製品情報

 FutureNet XR-730/C

  販売終息日:2011/06/30  サポート終了日:2016/06/30

  • サポート情報
  • ダウンロード情報

FutureNet XR-730/C

FutureNet XR-730/C

標準価格: 134,400円
(本体128,000円 消費税6,400円)

※ 販売当時の価格です。

JANコード:4540428001174

ライフタイム保証
ライフタイム保証
認証
  • FLET'S 光 NEXT
  • FLET'S VPN WIDE
  • FLET'S VPN GATE
インタフェース
  • 10/100TX/1000T
  • 10/100TX
  • RS-232
  • CF
  • ×2
  • ×2
  • ×1
  • ×1
オプション
  • FutureNet VPN Client/NET-G
  • 19インチラックマウントキット
  • 「3年保証プラス」「5年保証プラス」
同梱物
  • 保証書
  • ACアダプタ
  • 製品概要
  • 特徴
  • 仕様

FutureNet XR-730/Cは2つのギガビットイーサネットポート(1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T)と2つのファストイーサネットポート(100BASE-TX/10BASE-T)を備えたモデルです。VPNスループットは最大168Mbpsを実現しており、中小規模のネットワークで高いスループットと安定性を必要とする用途に最適です。
セキュリティへの意識が高まる中、インターネット接続とVPNルータを組み合わせたネットワーク構成は、セキュリティの強化とコスト削減の両方 の要求に応えるソリューションとしてますます注目されています。FutureNet XR-730/Cは企業ユーザ/サービス事業者様のニーズに対応して強化してきた機能と信頼性を継承しつつ、100Mbpsの接続サービスをフルに活用できる性能を実現しました。
VRRPやOSPF、フローティング・スタティック機能、IPsecバックアップ機能などの多彩な冗長化機能を組み合わせることで、処理能力と信頼性を備えた企業ネットワークを低いコストで構築できます。さらに、Webブラウザによる設定や、ファイルによる機器設定の流し込み、CFカード(別売)へのログ情報の蓄積など、企業での利用に求められる高い運用性を備えています。

●NGNへの対応

FutureNet XR-730/CはNTT東日本、NTT西日本がNGNを利用した商用サービスとして提供する「フレッツ 光ネクスト」と、同サービスを利用した低コスト型のIP-VPNサービスである「フレッツ・VPNワイド」に対応しています。
NTT東日本フレッツ 光ネクスト対応状況一覧表ホームページ

●4つの独立したイーサネットポート

FutureNet XR-730/Cは2つのギガビットイーサネットポート(RJ-45)と、2つのファストイーサネットポート(RJ-45)を搭載しています。例えばインターネット接続用、DMZ用、LAN用、監視用にそれぞれ異なるイーサネットポートを割り当てるような構成が可能です。柔軟なフィルタ設定を組み合わせて幅広いシステム構成に対応できます。

●高い通信性能

ギガビットイーサネットポートは最大約600Mbps(※1)の転送性能を持ちます。また、暗号化処理専用のハードウェアを搭載しており、VPN利用時に最大約168Mbps(※2)の高性能を発揮します。

●Web認証機能

FutureNet XR-730/CはLAN側ネットワークからWAN側ネットワークにアクセスするユーザをIDとパスワードで認証するWeb認証機能を備えています。例えば、インターネットマンションではこの機能をPPPoEマルチセッション機能と併用し、「インターネット接続サービスはすべてのユーザが利用」、「会員専用のサイトへはルータで認証されたユーザのみがアクセス」、といったサービスを本装置だけで実現できます。

Web認証機能

企業内でもVPNにアクセスできるユーザとインターネットにアクセスできるユーザを区別する方法のひとつとして利用できます。MACアドレスフィルタを利用して、この機能にアクセスできる端末を制限することもできます。

●ネットワーク設計を簡単にするL2TPv3機能

FutureNet XRシリーズのルータは標準でレイヤ2トンネリング機能をサポートしています。FutureNet XR-730/Cでは128個までのレイヤ2トンネルを設定でき、最大約176Mbps(※3)の通信性能を発揮します。FTTHやADSLなどのブロードバンドアクセスサービスを利用してIP網をレイヤ2でトンネリングすることにより、遠隔地の事業所をイーサネットで接続できます。そのため、複雑なネットワーク設計が必要なく、運用管理の負担が大幅に削減できます。

ネットワーク設計を簡単にするL2TPv3機能

L2TPv3を使うとEthernetフレームやIEEE802.1Q TAGフレームを透過できるため、マルチプロトコル対応のL2トンネリングを構築できます。また、VLAN TAG付与機能を使って、本装置配下にVLANスイッチなどのIEEE802.1Q VLANに対応した装置が設置されていなくても、受信したEthernetフレームにVLAN TAGを付与してL2トンネル上に転送できます。L2TPv3はIPsecで暗号化することもできます。さらに、MACアドレスやIPv4、ARP、802.1Q、TCP/UDPなどレイヤ2~4でフィルタを設定できるため、セキュリティを柔軟に制御できます(予定)」。

