1. ホーム
  2. お客様サポート
  3. FutureNet XRシリーズ

お客様サポート

FutureNet XRシリーズ 技術情報 ()

  • 製品情報
  • ダウンロード情報

※()内の数字は技術情報数

  • ネットワーク
  • ルーティングプロトコル
  • VPN
  • セキュリティ
  • 運用管理

※()内の数字は技術情報数

すべて開く
PPPoE/PPPモバイル ()
PPPoE利用時のインタフェース名は何になりますか?[PPPoE]
pppインタフェースとなります。
VLANインターフェース上でPPP(oE)できますか?[PPPoE]
残念ながら対応しておりません。
「UnNumbered-PPP回線使用時に設定できます」の「IPアドレス」欄にはどういう意味があるのですか?[PPPoE]
複数のグローバルIPアドレスをリース可能な環境下で、「UnNumbered-PPP回線使用時に設定できます」-「IPアドレス」欄にグローバルIPアドレスを設定した場合、設定されたグローバルIPアドレスを、XR が WANとの接続に使用するアドレスとして使用します。
空欄とした場合には、PPPoE接続時にIPCPで通知されたグローバルIPアドレスを、そのままXRがWANとの接続に使用するアドレスとして使用します。
「UnNumbered-PPP回線使用時に設定できます」-「IPアドレス」欄を空欄とした際に、IPCPでネットワークアドレスが割り当てられ、これによって公開するサーバ等の動作に悪影響が発生する場合には、こちらでXRが使用するアドレスとしてノードアドレスを指定してください。
Ethernet/VLAN/ブリッジ ()
XRが保持するARPテーブルを確認することはできますか?[全般]
ログイン後に、設定メニューの「情報表示」の「ARPテーブル情報」にて確認できます。
ブリッジしたインターフェース間のトラフィクをフィルタリングする事ができますか?[ブリッジ]
ブリッジフィルタ搭載の機種であれば、この機能を利用してブリッジしたインターフェース間で、L2レベルのフィルタリングを行う事が可能です。
WAN回線がイーサネットの場合でもPPPoE Unnumberedの様にグローバルIPをWANからLANに透過的に(アドレス変換なしで)扱う様に設定できますか?[ブリッジ]
はい、ブリッジ設定をして頂けば、異なる物理ポートに単一のアドレスを割り当てる事もできます。
ブリッジにしたインターフェース配下に、公開サーバを結線すればグローバルアドレスでの運用が可能です。
ネットイベント/VRRP ()
仮想MACアドレスは利用可能でしょうか?
利用可能です。
全般 ()
ATM回線に接続できる機種はありますか?
残念ながら、ATMには対応していません。
また、イーサコンバータとXRシリーズの組み合わせでの評価実績もありません。

※()内の数字は技術情報数

すべて開く
RIP ()
Ethernetインターフェース以外でも、RIPをおこなうことができますか?
Ethernetインターフェース以外ではRIPを使用する事はできません。
その他のインターフェース(PPP・IPsec・GRE・VLAN等)上では、RIPを利用できません。
OSPF ()
OSPFのハローパケットをユニキャストで送信することはできますか?
残念ながら、できません。
OSPFのハローパケットは、マルチキャストで送信されます。
マルチキャストを扱えないネットワークでは、XRでOSPFを利用する事はできません。

