FutureNet

ASシリーズ

SMS

1.SMSコマンド機能を利用してASに指示を行う

1.1 SMSでモバイル接続を指示する

AS-250のLAN側にIPカメラを設置し、センターからIPカメラの画像を閲覧したいときは、携帯電話からAS-250の電話番号にSMSを送信してインターネットに接続するよう要求します。PPP接続するとAS-250はグローバルIPアドレス(動的割り当て)をSMSで返信するので、センターからはそのIPアドレスを指定してIPカメラにアクセスします。画像閲覧後しばらく無通信の状態が続くと自動的にPPP切断させます。

※ SMSによりモバイル接続を切断することも可能です。

 

【対象機種】AS-250シリーズ(AS-250/F-SC、AS-250/F-KO、AS-250/S、AS-250/NL)、AS-M250/NL、AS-P250/NL

【 構成図 】

 

WS000015

【 設定例 】

rsport 0 lcpkeepalive on

rsport 0 inactivitytimer 300
rsport 0 forcedtimeout 600
domain 0 mopera.net dummy dummy 0.0.0.0/0 0.0.0.0
nat 0 192.168.254.9 tcp www ipcp 0
nat 47 * * * ipcp 0
dnsrelay activate on
sms command on
sms peer 0 09012349876 on

【 設定例解説 】

 domain 0 mopera.net dummy dummy 0.0.0.0/0 0.0.0.0

APN、ユーザID、パスワード、宛先ネットワークアドレス、WAN側IPアドレスを設定します。

宛先ネットワークアドレスは、インターネット接続の場合0.0.0.0/0と指定します。 これで全ての異なるネットワーク向けパケットがWAN側への送信対象となります。

WAN側IPアドレスは、予め指定されたIP アドレスをIPCP で通知する場合に指定します。通知しない場合は0.0.0.0とします。

nat 0 192.168.254.9 tcp 80 ipcp 0
nat 47 * * * ipcp 0

センターからWAN側80番ポートへのアクセスは、IPカメラ(192.168.254.9)80番ポートにつなぎます。その他はすべてWAN側にアクセスさせます。

dnsrelay activate on

DNSリレーを有効にします。

rsport 0 inactivitytimer 300
rsport 0 forcedtimeout 600

PPP無通信切断タイマを300秒に設定します。無通信にならない場合も最長10分でPPPを強制切断します。

sms command on
sms peer 0 09012349876 on

SMS送受信を許可する端末の電話番号を登録し、結果の通知を有効にします。

09012349876 からSMS着信があるとSMS本文の接続コマンド等を実行し、PPP接続して割り当てられたIPアドレスをSMSで返信します。

 

 

←前のページ

  • 1
  • 2

次のページ→