FutureNet

ASシリーズ

メール

2.メールによるIPアドレス通知

2.1 PPP接続でメール

PPP接続したとき、取得したWAN側IPアドレスをメール通知させます。

PPP接続に成功すると、指定された宛先に指定された件名を付けてメールを送信します。メール本文でIPアドレス等を通知します。メール件名の初期値は”as250 PPP connected”です。

 

 

【対象機種】AS-250/F-SC、AS-250/F-KO、AS-250/S、AS-250/KL、AS-250/X、AS-250/NL

【 構成図 】

 

WS000075

【 設定例 】

rsport 0 lcpkeepalive on

rsport 0 inactivitytimer 60

domain 0 example testid testpass 0.0.0.0/0 0.0.0.0

nat 47 * * * ipcp 0

dnsrelay activate on

mail server 0 smtp sample.com 25

mail server 0 auth smtp userid userpass

mail server 0 fromaddress kyoten@sample.com

mail peer 0 center@sample.com

mail peer 0 notify pppconnected on server 0

【 設定例解説 】

dnsrelay activate on

DNSリレーを有効にします。

rsport 0  inactivitytimer 60

上り方向の無通信60秒で切断します。

 

メールの設定
mail server 0 smtp sample.com 25

サーバ登録番号0に、メールを送信するSMTPサーバアドレスを登録します。

mail server 0 auth smtp userid userpass

SMTPサーバの認証方式を設定します。

mail server 0 fromaddress kyoten@sample.com

送信元メールアドレスを設定します。

mail peer 0 center@sample.com

宛先メールアドレスを登録します。

mail peer 0 notify pppconnected on server 0

登録したメール宛先に対して、メール送信のイベントをPPP接続とし、かつメール送信は登録番号0のサーバを利用するよう紐付けします。