1. ホーム
  2. お客様サポート
  3. FutureNet CB-210

お客様サポート

FutureNet CB-210 技術情報 ()

  • 製品情報
  • ダウンロード情報

※()内の数字は技術情報数

  • 全般
すべて開く
イーサネットポートはいくつありますか?
イーサネットポートはありません。設定の変更やファームウェアの更新は、シリアル通信コネクタ(CONSOLE)を使用して行います。
電源入力について教えてください。
AC電源アダプタ入力コネクタ(DC+12V)と電源コネクタ(DCIN)のどちらかに外部電源を入力します。2つの電源コネクタに同時に接続しないでください。
電源出力について教えてください。
DC12Vの電源を出力するコネクタを1つ搭載しています。
シリアル通信コネクタ(CONSOLE)に接続するケーブルを教えてください。
シリアル通信コネクタ(CONSOLE)の接続には、RS-232のクロスケーブルをご利用下さい。
シリアル通信コネクタ(CONSOLE)の仕様を教えてください。
シリアル通信コネクタ(CONSOLE)のインタフェースはRS-232に準拠しています。 RS-232インタフェースの仕様は以下のとおりです。
コネクタ形状 : D-SUB9ピンオス型DTE
通信方法 : 全二重通信・調歩同期式
通信速度 : 115200(bps)
データ形式 : データ長 : 8ビット, パリティビット : なし, スタートビット : 1bit, ストップビット : 1bit
フロー制御 : なし
電源コネクタ(DCIN)の隣のOPTIONコネクタの用途を教えてください。
OPTIONコネクタは現在のところ未使用となります。
設定の取得方法を教えてください。
本装置の設定はシリアル通信コネクタ(CONSOLE)に接続したパソコンに保存できます。詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.centurysys.co.jp/futurenet-tech-wiki/setting/fncb210-operation/
設定の変更方法を教えてください。
パソコン上にあるファイルに記述された設定を本装置の設定に反映することができます。また、弊社が提供する設定ツールを使用して、設定内容を変更できます。詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.centurysys.co.jp/futurenet-tech-wiki/setting/fncb210-operation/
ファームウェアのバージョンを確認する方法を教えてください。
弊社が提供する設定ツールやファームウェア更新ツールを使用して、ファームウェアのバージョンを確認できます。詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.centurysys.co.jp/futurenet-tech-wiki/setting/fncb210-operation/
ファームウェアを更新する方法を教えてください。
弊社が提供するファームウェア更新ツールを使用して、ファームウェアのバージョンを更新できます。詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.centurysys.co.jp/futurenet-tech-wiki/setting/fncb210-operation/
ファームウェアのバージョンアップを行うと、設定は消えてしまうのでしょうか?
ファームウェアのバージョンアップを行っても、本装置に設定した内容は失われません。
本装置を再起動する方法を教えてください。
コンフィグスイッチ(CONFIG)のスイッチ番号1をOFF -> ON -> OFFとすることで、本装置を再起動できます。
また、弊社が提供する設定ツールを使用して、制御コマンド"CREBOOT"もしくは、"CRESTART"コマンドを実行することで、本装置を再起動できます。
本装置を初期化する方法を教えてください。
設定初期化ボタン(INIT)を押下しながら本装置を起動することで、本装置の設定を工場出荷時の状態に戻します。その後、本装置を再起動することで、本装置を工場出荷時の状態で起動できます。
また、弊社が提供する設定ツールを使用して、制御コマンド"CCFGINIT"コマンド実行後に"CRESTART"コマンドを実行することで、本装置を工場出荷時の状態で起動できます。
電源供給を受ける外部装置に接点出力がありません。どのように設定すればよいか教えてください。
CB-210のデジタル接点入力2(DI2)と外部装置の接点出力を接続することで、CB-210に対して外部装置の稼働状態を与えることができます(工場出荷値では、DI2がONの場合に外部装置が稼働している状態とみなします)。
外部装置が稼働している状態の場合は、CB-210の瞬停対策として、CB-210の外部電源入力が3秒以上途切れた際にも120秒間(工場出荷値)は外部装置電源12V出力を停止しません(外部装置が稼働していない状態の場合は、CB-210の外部電源入力が3秒以上途切れた際には即座に外部装置電源12V出力を停止します)。
外部装置に接点出力がない場合は、DI2がOFFの場合に外部装置が稼働している状態とみなす設定に変更することで、CB-210の外部電源入力が3秒以上途切れた場合に120秒間は外部装置電源12V出力を停止させないことができます。設定変更については下記URLをご参照ください。
https://www.centurysys.co.jp/futurenet-tech-wiki/setting/setting-16444/
CB-210の電源入力の電圧レベル低下が続いた場合にMAシリーズをシャットダウンさせたいのですが、MAシリーズはどのように設定すればよいか教えてください。
CB-210の電源入力の電圧レベル低下がDC入力遮断検知時間続いた場合に、シリアル通信コネクタ(CONSOLE)からMAシリーズに通知します。MAシリーズは通知を受け、シャットダウン処理に移行することができます。設定については下記URLをご参照ください。
https://www.centurysys.co.jp/futurenet-tech-wiki/setting/setting-18904/
本体のサイズと重量を教えて下さい。
150.0㎜(W)×101.5㎜(D)×35.0㎜(H)(突起物を除く)、本体約 540g です。
動作環境条件を教えて下さい。
動作温度:-20℃~60℃
動作湿度:10%~90%(結露なきこと)

