FutureNet

NXR,WXRシリーズ

運用管理編

8. メール送信設定

8-6. SMTPSでのメール送信設定

SMTPS(SMTP over SSL)を利用してメール送信を行う設定例です。この例ではログメールの送信時にSMTPSを利用します。なお補足にGmailを利用した場合の設定例を掲載しています。

 

【対象機種】NXR-G200シリーズ,VXR-x86

 

【 設定例 】

1. <シスログ設定>
(config)#syslog
(config-syslog)#mail send enable

ログメール送信を有効にします。

(config-syslog)#mail to [宛先メールアドレス]

宛先メールアドレスを設定します。

(config-syslog)#mail from [送信元メールアドレス]

送信元メールアドレスを設定します。

(config-syslog)#mail subject [件名]

メールの件名を設定します。

(config-syslog)#mail strings 1 [送信対象の文字列]

ログメールで送信したい文字列を設定します。

(config-syslog)#mail server authentication [認証方式]

SMTPサーバの認証方式を設定します。

(config-syslog)#mail server smtp address localhost

SMTPサーバを設定します。
(☞) SSLトンネルを利用するためlocalhostを設定します。

(config-syslog)#mail server smtp port [ポート番号]

SMTPのポート番号を設定します。
(☞) SSLトンネルのlisten address設定で指定するポート番号と同一の値を設定します。

(config-syslog)#mail server username [SMTPサーバ用ユーザ名] password [SMTPサーバ用パスワード]

SMTPサーバの認証用IDとパスワードを設定します。

 

2. <SSLトンネル設定>
(config)#ssl tunnel 1

SSLトンネル1を設定します。

(config-ssl-tunnel)#remote address ip [SMTPサーバ] port 465

SMTPSで利用するSMTPサーバおよびポート番号を設定します。
(☞) SMTPSでは一般的に465番ポートが使用されます。なお他に指定されているポート番号がある場合はそちらを設定して下さい。

(config-ssl-tunnel)#listen address ip localhost port [ポート番号]

SSL化するパケットを受信するアドレスおよびポート番号を設定します。
(☞) 以下のTCPポート番号を設定することはできません。
9696, 4001, 4002, 2600, 3001

 

【 補足 】

以下はGmailを利用してメール送信を行う設定例になります。

(config)#syslog
(config-syslog)#mail send enable
(config-syslog)#mail to [宛先メールアドレス]
(config-syslog)#mail from [Gmailアドレス]
(config-syslog)#mail subject [件名]
(config-syslog)#mail strings 1 [送信対象の文字列]
(config-syslog)#mail server authentication smtp-auth-login
(config-syslog)#mail server smtp address localhost
(config-syslog)#mail server smtp port 5000
(config-syslog)#mail server username [Gmailアドレス] password [Gmailアドレス用パスワード]
(config-syslog)#exit
(config)#ssl tunnel 1
(config-ssl-tunnel)#remote address ip smtp.gmail.com port 465
(config-ssl-tunnel)#listen address ip localhost port 5000
(config-ssl-tunnel)#exit

ログメール送信設定については運用管理編8-2. ログメール送信設定も参考になります。