※()内の数字は技術情報数

すべて開く
IPsec ()
IKEバージョン2は利用可能ですか?
対応しておりません。
ルートベースのIPsecに対応していますか?
残念ながら、対応していませんので、スタティックルート設定で静的経路を追加することによって、トンネリング対象のトラフィクを規定することはできません。
トンネリング対象のトラフィクは、IPsecポリシー設定で該当のネットワークセグメントを指定してIPsecポリシーを追加してください。
IPsec Keep-Aliveの設定変更時に、IPsecサーバの再起動は必要ですか?
いいえ、必要ありません。
設定・削除の実行ボタン押下時に設定変更が反映されます。
IPsecでブロードキャストパケットを通せますか?
残念ながら IPsecで接続されたLAN間でブロードキャストパケットを通す事はできません。
IPsecで接続したLAN間でpingは通りますか?
はい、通ります。IPsecで接続されたLAN間では ICMPパケット等で拠点間のトンネリング通信が可能です。
pingが通らない場合は、PC側のゲートウェイ設定やファイアウォールなどの端末のセキュリティ設定などを御確認ください。
IPsecで使用するプロトコルとポートは何番ですか?
UDPの500番とESPを使用します。
これらのプロトコルとポートが閉じられていた場合、トンネルを正常に確立する事ができません。
L2TPv3 ()
L2TPv3ではVLANタグフレームを透過させることはできますか?
可能です。
なおXRのL2TPv3機能では、VLANタグを付与する機能も実装されています。
L2TPv3機能でL2TPセッションを暗号化することはできますか?
L2TPセッションは、IPsecで暗号化することができます。
XRのWAN-WAN間でIPsecを張ります。
なお設定方法に関しましては、こちらから設定例がダウンロードできます。
L2TPv3機能は固定IP 動的IPアドレス環境でも利用できますか?
利用可能です。
この場合、ネゴシエーションは動的IPアドレス側から行う形になります。
L2TPv3機能でL2TPv3セッションが切れた場合、自動再接続は行えますか?
可能です。
L2TPv3機能のReschedule Interval機能で設定できます。
L2TPv3で二重化構成はできますか?
可能です。
XRのL2TPv3機能では、グループ機能を用いることによりL2TPv3セッションの二重化に対応しています。
なおグループ機能の設定方法に関しましては、こちらから設定例がダウンロードできます。
L2TPv3でL2TPv3の設定は合っているのに、セッションが確立しません。
入力フィルタの設定でプロトコル L2TPが許可されていない可能性があります。
WAN側インタフェースでステートフルパケットインスペクションを有効にしている場合は、入力フィルタの設定でプロトコル L2TPを「許可」するようにしてください。
L2TPv3機能でL2TPセッション確立後、対向ルータのLAN側にアクセスできないのですが?
L2TPv3のセッション経由で、対向のL2TPv3ルータのLAN側インタフェース(Xconnectインタフェース)へ通信を行った場合、対向のXRは応答を返さないため、通信を行うことはできません。
L2TPv3機能またはルータの起動後、L2TPv3のネゴシエーションを開始しません。
L2TPv3機能では、インタフェースによって自動的にL2TPv3のネゴシエーションを開始するために必要な設定があります。
・Ethernetインタフェースの場合
Xconnect設定にある「Auto Negotiation設定」を「有効」にすることによりL2TPv3起動後に自動的にL2TPv3トンネルの接続が開始されます。
・PPPインタフェースの場合
L2TPv3 Tunnel設定にある「Bind Interface設定」でPPPインタフェースを設定することにより、PPP/PPPoEの接続/切断に伴って、L2TPトンネルとセッションの自動確立/ 解放がおこなわれます。
※PPPインタフェースアップ後にL2TPv3を起動した場合は、L2TPv3のネゴシエーション を開始するために、Xconnect設定にある「Auto Negotiation設定」を「有効」にしておく必要があります。
L2TPv3で動的IP同士で利用することは可能でしょうか?
申し訳ございませんがL2TPv3をご利用頂く場合、動的IPアドレス同士の拠点間接続はできません。
必ず片側の拠点のWAN側IPアドレスは固定IPアドレスである必要があります。

※()内の数字は技術情報数

すべて開く
フィルタ ()
フィルタ設定でFQDNを用いて、エントリを作成することはできますか?
FQDNフィルタ対応の機種・バージョンであれば、FQDNを指定することができます。
FQDN形式を使用する場合は、各種サービス設定の「DNSサーバ」を起動する必要があります。
フィルタ設定にFQDNでのエントリを入力する場合に、ワイルドカードを利用できますか?
利用できません。
対象のFQDNを全て入力する必要があります。
XRの設定画面に接続できる PCを限定するにはどうすればよいのですか?
入力フィルタにおいて、設定画面への接続を許す PCの IPアドレスを「送信元アドレス」として設定し、「プロトコル」に「tcp」、「あて先ポート」として「880」を設定し、「動作」を「許可」としてください。
「送信元アドレス」の指定時にはサブネットマスク値を忘れずに入れてください。
ホスト(1台のみ)指定の場合には「/32」という書式になります。
設定画面への接続を許す PCの IPアドレスを設定し終えた後、「プロトコル」が「tcp」で、「あて先ポート」が「880」となっているパケットを破棄する設定を加えてください。
例)
・環境
Ether0ポートには[192.168.0.254]が割り当てられているものとする。
Ether0ポートが LAN側、Ether1ポートが WAN側インタフェースとして動作しているものとする。
設定画面への接続は[192.168.0.1]、[192.168.0.2]からのみ可能とする。

