1. ホーム
  2. 製品情報
  3. プレスリリース

製品情報

海外認証を取得したIoTゲートウェイを発売開始!
FutureNet MA-E350/GLAD発表のご案内

センチュリー・システムズ株式会社(本社:東京都武蔵野市、代表取締役:田中邁、以下:センチュリー・システムズ)は、海外認証を取得したIoTゲートウェイ製品FutureNet MA-E350/GLADを発表します。

FutureNet MA-E350/GLAD

IoTゲートウェイとして多種多様な分野で利用されている当社のLinuxマイクロサーバである「FutureNet MAE300 シリーズ」に日本国内だけでなく海外認証を取得したモデルをラインナップとして追加します。

従来の「FutureNet MA-E300 シリーズ」は、海外での利用向けにCEマーク、uCSAマークを取得し販売していましたが、IoTで利用されることの多いLTE/3G等の携帯通信モジュールが搭載されたモデルでの認証は未取得でした。

法人企業が海外でのLTE/3G回線を利用したIoTサービスを検討する機会が増えてきたことに対応するべく本製品のリリースを行います。

FutureNet MA-E350/GLADは、Ethernet、USB、RS-232だけでなく、設備監視等の用途で利用されることの多いRS-485、接点/パルス入力、アナログ入力(4-20mA、0-5V)のインタフェースに加え、LTE/3G通信モジュールを搭載したLinuxゲートウェイです。

「Arcstar Universal One モバイル グローバル M2M」※1 対応

従来の FutureNet MA-E350 シリーズは 、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社が提供するMVNOサービスである「OCN モバイル ONE」※1、「Arcstar Universal One モバイル」※1 に対応し、IoT/M2M向けのシステム提供を行ってきました。

今回リリースするFutureNet MA-E350/GLADはさらに同社が提供する「Arcstar Universal One モバイル グローバル M2M」※1、「100円 SIM」※1サービスをサポートし、日本国内外を問わずIoT/M2Mのサービス提供を行うことが可能になりました。

また、今後MVNO各社が提供する国内外の通信サービスの検証も順次進めていきます。

 

  • ※1 OCNモバイルONE」、「Arcstar Universal One モバイル」、「Arcstar Universal One モバイルグローバル M2M」、「100円 SIM」はエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社の登録商標です。

「グローバル向け SORACOM Air SIM」※2 対応

従来のFutureNet MA-E350シリーズは、株式会社ソラコムが提供するIoTプラットフォーム「SORACOM」※2 に対応し、データ通信サービスである「国内向け SORACOM Air SIM」※2 や、迅速かつセキュアにIoTシステムをつなぐ各種サービスにより、IoT/M2Mシステムのサービス提供を行ってきました。

今回リリースするFutureNet MA-E350/GLADはさらに同社が提供する「グローバル向け SORACOM Air SIM」※2 にも対応し、ソラコムとの契約のみで日本を含む欧米アジアの国と地域でシームレスにIoT/M2Mのサービス提供を行うことが可能になりました。

 

  • ※2 「SORACOM」、「SORACOM Air」は、株式会社ソラコムの登録商標または商標です。

FutureNet MA-E350/GLADの認証予定

下記の国々に順次対応予定です。

対応予定国 認証取得予定日程
日本国内
北米(アメリカ、カナダ)
欧州EU加盟国
(オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、キプロス、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、イギリス)

※特別領域の一部地域を除く
タイ 2019年2月
フィリピン 2019年2月
インドネシア 別途調整中

※未認証の国に対する利用については個別にお問い合わせください。

IoTゲートウェイカスタムラインナップ

今後、FutureNet MA-E350/GLAD及びFutureNet MA-E320 に加え、グローバル対応IoTゲートウェイとしてインタフェース、通信モジュール有無の組み合わせ毎に下記のバリエーションをカスタム対応することが可能です。(受注生産)

