1. ホーム
  2. 製品情報
  3. プレスリリース

製品情報

IoTゲートウェイFutureNet MA-E300シリーズで
  AWS IoT 対応ファームウェアを提供

センチュリー・システムズ株式会社(本社:東京都武蔵野市、代表取締役:田中邁、以下:センチュリー・システムズ)は、IoT システムのゲートウェイ装置として利用されているFutureNet MA-E300 シリーズ製品で、アマゾンウェブ サービス(以下、AWS)のAWS IoT*1を活用できる機能を搭載したファームウェア「MA-E3xx for IoT」を10 月21 日より提供開始しました。

弊社のLinux プラットフォーム製品 FutureNet MA-E300 シリーズは、センサやデバイスとの接続用に様々なインタフェースに対応しており、IoT ゲートウェイ装置として利用されています。耐環境性にも優れている ことから、とくに屋外での監視、観測、制御用のIoT ゲートウェイ装置として多くの導入実績があります。今回同シリーズのファームウェアをIoT ゲートウェイ装置用に組み直したファームウェア「MA-E3xx for IoT」を強化し、AWS がIoT 用途向けに提供している AWS IoT との連携機能を標準で搭載します。

AWS IoT はクラウドでのセンサデータの収集、監視に加え、クラウド側からデバイスを制御するしくみを備えています。「MA-E3xx for IoT」ではオープンソースのデータ収集管理ツールfluentd にAWS IoT との連携用プラグインを独自に追加しました。これにより、FutureNet MA-E300 シリーズを利用してAWS IoT の特性をフルに活用する強力なIoT アプリケーションを簡単に構築できます。

「MA-E3xx for IoT」ファームウェアは弊社マイクロサーバ開発者用サイトから無償でダウンロードできます。
※ マイクロサーバ開発者用サイトURL: http://ma-tech.centurysys.jp/

 

IoTゲートウェイ装置としてのFutureNet MA-E300シリーズ

MA-E350/NL

 

  • ※1 AWS IoT は、接続されたデバイスが簡単かつ安全にクラウドアプリケーションやその他のデバイスとやり取りできるマネージド型クラウドプラットフォームです。AWS IoT では数十億のデバイスと数兆のメッセージをサポートし、それらのメッセージをAWS エンドポイントおよび他のデバイスに確実かつ安全に処理しルーティングします。AWS IoT によってアプリケーションはそれらが接続されていない場合でも、全てのデバイスを常に追跡し通信することができます。
    AWS IoT を使用すると、AWS Lambda、Amazon Kinesis、Amazon S3、Amazon Machine Learning、Amazon DynamoDB、Amazon CloudWatch、AWS CloudTrail、および Amazon Elasticsearch Service (組み込みの Kibana と統合されている) といった AWS の各種サービスを簡単に使用できます。インフラストラクチャを管理せずに、接続されたデバイスが生成したデータを収集、処理、分析、実行する IoT アプリケーションを構築できます。

 

アマゾン ウェブ サービス、AWS、AWS Lambda、Amazon Kinesis、Amazon S3、Amazon Machine Learning、Amazon DynamoDB、Amazon CloudWatch、AWS CloudTrail、Amazon RDS、Amazon Elasticsearch Service は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
FutureNet®はセンチュリー・システムズ株式会社の登録商標です。

 

センチュリー・システムズ株式会社について

センチュリー・システムズは、エンタープライズから組み込み、IoT/M2Mシステム開発等ネットワーク分野を中心に、ハードとソフトの開発をおこなう開発会社です。FutureNet®ブランドでの自社製品の提供を中心として、製品のカスタマイズや新規開発を含む受託開発、OEM提供、ASP・クラウドサービス (WarpLink®)の提供をおこなっています。受託開発ではM2M、センサネットワーク、遠隔監視制御、高信頼ネットワーク、専用ゲートウェイなどの装置/システム開発や通信プロトコルのライセンス提供などで幅広い実績を持っています。

  • ・会社名 : センチュリー・システムズ株式会社
  • ・所在地 : 東京都武蔵野市境1-15-14
  • ・代表者 : 代表取締役 田中 邁
  • ・事業内容: ネットワーク製品ブランドFutureNetシリーズの開発・販売、製品のカスタマイズ、OEM提供、IoT/M2Mシステム開発、受託開発、コンサルティング、ASP・クラウドサービス

● お問い合せ先
本ニュースリリース関するご質問、お問い合わせは弊社営業推進部 城谷(しろたに)までお願いします。
なお、ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

  • 電話 0422-37-8911 FAX 0422-55-3373
  • 電子メール press-release@centurysys.co.jp
  • ホームページ https://www.centurysys.co.jp/

以上、弊社取り組みの紹介をさせて頂きます。何卒よろしくお取り計らいの程、お願い申し上げます。

 

製品情報

ルータ
FutureNet NXRシリーズ
FutureNet NXR-G200シリーズ
FutureNet NXR-G100シリーズ
FutureNet WXRシリーズ
FutureNet VXR-x86(仮想ソフトウェアルータ)
リモート管理サーバ
産業用PoEスイッチ
産業用電源コントローラ
セキュリティアプライアンス
FutureNet RAシリーズ
FutureNet SS2シリーズ
Linuxマイクロアプライアンスサーバ
FutureNet MA-E300シリーズ
特定小電力無線(920MHz):サブギガ
FutureNet MA-E200シリーズ
産業用PoEスイッチ
産業用電源コントローラ
産業用ルータ
FutureNet AS-250シリーズ
FutureNet AS-M250シリーズ
FutureNet AS-P250シリーズ
FutureNet AS-110シリーズ
FutureNet NXR-G100シリーズ
産業用PoEスイッチ
産業用電源コントローラ
プロトコル変換器
FutureNet FAシリーズ
FutureNet XIOシリーズ
ワイヤレスネットワークソリューション
FL-net製品
FutureNet FL-PCIシリーズ
FutureNet ISシリーズ
全国瞬時警報システム一体型受信機
オプション
ソフトウェア
データ記録用装置
産業用PoEスイッチ
産業用電源コントローラ
電源アダプタ
アンテナ
開発用品
アクセサリ
製品保証
連携他社製品
販売終息製品
利用例

海外対応について

対応地域・製品
FutureNET VXR-x86の申し込み
FutureNet VXR-X86のトライアル版のダウンロード申し込み
製品のご購入方法
製品のご購入方法
販売代理店、製品取扱店を通じてご購入いただけます。
資料請求の方
資料請求の方
資料請求はこちら
お問い合わせ
お問い合わせ
製品ご購入前のお問い合わせはこちら

ページトップ