FutureNet

NXR,WXRシリーズ

L2TPv3編

2. L2TPv3応用設定

L2TPv3応用設定一覧

2-1. L2TPv3接続設定(タグVLANの利用1)

ハブ&スポーク構成でルータ配下のL2スイッチでVLANタグを付与し、そのフレームを転送する設定例です。

 

2-2. L2TPv3接続設定(タグVLANの利用2)

ハブ拠点でL2スイッチを用意してVLANタグ付きフレームをルータに転送し、またスポーク拠点ではルータでVLANタグを付与する設定例です。

 

2-3. L2TPv3接続設定(タグVLANの利用3)

スイッチングハブ内蔵モデルで各ハブポートをVLAN毎にグループ化しL2TPv3接続する設定例です。

 

2-4. FQDNでのL2TPv3接続設定

ダイナミックDNSを利用し動的IPアドレスのルータ同士でL2TPv3接続する設定例です。この例ではダイナミックDNSサービスに弊社が提供しているWarpLinkDDNSサービスを使用します。

 

2-5. L2TPv3 over IPsec設定(Policy Based IPsecの利用)

WAN回線にEther,PPPoEを使用したハブ&スポーク構成でL2TPv3の通信をIPsecで暗号化する設定例です。この例ではIPsecにPolicy Based IPsecを使用します。

 

2-6. L2TPv3 over IPsec設定(Route Based IPsecの利用)

WAN回線にEther,PPPoE,PPPを使用したハブ&スポーク構成でL2TPv3の通信をIPsecで暗号化する設定例です。この例ではIPsecにRoute Based IPsecを使用します。

 

2-7. L2TPv3フィルタ設定

Xconnectインタフェース上でL2TPv3フィルタを利用する設定例です。

 

2-8. TAPインタフェースを利用したL2TPv3接続設定(仮想スイッチ機能未対応機種)

一部機種で対応しているTAPインタフェースを使用してL2TPv3経由で対向ルータへアクセスする設定例です。なおこの設定例は仮想スイッチ機能に対応していない機種を対象としています。

 

2-9. TAPインタフェースを利用したL2TPv3接続設定(仮想スイッチ機能対応機種)

一部機種で対応しているTAPインタフェースを使用してL2TPv3経由で対向ルータへアクセスする設定例です。なおこの設定例は仮想スイッチ機能に対応している機種が対象です。