FutureNet

FA,XIOシリーズ

XIO-100編

4. 運用管理

4.1 機器へのログイン

XIOシリーズにTelnetもしくはRS-232経由でログインした後は、コマンドラインインタフェース(CLI)が利用できます。

 

【対象機種】XIO-100、XIO-110

 

1. 【 実行例 】

1-1. <Telnet経由でログイン>

TelnetクライアントをインストールしたPCからXIOシリーズのTELNETサーバへ接続してください。本装置のLAN側IPアドレスのデフォルト値は”192.168.254.252″です。また、TELNETサーバポート番号は23です。

(☞) 設定用PCのIPアドレスを同じネットワークに属するよう設定するか、シリアルコンソール経由で本装置のIPアドレスを変更してください。

ログインプロンプトが表示されたら、ユーザIDおよびパスワードを入力してください。

 

1-2. <RS-232経由でログイン>

RS-232ターミナルとXIOシリーズをRS-232クロスケーブルで接続します。

RS-232ターミナルの通信条件は以下のように設定します。

ボー・レート (通信速度) 115200 bit/s
キャラクタ長 8 bit
パリティ なし
ストップビット 1 bit
フロー制御 なし

ログインプロンプトが表示されたら、ユーザIDおよびパスワードを入力してください。

←前のページ

次のページ→