製品名 アナログI/O
インタフェース
デジタルI/O
インタフェース
LTE/3G
通信モジュール
FutureNet MA-E350/GLAD
FutureNet MA-E350/GLD
FutureNet MA-E350/GLA
FutureNet MA-E350/GL
FutureNet MA-E350/GAD

※これら製品のリリース及び仕様は予告なく変更されることがあります。
※「アナログI/Oインタフェース」「デジタルI/Oインタフェース」「LTE/3G通信モジュール」以外の仕様はFutureNet MA-E350/GLADと同様です。
※タイ及びフィリピン、インドネシアの認証取得についてはFutureNet MA-E350/GLADのみとなります。

 

また、携帯通信モジュール非搭載の既存海外対応モデルとして、FutureNet MA-E320を販売しています。

製品名 アナログI/O
インタフェース
デジタルI/O
インタフェース
RS-232 RS-485/422 LTE/3G
通信モジュール
FutureNet MA-E320 ※3
  • ※3 RS-232をRS-485/422に実装変更可能です。

FutureNet MA-E300シリーズの概要

FutureNet MA-E300シリーズは-20℃~60℃の動作温度範囲に対応し、省電力性にも優れた小型のLinuxアプライアンスサーバです。オフィス内だけでなく屋外設置の組み込みシステムや観測システム、M2Mシステムのコンセントレータ、中継装置としても安定した運用が可能です。

CPUにARMコアの高性能プロセッサSitara AM3352(テキサスインスツルメンツ社製、CPUクロック1GHz)を採用、メモリは標準で512MB搭載し、最大で1GBまで拡張できます。2つのギガビットイーサネットインタフェースに加え、RS-232、USB、SDカードスロットを備えています。Linuxの強力なソフトウェアと組み合わせることで、ルータ機能をベースとした特定サービス専用ルータ、アプリケーション・ゲートウェイ、ネットワーク監視ボックス、遠隔監視システムの拠点側サーバなどとして利用できます。

OSとしてUbuntuディストリビューションのサブセット(Kernel 3.1.4以降)をプリインストールしており、オープンソースで提供されている多数のLinuxアプリケーションが利用可能です。また、「Java SE Embedded 8」(ARM アーキテクチャ版)を標準で搭載し、Linux のアプリケーションに加え、JAVAで作成したアプリケーションも容易に実行できます。

FutureNet MA-E300シリーズの既存国内販売ラインナップ

FutureNet MA-E300シリーズは下記のモデルを国内販売しています。

製品名 アナログ
I/O
デジタル
I/O
RS-232 RS-
485/422
ローカル
無線
SSD LTE/3G
通信モジュール
MA-E320 ※4
MA-E325 ※5
MA-E320M ※4
MA-E320/D-16 ※6
MA-E350/NL,KL.L ※4
MA-E355/NL,KL.L ※5
MA-E350/NLW,KLW ※4 IEEE802.11
b/g/n
MA-E350/NLAD,LAD,KLAD
MA-E360/L ※4 サブギガ/
Wi-SUN
  • ※4 RS-232をRS-485/422に実装変更可能です。
  • ※5 RS-485/422をRS-232に実装変更可能です。
  • ※6 1TBのSSD(SATA)を搭載可能です。

価格、販売等

■FutureNet MA-E350/GLAD
◇価格:オープンプライス
◇販売開始:2018年 秋 (予定)

■FutureNet MA-E350/GLAD 添付品等
◇標準添付:
 ▪ 製品保証書
 ▪ ACアダプタセット
◇オプション(別売)
 ▪ 取付マグネット
 ▪ ブラケット(BKT-1)
 ▪ ブラケット(BKT-1)
 ▪ 縦置き台(VTK-1)
 ▪ DINレール(DBK-1)
 ▪ 温度拡張版ACアダプタ(-20℃~60℃)
 ▪ DIOケーブル
 ▪ AIケーブル
 ▪ RS485(Dsub-3Pin変換)コネクタ
 ▪ MAシリアル変換アダプタ
 ▪ SDメモリカード(2GB、4GB、8GB、16GB)
 ▪ Memory Media USB-8GB
 ▪ 外付けアンテナ