●強力なブリッジフィルタ機能

FutureNet XR-730/CをイーサネットインタフェースもしくはVLANのブリッジとして設定し、レイヤ2レベルのフィルタとして利用することが可能です。入力、転送、出力ごとに64個ずつ、MACアドレスやIPv4、ARP、802.1Qのプロトコルレベルで詳細にフィルタ設定がおこなえます。同一LANの特定のエリアをブリッジで分離し、ブリッジフィルタを設定することによって、LANのセキュリティをきめ細かく制御できます。

●網サービスにも対応したQoS機能

FurureNet XR-730は帯域制御機能、優先制御機能を持っており、パケットの受信側インタフェースでの識別、TOS値の書換え、パケットのクラス分け等の機能を持ち、送信側でキュー制御が可能です。これにより、例えばVoIP利用時に音声パケットを優先して転送するような制御が可能になります。また、網サービス側でのQoS制御に対応できるようIPヘッダのTOS、Precedence、DSCP(※4)フィールド値を書き換える機能を搭載しています。

●802.1Q VLAN対応

FutureNet XR-730/Cの各イーサポートで最大64個までの 802.1Q VLANを実現できます。インタフェース毎に複数のVLANセグメントを設定し、LAN内でのセキュリティを強化することが可能です。さらにVLANごとに独立したDHCPサーバを用意できます。(予定)

●充実した冗長化機能

ADSLや光ファイバーなどのPPPoE回線の障害時に、別のインターネット接続回線で接続をバックアップできます。また、その際にIPsec接続についても自動的にバックアップできます。機器自体の障害に対してもVRRPやOSPF、フローティングスタティックルートをサポートしており、運用条件に応じた多様な冗長化が可能です。これにより技術者のいない拠点のネットワークのダウンタイムを最小化できます。

●豊富な管理機能と企業向け仕様

FutureNet XR-730/CはSNMPやSYSLOGによる運用ログの収集はもちろん、電子メールによるログの送信もできます。Pingやtraceroute、パケットキャプチャなどの診断機能を備えています。オプションのCFカード(FutureNet Memory Media CF-128:別売)を利用すれば大容量のログを残すことができ、障害時の原因調査や外部からの不正なアタックなどの解析に役立ちます。
FutureNet XR-730/Cは企業での厳し運用要件に耐えられるようハードウェアの面での性能向上を図りました。さらにサービス事業者による運用を考慮し、インターネット側の特定のIPアドレスからのみバージョンアップを可能にし、設定の変更をおこなえるリモート管理機能などを搭載しています。またオプションのCFカードには設定情報も保存できます。ハードウェアの障害が発生した場合には、代替の装置に設定情報を保存してあるCFカードを差込み、起動するだけで運用を継続できます。

●検疫ネットワーク対応機能

ネットワークにPCを接続する際、適用されているパッチ情報やウィルスパターンファイルのバージョン情報を元に、ネットワークへの接続の可否を判断する検疫ネットワークシステムに対応する機能を備えています。これにより、検疫ポリシーをルータへも適用してネットワークアクセスを動的に制御し、ウィルスが感染している恐れのあるPCがセグメントを越えて感染を広げることを防ぐことができます。また、未承認PCがルータを超えて通信をおこなうことを防止できます。現在、ヌリテレコム株式会社の統合監視ツール『NASCenter Net-ADM』に対応しています。