インタフェース 方向 動作 プロトコル 送信元アドレス 送信元ポート あて先アドレス あて先ポート
Ether0ポート パケット受信時 許可 tcp 192.168.0.1/32 (空欄) (空欄) (空欄)
Ether0ポート パケット受信時 許可 tcp 192.168.0.2/32 (空欄) (空欄) (空欄)
Ether0ポート パケット受信時 破棄 tcp (空欄) (空欄) (空欄) 880
Ether1ポート パケット受信時 破棄 tcp (空欄) (空欄) (空欄) 880
フィルタとステートフルパケットインスペクションの処理順序を教えてください。
XRでは、以下の順序でフィルタリング処理が適用されます。
・入力時
「入力フィルタ」→「ステートフルパケットインスペクション」
・転送時
「転送フィルタ」→「ステートフルパケットインスペクション」
・出力時
「出力フィルタ」のみ
フィルタ設定において、外部へ公開するサーバが使用するポートを開放していない状態でステートフルパケットインスペクションを有効にしている場合、外部からのアクセス要求が届かず、公開することができない状態になりますのでご注意ください。

※()内の数字は技術情報数

すべて開く
CLI/GUI ()
リモートログインしてファームアップすることはできますか?[全般]
はい、可能です。
リモートログイン後に、設定メニューの「システム設定」の「ファームのアップデート」からローカルマシンに保存したファームウェアファイルを指定することで可能です。
なお、ファームウェア書き込み中にXRの電源断が発生した場合、故障の原因となりますので、ローカルでのファームウェア更新をお勧めします。
全般 ()
「情報表示」-「ルーティング情報」の「Flags」に表示される記号の意味を教えてください。
表示される記号には以下の意味があり、組み合わせられて表示される場合には、それぞれの意味を持ちます。
つまり、「UG」は「デフォルトゲートウェイ経由で有効な経路」という意味になります。
「U」:有効な経路である事を示します。
「G」:デフォルトゲートウェイ経由である事を示します。
「H」:通信相手がホストである事を示します。
CFカードにコンフィグを保存し、CFカードに保存した設定で起動しようとしていますが、その設定で起動せず、以前の設定で起動してしまいます。
CFに保存した設定で起動するには、INITボタンを押しながら、電源を投入する必要があります。
INITボタンは押したままにしておき、STATUSランプの点滅が止まるまで押し続けます。
STATUSランプの点滅がおさまったら、INITボタンの押し込みを解除し、数分後にCFに設定したインターフェースのアドレスで設定画面にログインします。
詳しくは、各製品マニュアルをご参照下さい。
※CFカードから起動できるのは、CFカードインターフェース搭載機種のみです
ファームウェアのアップデート中に誤って電源を切ってしまい、その後正常に起動しなくなりました。
ファームウェアのアップデート中に誤って電源を切ってしまった場合、ファームウェアの更新が正常終了しないため、電源再投入後起動しない場合があります。
万が一更新中に電源断が発生し正常に起動しなくなった場合は、製品を弊社にお送り頂けば動作確認を実施させていただきます。
問題が確認された場合は、修理完了後に返送いたします。
恐縮ながら、保証期間を経過している場合は、有償にて修理を承ります。
その際のお見積もりは、弊社での動作確認後に発行致しております。
また、保証期間内の製品であれば、無償にて承ります。
※ACアダプタ付属の製品はACアダプタも同梱してお送りください

