FutureNet

NXR,WXRシリーズ

WANインタフェース編

8. 冗長化設定

冗長化設定一覧

8-1. PPPoE冗長化構成(回線冗長)

PPPoE回線の冗長化を行う設定例です。通常利用するPPPoE回線は1回線のみでメインのPPPoE回線障害時にバックアップのPPPoE回線を利用します。

 

8-2. PPPoE冗長化構成(回線冗長)+ECMP設定

PPPoE回線の冗長化を行う設定例です。同じ宛先に対して同じコストのルートを複数設定するECMP(Equal Cost Multi Path)を利用します。

 

8-3. PPPoE冗長化構成(回線冗長)+PBR設定

PPPoE回線の冗長化を行う設定例です。PBR(ポリシーベースルーティング)機能を利用して宛先が同一でもppp0,ppp1インタフェースに通信を振り分けます。

 

8-4. メインPPPoE+バックアップEthernet構成

メイン回線にPPPoE、バックアップ回線にEthernetを利用する設定例です。メイン回線が障害によりリンクダウンした場合バックアップ回線で通信を継続します。

 

8-5. メインEthernet+バックアップPPPoE構成

メイン回線にEthernet、バックアップ回線にPPPoEを利用する設定例です。メイン回線で障害を検知した場合バックアップ回線を接続して通信を継続します。

 

8-6. メインPPPoE+バックアップPPPモバイル構成(リンク監視)

メイン回線にPPPoE、バックアップ回線にPPPモバイルを利用する設定例です。メイン回線のリンク状態を監視し、障害を検知した場合にのみバックアップ回線を接続します。

 

8-7. メインPPPoE+バックアップPPPモバイル構成(Ping監視)

メイン回線にPPPoE、バックアップ回線にPPPモバイルを利用する設定例です。特定の宛先IPアドレスに対してPing監視を行い、疎通不可を検知した場合にのみバックアップ回線を接続します。

 

8-8. メインEthernet+バックアップPPPモバイル構成(Ping監視)

メイン回線にEthernet、バックアップ回線にPPPモバイルを利用する設定例です。特定の宛先IPアドレスに対してPing監視を行い、疎通不可を検知した場合にのみバックアップ回線を接続します。

 

8-9. メインPPPoE+バックアップWiMAX構成(Ping監視)

NXR-155/C-WMでメイン回線にPPPoE、バックアップ回線にWiMAXを利用する設定例です。特定の宛先IPアドレスに対してPing監視を行い、疎通不可を検知した場合にのみバックアップ回線を接続します。

 

8-10. VRRP冗長化構成(メインPPPoE+バックアップモバイル)

VRRPで機器の冗長化を行いつつWAN回線はメインルータ側でPPPoE、バックアップルータ側でPPPモバイルを利用する設定例です。メインルータで障害を検知した場合、バックアップルータ経由で通信を継続します。

 

8-11. VRRP冗長化構成(メインEthernet+バックアップモバイル)

VRRPで機器の冗長化を行いつつWAN回線はメインルータ側でEthernet、バックアップルータ側でPPPモバイルを利用する設定例です。メインルータで障害を検知した場合、バックアップルータ経由で通信を継続します。