※モバイル通信をおこなう際には外付けアンテナ(別売)と回線契約が別途必要です。
 外付けアンテナは用途(室内利用、屋外利用等)に応じて各種の製品が選択できます。
 製品、外付けアンテナのご購入、およびモバイル回線のご契約については弊社もしくは弊社代理店様にお問い合わせください。

センチュリー・システムズ株式会社について

センチュリー・システムズは、エンタープライズから組み込み、IoT/M2Mシステム開発等ネットワーク分野を中心に、ハードとソフトの開発をおこなう開発会社です。FutureNet®ブランドでの自社製品の提供を中心として、製品のカスタマイズや新規開発を含む受託開発、OEM提供、ASP・クラウドサービス (WarpLink®)の提供をおこなっています。受託開発ではM2M、センサーネットワーク、遠隔監視制御、高信頼ネットワーク、専用ゲートウェイなどの装置/システム開発や通信プロトコルのライセンス提供などで幅広い実績を持っています。

  • ・会社名 : センチュリー・システムズ株式会社
  • ・所在地 : 東京都武蔵野市境1-15-14 宍戸ビル
  • ・代表者 : 代表取締役 田中 邁
  • ・事業内容: ネットワーク製品ブランド FutureNetシリーズの開発・販売、製品のカスタマイズ、OEM提供、IoT/M2Mシステム開発、受託開発、コンサルティング、ASP・クラウドサービス

● お問い合せ先
本件に関するご質問、お問い合わせは弊社営業部までお願いします。
なお、ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

  • 電話 0422-37-8112 FAX 0422-55-3373
  • 電子メール press-release@centurysys.co.jp
  • ホームページ https://www.centurysys.co.jp/

以上、新製品の紹介とさせて頂きます。何卒よろしくお取り計らいの程、お願い申し上げます。

 

製品情報

ルータ
FutureNet NXRシリーズ
FutureNet NXR-G200シリーズ
FutureNet NXR-G100シリーズ
FutureNet WXRシリーズ
FutureNet VXR-x86(仮想ソフトウェアルータ)
リモート管理サーバ
産業用PoEスイッチ
産業用電源コントローラ
セキュリティアプライアンス
FutureNet RAシリーズ
FutureNet SS2シリーズ
Linuxマイクロアプライアンスサーバ
FutureNet MA-E400シリーズ
FutureNet MA-E300シリーズ
産業用PoEスイッチ
産業用電源コントローラ
産業用ルータ
FutureNet XGシリーズ
FutureNet AS-250シリーズ
FutureNet AS-M250シリーズ
FutureNet AS-P250シリーズ
FutureNet AS-110シリーズ
FutureNet NXR-G100シリーズ
産業用PoEスイッチ
産業用電源コントローラ
プロトコル変換器
FutureNet FAシリーズ
FutureNet XIOシリーズ
FL-net製品
FutureNet FL-PCIシリーズ
FutureNet ISシリーズ
全国瞬時警報システム一体型受信機
オプション
ソフトウェア
データ記録用装置
産業用PoEスイッチ
産業用電源コントローラ
電源アダプタ
アンテナ
開発用品
変換コネクタ
アクセサリ
製品保証
連携他社製品
販売終息製品

海外対応について

対応地域・製品
FutureNET VXR-x86の申し込み
FutureNet VXR-X86のトライアル版のダウンロード申し込み
製品のご購入方法
製品のご購入方法
販売代理店、製品取扱店を通じてご購入いただけます。
資料請求の方
資料請求の方
資料請求はこちら
お問い合わせ
お問い合わせ
製品ご購入前のお問い合わせはこちら

ページトップ