目的別メニュー

製品購入後のお問い合わせ

サポートデスク
電話サポート 0422-37-8926
電話での対応は以下の時間帯で行います。 月曜日 ~ 金曜日 10:00 - 17:00 ただし、国の定める祝祭日、弊社の定める年末年始は除きます。
メールサポート
E-mail: support@centurysys.co.jp
FAXサポート 0422-55-3373
メール、FAX は 毎日24 時間受け付けております。 ただし、システムのメンテナンスやビルの電源点検のため停止する場合があります。 その際は弊社ホームページ等にて事前にご連絡いたします。

修理のお問い合わせ

修理サービス
  • 修理サービス

FutureNetシリーズでは修理サービスを行い安心のサポートを行います。

製品購入前のお問い合わせ

  • 製品購入前のお問い合わせ
  • 安心サービス

技術情報

製品別

ルータ
FutureNet NXRシリーズ
FutureNet NXR-G200シリーズ
FutureNet NXR-G100シリーズ
FutureNet NXR-G110シリーズ
FutureNet WXRシリーズ
リモート管理サーバ
FutureNet XRシリーズ
産業用PoEスイッチ
セキュリティアプライアンス
Linuxマイクロアプライアンスサーバ
FutureNet MAシリーズ
FutureNet TMシリーズ
産業用PoEスイッチ
産業用ルータ・プロトコル変換器
FutureNet AS-250シリーズ
FutureNet AS-M250シリーズ
FutureNet AS-P250シリーズ
FutureNet FAシリーズ
FutureNet XIOシリーズ
産業用PoEスイッチ
産業用電源コントローラ
FutureNet AS-150シリーズ
FutureNet MRシリーズ
FL-net製品
全国瞬時警報システム一体型受信機
オプション
ソフトウェア
産業用PoEスイッチ
サポート終了製品

ルータ機能別

ネットワーク
PPPoE/モバイル
IPv4/IPv6
Ethernet/VLAN
NAT/UPnP
ネットイベント/VRRP
FastForwarding
QoS
DNS/DDNS/DNSインターセプト
無線LAN
LXC
WiMAX
Ethernet/VLAN/ブリッジ
全般
ルーティングプロトコル
RIP
OSPF
ポリシーベースルーティング
VPN
IPsec
L2TPv3
GRE/IPinIP
セキュリティ
フィルタ
Web認証
P2P検出
運用管理
CLI/GUI
DHCP
SNMP
シスログ
NTP
スケジュール
WarpLink
Wake ON LAN
REST-API
省電力
全般
FutureNet製品活用ガイド
設定例
製品の設定例を集めています
マイクロサーバ開発者用サイト
マイクロサーバ開発者用サイト
さわってみようMAシリーズ
さわってみようSAシリーズ

ページトップ