FutureNet

NXR,WXRシリーズ

ルーティング編

4. BGP4設定

BGP4設定一覧

4-1. BGP4設定(eBGP)

ダイナミックルーティングにBGP4を利用する設定例です。この例ではAS間のルーティングを行うeBGPを設定します。

 

4-2. BGP4設定(eBGPとiBGP)

ダイナミックルーティングにBGP4を利用する設定例です。この例ではAS間のルーティングを行うeBGPとAS内ルーティングを行うiBGPを設定します。

 

4-3. 外部経路の再配信(BGP4)

BGP4でスタティックルートの再配信を行う設定例です。

 

4-4. デフォルトルートの配信(BGP4)

BGP4でデフォルトルートの配信を行う設定例です。この例ではデフォルトルートを保持している場合のみ配信します。

 

4-5. ASパスプリペンド設定

AS_PATH属性を利用し下りのトラフィック制御を行う設定例です。

 

4-6. MED設定

MED属性を利用し下りのトラフィック制御を行う設定例です。

 

4-7. ローカルプリファレンス設定

LOCAL_PREF属性を利用し上りのトラフィック制御を行う設定例です。LOCAL_PREF属性はiBGPでのみ利用できます。

 

4-8. バックドア設定

バックドアを利用しBGPで受信した経路情報にアドミニストレイティブ ディスタンス値を設定する例です。

 

4-9. BGP+ネットイベント設定

自AS側ルータの機器冗長を行う設定例です。機器の冗長化にはVRRPを利用し、またネットイベント機能を利用することでBGPとVRRPを連携させることが可能です。

 

4-10. 経路フィルタ設定(BGP4)

BGP4で経路フィルタを利用する設定例です。