についてはこちらも併せてご参照ください。

 

【 補足 】

ファームウェアリストアップデート実行時、以下のオプションを指定することができます。
(CMS-1300利用時、ディレクトリ指定不可。外部ストレージ利用時、送信元IPアドレス指定不可。)
※実行例はFTPサーバ利用時です。

<ディレクトリ指定>
#firmware list-update ftp://[IPアドレス]/[ディレクトリ名]/[リストファイル名]
(config)#system boot firmware list-update ftp://[IPアドレス]/[ディレクトリ名]/[リストファイル名]

リストファイルをディレクトリ毎に管理している場合、「ディレクトリ名/リストファイル名」を指定します。

 

<送信元IPアドレス指定>
#firmware list-update ftp://[IPアドレス]/[リストファイル名] source [送信元IPアドレス]
(config)#system boot firmware list-update ftp://[IPアドレス]/[リストファイル名] source [送信元IPアドレス]

通常出力インタフェースのIPアドレスを送信元IPアドレスとしますが、冗長化している場合など送信元IPアドレスを固定したい場合に指定します。

 

<hold指定>
(config)#system boot firmware list-update ftp://[IPアドレス]/[リストファイル名] hold

機器起動後のファームウェアリストアップデートによるファームウェアの更新では、更新が完了すると自動的に機器の再起動が行われますが、holdオプションを指定することにより再起動を保留します。

 

<スケジュール設定>

ファームウェアリストアップデートは、スケジュール機能を使用することで日時指定が可能です。設定の詳細については、こちらをご参照ください。