  • ※1 601.45Mbps。パケットサイズ 1518byteでのIXIAによるIP Forwarding性能測定結果。
  • ※2 168.384Mbps。パケットサイズ 1424byte、暗号化方式 AES-128, HASH SHA1(phase 1 & 2共通)を使用した IPsec片方向通信でのIXIAによる測定結果。
  • ※3 176.92Mbps。パケットサイズ 1280byteでのIXIAによる測定結果。
  • ※4 TOS: Type Of Service、DSCP: Differentiated Services Code Point
基本情報 機種名 FutureNet XR-730/C
ファームウェアバージョン(※1 v3.7.2
対応回線 各種ブロードバンド回線(FTTH、ADSL、CATV等)
広域イーサネットサービス
ISDN ○(TA外付け)
インターフェース イーサネット 1000/100/10Mbps 2
100/10Mbps 2
RS-232 1
CF 1
コンソール(※1 RJ-45×1
物理仕様 サイズ・重量 外形寸法
(W×D×H)
306mm×183mm×42mm
重量(本体のみ) 約1.6kg
環境 電源 AC 100V 50Hz/60Hz
消費電力(最大) 約15W
発熱量 約56kJ(約12.85kcal)
動作保証温度 0℃~+40℃
動作保証湿度 20%~85%(結露なきこと)
認定/準拠 電気通信事業法 D06-0443001
L06-0043
電波障害自主規制 VCCI Class A 準拠
RoHS指令
ブリッジ ブリッジ機能
STP
ブリッジフィルタ最大設定数 64エントリ/入力・転送・出力
VLAN 802.1QタグVLAN 64エントリ/インターフェース
PPPoE マルチセッション 同時4セッション
パフォーマンス パケット処理能力(pps) 44,843
スループット
(Mbps)
通常時 593.7(※2
IPsec接続時 159.2(※3
L2TPv3接続時 208.7(※4
L2TPv3 over IPsec接続時 90.5(※5
ルーティング
プロトコル
IPv4 スタティックルート 最大256
RIP/RIPv2
OSPFv2
BGP4
DVMRP
ポリシールーティング ソースルーティング対応
VPN機能 ハードウェア暗号化処理
IPsec 暗号化アルゴリズム DES、3DES、AES
認証アルゴリズム MD5、SHA-1
最大拠点数 128
GRE GRE最大拠点数 64
GREキープアライブ
L2TPv3 最大拠点数 128
L2TPv3フィルタ
セキュリティ機能 ファイアウォール機能 パケットフィルタリング 256エントリ/入力・転送・出力
ステートフルパケットインスペクション
攻撃検出
アクティブファイアウォール
Web認証
冗長化機能 VRRP
回線バックアップ機能
IPsec接続バックアップ機能
L2TPv3接続バックアップ機能
ネットワークイベント機能 Ping監視、VRRP監視、Link監視、BGP4切断監視
QoS機能 優先制御
帯域制御
TOS,Precedence,
DSCP書き換え
NAT/NAPT機能 最大セッション数 4,096-32,768で設定可
IPマスカレード
スタティックNAT
UPnP
運用管理機能 ユーザインターフェース Web GUI
ログ転送(SYSLOGサーバ、メール)
ネットワーク診断機能
SNMP
外部メモリへのコンフィグ、ログ保存 ○(オプション:CF-128)
その他機能 DHCPサーバ/リレーエージェント
DNSキャッシュ
NTPサーバ/クライアント
アクセスサーバ
PPPoEブリッジ(パススルー)
IPv6ブリッジ
(IPv6パススルー)
添付品 電源コード、保証書
※上記は、Version 3.7.0で対応済みの仕様です。製品の仕様は予告なく変更する場合があります。
  • ※1 XRシリーズはユーザ非公開(デバッグ用)
  • ※2 フレームサイズ1518byteでのIXIAによる片方向通信の測定結果
  • ※3 フレームサイズ1424byte、暗号化方式 AES-128, Hash SHA1(phase 1 & 2共通)を使用したIPsec片方向通信でのIXIAによる測定結果。
  • ※4 フレームサイズ1480byteでのIXIAによる片方向通信の測定結果
  • ※5 フレームサイズ1424byte、暗号化方式 3DES, Hash SHA1(phase 1 & 2共通)を使用したIPsec片方向通信でのIXIAによる測定結果。

「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ・VPNゲート」及び「フレッツ・VPNワイド」その他のフレッツサービス名は、NTT東日本およびNTT西日本の登録商標です。
「(各種)フレッツサービス」との接続については、2012年1月時点において、センチュリー・システムズ(株)が接続確認を実施したものです。将来にわたって必ずしも接続性を保証するものではありません。

製品情報

ルータ
FutureNet NXRシリーズ
FutureNet NXR-G200シリーズ
FutureNet NXR-G100シリーズ
FutureNet VXR-x64(仮想ソフトウェアルータ)
FutureNet VXR-x86(仮想ソフトウェアルータ)
リモート管理サーバ
産業用PoEスイッチ
産業用電源コントローラ
セキュリティアプライアンス
FutureNet RAシリーズ
Linuxマイクロアプライアンスサーバ
FutureNet MA-E400シリーズ
FutureNet MA-E300シリーズ
産業用PoEスイッチ
産業用電源コントローラ
産業用ルータ
FutureNet XGシリーズ
FutureNet AS-250シリーズ
FutureNet AS-M250シリーズ
FutureNet AS-P250シリーズ
FutureNet AS-110シリーズ
FutureNet NXR-G100シリーズ
産業用PoEスイッチ
産業用電源コントローラ
プロトコル変換器
FutureNet FAシリーズ
FutureNet XIOシリーズ
FL-net製品
FutureNet FL-PCIシリーズ
FutureNet ISシリーズ
全国瞬時警報システム一体型受信機
オプション
ソフトウェア
データ記録用装置
産業用PoEスイッチ
産業用電源コントローラ
電源アダプタ
アンテナ
開発用品
変換コネクタ
アクセサリ
製品保証
連携他社製品
販売終息製品

海外対応について

対応地域・製品
FutureNET VXR-x86の申し込み
FutureNet VXR-X86のトライアル版のダウンロード申し込み
FutureNET VXR-x86の申し込み
FutureNet VXR-X64のトライアル版のダウンロード申し込み
製品のご購入方法
製品のご購入方法
販売代理店、製品取扱店を通じてご購入いただけます。
資料請求の方
資料請求の方
資料請求はこちら
お問い合わせ
お問い合わせ
製品ご購入前のお問い合わせはこちら

ページトップ