FutureNet

NXR,WXRシリーズ

運用管理編

11. テクニカルサポート情報・シスログの取得

11-1. テクニカルサポート情報の表示とファイル転送

テクニカルサポート情報とはルータの各機能のステータスやシスログ、設定情報(show config形式)を一括表示・取得する機能です。この情報はトラブル発生時にお客様自身で障害を切り分ける場合やFutureNetサポートデスクへお問い合わせ頂く際に活用することができます。

(☞) テクニカルサポート情報には設定情報が含まれていますので、取得した情報の取り扱いには十分ご注意下さい。
(☞) テクニカルサポート情報に含まれるシスログは直近100行分のみとなりますので、必要に応じてシスログ情報の表示・取得を行って下さい。なおシスログ設定は運用管理編の5. シスログ設定を、シスログ情報の表示・取得は11-2. シスログ情報の表示とファイル転送をご参照下さい。

 

【 CLI実行例 】

〔テクニカルサポート情報の表示〕

<CLIで表示>
#show tech-support

テクニカルサポート情報を表示します。

(☞) グローバルモードで「terminal length 0」を実行すると、画面単位での一時停止を行わなくなります。なお初期値に戻す場合は「terminal no length」を実行して下さい。

 

〔テクニカルサポート情報の取得・転送〕

<FTPサーバの利用>
#copy tech-support ftp://[IPアドレス]/[テクニカルサポートファイル名]

テクニカルサポート情報を取得し、FTPサーバに転送します。なおFTPサーバを利用する場合、anonymousによる接続方法のみ対応しています。よってユーザ名やパスワードを指定することはできません。コマンド実行後、転送を開始します。

 

<SSHサーバの利用>
#copy tech-support ssh://[ユーザ名]@[IPアドレス]/[テクニカルサポートファイル名]
[ユーザ名]@[IPアドレス]’s password:[パスワード]

テクニカルサポート情報を取得し、SSHサーバに転送します。この時SSHサーバのIPアドレスとユーザ名を合わせて指定します。コマンド実行後、パスワードの入力を求められますので、パスワードを入力します。認証後、転送を開始します。

(☞) 一部機種ではリバースSSHトンネリングを利用することもできます。リバースSSHトンネリングについてはこちら

 

<外部ストレージの利用>
#copy tech-support disk0:[テクニカルサポートファイル名]

テクニカルサポート情報を取得し、disk0と認識されている外部ストレージに転送します。コマンド実行後、転送を開始します。

 

<ZMODEMの利用>

【対象機種】NXR-650,NXR-610Xシリーズ,NXR-530,NXR-160/LW,NXR-G110シリーズ,NXR-G050シリーズ,VXR-x64(2022/1現在)
最新の対応状況は、各製品の更新履歴やユーザーズガイドをご確認ください。

#copy tech-support zmodem

テクニカルサポート情報を取得し、ZMODEMプロトコルを用いて転送します。コマンド実行後、転送待ち状態になります。

(☞) ZMODEMでのファイル転送も併せてご参照ください。

 

【 GUI実行例 】

Web設定画面からテクニカルサポート情報をファイルとして取得する場合、予めHTTPサービスを起動しておく必要があります。HTTPサービスの起動コマンドは以下のとおりです。

(config)#http-server enable
<テクニカルサポート情報の表示>

[運用機能]->[システム情報]->[テクニカルサポート]をクリックして、テクニカルサポート画面を開きます。

fnw_om_techsup_001

出力先で「テキスト表示」を指定し、「実行」をクリックします。

fnw_om_techsup_003

 

<テクニカルサポート情報の取得>

[運用機能]->[システム情報]->[テクニカルサポート]をクリックして、テクニカルサポート画面を開きます。

fnw_om_techsup_001

出力先で「ファイル出力」を指定し、「実行」をクリックします。

fnw_om_techsup_002

(☞) 出力先に外部ストレージを指定することもできます。

 

【 補足 】

CLIでテクニカルサポート情報の取得・転送時、以下のオプションを指定することができます。
(ZMODEMは除く。外部ストレージではディレクトリ指定のみ可)
※実行例はFTPサーバ利用時です。

<ディレクトリ指定>
#copy tech-support ftp://[IPアドレス]/[ディレクトリ名]/[テクニカルサポートファイル名]

テクニカルサポート情報をディレクトリ毎に管理している場合、「ディレクトリ名/テクニカルサポートファイル名」を指定します。

 

<送信元IPアドレス指定>
#copy tech-support ftp://[IPアドレス]/[テクニカルサポートファイル名] source [送信元IPアドレス]

通常出力インタフェースのIPアドレスを送信元IPアドレスとしますが、冗長化している場合など送信元IPアドレスを固定したい場合に指定します。