FutureNet

ASシリーズ

SMS

2.接点が一定時間ONになったらSMSで警報を送信する

2.1 イベントコマンドを使う

AS-250の接点入力が一定時間ON状態を保ったとき、イベントコマンドを使ってSMS送信を行う例です。

AS-250のシリアルポートと接点入力に計測装置を接続し、計測装置からの接点入力が30秒間ON状態を継続したとき、指定されたメッセージをSMSで送信します。センター側はSMSメッセージを受けてAS-250のRS-232を介して計測装置からデータを吸い上げます。

 

 

【対象機種】AS-250/F-SC、AS-250/F-KO、AS-250/S、AS-250/NL

【 構成図 】

WS000048

【 設定例 】

rsport 0 lcpkeepalive on

rsport 1 baudrate 19200

domain 0 example testid testpass 0.0.0.0/0 0.0.0.0

evcmd 0 di0on delay 0 30 sms send 09012349876 DI0 ON

evcmd 1 di0off delay 0 cancel

alwaysonconnect activate on

alwaysonconnect domainname example

【 設定例解説 】

rsport 1 baudrate 19200

シリアル変換に関する設定は工場出荷値で使いますが、ボーレートだけを19200bpsに変更しています。

evcmd 0 di0on delay 0 30 sms send 09012349876 DI0 ON

イベント0の定義:接点入力DI0がONになったら30秒後にSMSを送信します。

evcmd 1 di0off delay 0 cancel

イベント1の定義:接点入力DI0がOFFになったら上記イベント0を取り消します。

このイベント1により、DI0が30秒より前にOFFになるとSMS送信が中止されます。結果としてDI0のON状態が30秒間継続したときSMS送信が行われることになります。

SMS送信された後はイベント1は意味を持ちません。

 

(☞) 上記の設定例では、インターネット上の不特定多数の機器がAS-250にアクセスできます。セキュリティ強化のため、AS-250はフィルタとNATの設定例を参考にアクセスできる機器を制限してください。

 

←前のページ

  • 1
  • 2

次のページ→