FutureNet

NXR,WXRシリーズ

無線LAN編

2. 無線LAN設定(NXR-G260シリーズ)

無線LAN設定(NXR-G260シリーズ) 一覧

2-1. 無線LAN設定1

有線LANおよび無線LANセグメントからインターネットアクセスする設定例です。なお無線LANの認証方式にはWPA2-PSKを利用します。また補足ではWPS機能について記載しています。

 

2-2. 無線LAN設定2(ブリッジの利用)

有線LANおよび無線LANを同一ネットワークとして利用する設定例です。なお有線LANおよび無線LANを同一ネットワークにするためブリッジインタフェースを使用します。

 

2-3. 無線LAN設定3(VAPの利用)

VAP(仮想アクセスポイント)機能を利用してSSID毎にネットワークを分割する設定例です。これにより一台のNXR-G260を仮想的に複数のアクセスポイントとして動作させることができ、用途毎に無線ネットワークを分割することができます。

 

2-4. 無線LAN設定4(2.4GHzと5GHzの併用)

内蔵されている2つの無線LANモジュールで2.4GHzと5GHzを同時利用する設定例です。

 

2-5. 無線LAN設定5(MACアドレスフィルタリング)

無線LAN端末(ステーション)のMACアドレス情報を元に接続制限を行う設定例です。なおこの機能はVAP毎に設定することができます。

 

2-6. 無線LAN設定6(VAPとVLANの利用)

VAPごとに異なるSSIDを設定し、かつVLANを設定してネットワークを分割する設定例です。なお他のネットワークへの通信を禁止します。ただし各ネットワークからのインターネットアクセスは許可します。

 

2-7. 無線LAN設定7(RADIUS連携)

RADIUSサーバと連携することで無線LANでIEEE802.1X認証を行う設定例です。