FutureNet

ASシリーズ

メール

1.スケジュール機能による定期的なメール送信

1.1 定期的なログ送信

スケジュール設定により、毎日17時に”show log”コマンドを実行し、その結果出力されるログ情報をメール送信させます。

また「モバイル通信量の閾値超え」、及び「モバイル通信量」をメールにより通知させます。

 

【対象機種】AS-250シリーズ、AS-M250シリーズ、AS-P250シリーズ

【 構成図 】

 

WS000003

【 設定例 】

rsport 0 lcpkeepalive on

rsport 0 inactivitytimer 60

rsport 0 forcedtimeout 180
domain 0 example testid testpass 0.0.0.0/0 0.0.0.0
nat 47 * * * ipcp 0
dnsrelay activate on
wancounter resetdate 1
wancounter thresh 1000000
mail server 0 smtp smtp.sample.com 25
mail server 0 fromaddress from@sample.com
mail peer 0 to@sample.com
mail peer 0 notify wanthresh on server 0
mail peer 0 notify wanreport on server 0
mail peer 0 notify showlog on
schedule 1 17:0 * * mail show log

【 設定例解説 】

domain 0 example testid testpass 0.0.0.0/0 10.10.100.1

APN(AS-250/Xの場合はドメイン名)、ユーザID、パスワード、宛先ネットワークアドレス、WAN側IPアドレス(AS-250/Xの場合はメトリック)を設定します。

宛先ネットワークアドレスは、インターネット接続の場合0.0.0.0/0と指定します。 これで全ての異なるネットワーク向けパケットがWAN側への送信対象となります。

WAN側IPアドレスは、予め指定されたIP アドレスをIPCP で通知する場合に指定します。通知しない場合は0.0.0.0とします。

AS-250/Xの場合は、”domain 0 au-net.ne.jp au au 0.0.0.0/0 1″のように入力します。

nat 47 * * * ipcp 0

IPマスカレードの設定を行います。

dnsrelay activate on

DNSリレーを有効にします。

schedule 1 17:0 * * mail show log

17時にログ情報をメール送信させます。

※ スケジュールで8時、9時や8分、9分を設定する場合には、8や9の前に”0″を付けないでください。

rsport 0  inactivitytimer 60

上り方向の無通信60秒で切断します。

rsport 0 forcedtimeout 180

PPP接続から180秒で切断します。(AS-250/Xでは設定できません)

wancounter resetdate 1
wancounter thresh 1000000

モバイル通信量カウンタを初期化する日を毎月1日とし、モバイル通信量の閾値を1000000kbytesとします。

メールの設定
mail peer 0 notify showlog on

ログ情報の表示ををメール送信のイベントとします。

 mail peer 0 notify wanthresh on server 0

モバイル通信量の閾値超えをメール送信のイベントとして登録します。

mail peer 0 notify wanreport on server 0

モバイル通信量の月次報告をメール送信のイベントとして登録します。

mail server 0 smtp smtp.sample.com

メール送信するメールサーバを設定します。

mail server 0 fromaddress from@sample.com

メールの差出人のアドレスを設定します。

mail peer 0 to@sample.com

宛先メールアドレスを設定します。

 

←前のページ

次のページ→