FutureNet

NXR,WXRシリーズ

運用管理編

9. Wake ON LAN設定

9-1. Wake On LANによる端末起動

Wake On LAN対応端末に対してマジックパケットを送信し、端末を起動する設定例です。

 

【対象機種】NXR-1300シリーズ,NXR-650,NXR-530,NXR-160/LW,NXR-G180/L-CA,NXR-G200シリーズ,NXR-G110シリーズ,NXR-G100シリーズ,NXR-G050シリーズ,VXR-x64(2021/10現在)
最新の対応状況は、各製品の更新履歴やユーザーズガイドをご確認ください。

 

コンテンツ
構成図 設定例 設定例解説 端末の設定例 補足 付録

 

【 構成図 】

  • Wake On LAN(以下WOL)で起動する端末は、下記要件を満たしている必要があります。
    – WOL機能に対応している
    – WOL設定が有効になっている

 

【 設定例 】

nxrg110#configure terminal
nxrg110(config)#interface ethernet 0
nxrg110(config-if)#ip address 192.168.10.1/24
nxrg110(config-if)#exit
nxrg110(config)#wol name PC interface ethernet 0 00:00:5E:00:53:01 ethernet broadcast
nxrg110(config)#exit
nxrg110#save config

 

【 設定例解説 】

1. <LAN側(ethernet0)インタフェース設定>
nxrg110(config)#interface ethernet 0
nxrg110(config-if)#ip address 192.168.10.1/24

ethernet0インタフェースのIPアドレスを設定します。

 

2. <Wake On LAN設定>
nxrg110(config)#wol name PC interface ethernet 0 00:00:5E:00:53:01 ethernet broadcast

MACアドレス「00:00:5E:00:53:01」の端末を起動するためのマジックパケットの送信設定の定義名をPCとします。なお、マジックパケットはethernet0インタフェースから宛先MACアドレス「FF:FF:FF:FF:FF:FF(ブロードキャストアドレス)」で送信します。

 

3. <設定の保存>
nxrg110#save config

設定内容を保存します。

 

【 端末の設定例 】

IPアドレス 192.168.10.100
サブネットマスク 255.255.255.0

 

【 補足 】

wol nameコマンドで定義しただけでは、マジックパケットは送信されません。定義名を指定して手動、またはスケジュールによる送信を行う必要があります。スケジュールによる送信はこちら

<マジックパケットの送信>
nxrg110#wol send name PC

Wake On LAN設定で定義した「PC」という端末に対してマジックパケットを送信します。

 

またwol nameコマンドで定義名を作成せずに、マジックパケットを送信することも可能です。

nxrg110#wol send interface ethernet 0 00:00:5E:00:53:01 ethernet broadcast

MACアドレス「00:00:5E:00:53:01」の端末を起動するためのマジックパケットをethernet0インタフェースから宛先MACアドレスFF:FF:FF:FF:FF:FF(ブロードキャストアドレス)で送信します。

 

【 付録 】