【修理品送付先】
センチュリー・システムズ(株)
修理受付担当 宛て
〒180-0022 東京都武蔵野市境1-15-14 宍戸ビル3F
CFカードにコンフィグを保存し、CFカードに保存した設定で起動しようとしていますが、その設定で起動せず、以前の設定で起動してしまいます。
CFに保存した設定で起動するには、INITボタンを押しながら、電源を投入する必要があります。
INITボタンは押したままにしておき、STATUSランプの点滅が止まるまで押し続けます。
STATUSランプの点滅がおさまったら、INITボタンの押し込みを解除し、数分後にCFに設定したインターフェースのアドレスで設定画面にログインします。
詳しくは、各製品マニュアルをご参照下さい。
※CFカードから起動できるのは、CFカードインターフェース搭載機種のみです
「設定のリセット」と「再起動」はどこが異なるのですか?
設定画面の「システム設定」-「再起動」から再起動を実行する、または、XRの電源再投入による再起動では、XR 内のメモリ上へ一時的に保存されているデータは破棄されますが、XR 内に保存されている設定情報はそのまま残ります。
設定画面の「システム設定」-「設定のリセット」からリセットを実行する、または、XRのINITボタンを押しながら電源を抜き、その後、電源を再投入してINITボタンを15秒間ほど押したままにするハードウェアリセットをかけた場合は、工場出荷時の状態に戻されます。
なお、ファームウェアにつきましては、リセットを行っても利用されているバージョンがそのまま残る仕様となっております。

目的別メニュー

製品購入後のお問い合わせ

サポートデスク
電話サポート 0422-37-8926
電話での対応は以下の時間帯で行います。 月曜日 ~ 金曜日 10:00 - 17:00 ただし、国の定める祝祭日、弊社の定める年末年始は除きます。
メールサポート
E-mail: support@centurysys.co.jp
FAXサポート 0422-55-3373
メール、FAX は 毎日24 時間受け付けております。 ただし、システムのメンテナンスやビルの電源点検のため停止する場合があります。 その際は弊社ホームページ等にて事前にご連絡いたします。

修理のお問い合わせ

修理サービス
  • 修理サービス

FutureNetシリーズでは修理サービスを行い安心のサポートを行います。

製品購入前のお問い合わせ

  • 製品購入前のお問い合わせ
  • 安心サービス

技術情報

製品別

ルータ
FutureNet NXRシリーズ
FutureNet NXR-G200シリーズ
FutureNet NXR-G100シリーズ
FutureNet WXRシリーズ
リモート管理サーバ
FutureNet XRシリーズ
産業用PoEスイッチ
セキュリティアプライアンス
Linuxマイクロアプライアンスサーバ
FutureNet MAシリーズ
FutureNet TMシリーズ
産業用PoEスイッチ
産業用ルータ・プロトコル変換器
FutureNet AS-250シリーズ
FutureNet AS-M250シリーズ
FutureNet AS-P250シリーズ
FutureNet FAシリーズ
産業用PoEスイッチ
FutureNet AS-150シリーズ
FutureNet MRシリーズ
FL-net製品
全国瞬時警報システム一体型受信機
オプション
ソフトウェア
産業用PoEスイッチ
サポート終了製品

ルータ機能別

ネットワーク
PPPoE/PPPモバイル
IPv4/IPv6
Ethernet/VLAN
NAT/UPnP
ネットイベント/VRRP
FastForwarding
QoS
DNS/DDNS/DNSインターセプト
無線LAN
WiMAX
LXC
Ethernet/VLAN/ブリッジ
全般
ルーティングプロトコル
RIP
OSPF
ポリシーベースルーティング
VPN
IPsec
L2TPv3
GRE/IPinIP
セキュリティ
フィルタ
Web認証
P2P検出
運用管理
CLI/GUI
DHCP
SNMP
シスログ
NTP
スケジュール
WarpLink
省電力
Wake ON LAN
全般
FutureNet製品活用ガイド
FutureNet製品活用ガイド
製品の設定例を集めています
マイクロサーバ開発者用サイト
マイクロサーバ開発者用サイト
さわってみようMAシリーズ
さわってみようSAシリーズ

ページトップ