FutureNet

ASシリーズ

メール

5. SSLを使用するSMTPサーバを利用したメール送信

5.1 SSLを使用するSMTPサーバを利用したメール送信

通信プロトコルにSSLを使用するSMTPサーバを利用したメール送信も行えます(下記対象ファームウェア参照)。

ここでは、PPP接続したときに取得したWAN側IPアドレスを指定した宛先にメール通知します。

※ 通信プロトコルにSSLを使用しないSMTPサーバを利用する場合の設定例は、こちらをご参照ください。

 

【対象ファームウェア】AS-250シリーズ (ファームウェア1.11.0以降)、AS-M250およびAS-P250シリーズ (ファームウェア2.2.0以降)

 

【 構成図 】

 

WS000075

【 設定例 】

rsport 0 lcpkeepalive on

domain 0 example testid testpass 0.0.0.0/0 0.0.0.0

nat 47 * * * ipcp 0

dnsrelay activate on

alwaysonconnect activate on

alwaysonconnect domainname example

mail server 0 smtp sample.com 465

mail server 0 auth smtp userid userpass

mail server 0 fromaddress kyoten@sample.com

mail server 0 ssl enable

mail peer 0 center@sample.com

mail peer 0 notify pppconnected on

【 設定例解説 】

外部SMTPサーバの登録
mail server 0 smtp sample.com 465

SMTPサーバ登録番号0に、メールを送信するSMTPサーバアドレスを設定します。

mail server 0 auth smtp userid userpass

SMTPサーバの認証方式を設定します。

mail server 0 fromaddress kyoten@sample.com

送信元メールアドレス(kyoten@sample.com)を設定します。

mail server 0 ssl enable

通信プロトコルにSSLを使用するSMTPサーバを利用するので、SSL利用をenableに設定します。

 

宛先メールの登録
mail peer 0 center@sample.com

宛先メールアドレス(center@sample.com)を設定します。

mail peer 0 notify pppconnected on

PPP接続に成功した際、上記で指定した宛先メールアドレスに対してメールを送信します。

←前のページ

次のページ→