FutureNet

NXR,WXRシリーズ

運用管理編

3. パケットダンプ

3-1. パケットダンプをpcap形式で取得する

パケットダンプ機能は、機器で送受信したパケットを表示・取得する機能です。パケットダンプ機能を利用することにより障害時の切り分けなどに活用することができます。
※パケットダンプ機能利用時の注意点
パケットダンプ機能を利用する場合は、ファストフォワーディング機能を無効にする必要があります。有効のままパケットダンプ機能で情報を取得しても、正しく取得することができません。
ファストフォワーディング機能は、以下の設定で無効にすることができます。

(config)#no fast-forwarding enable

またL2TPv3ファストフォワーディング機能も合わせて有効にしている場合は、ともに無効にします。

(config)#no l2tpv3 fast-forwarding enable
(config)#no fast-forwarding enable

 

【 実行例 】

#dump interface ethernet 0 pcap count 1000 size 1518

ethernet0インタフェースを通過するパケットを対象に、取得するデータ長を1518バイトとし、1000個のパケット取得します。なお取得後、自動的にコマンド実行を終了します。
(☞) Ctrl+Cを押すことで、それまで取得した結果を保存して強制終了することができます。

 

<補足>

<pcap形式で取得したパケットダンプをCLIで表示する>

一部機種ではpcap形式で取得したパケットダンプをCLIで表示することができます。

【対象機種】NXR-650,NXR-530(2021/5現在)
最新の対応状況は、各製品の更新履歴やユーザーズガイドをご確認ください。

#show dump saved

pcap形式で取得したパケットダンプを表示します。
(☞) detailオプションを指定することでより詳細な情報が表示されます。

 

<pcapオプションなしで実行>

pcapオプションなしで実行することも可能です。この方法は、Pingによる疎通確認など簡単な通信確認時の利用に適しています。

#dump interface ethernet 0

pcapオプションなしでパケットダンプを実行します。

(☞) Ctrl+Cを押すことで強制終了することができます。