FutureNet

NXR,WXRシリーズ

L2TPv3編

2. L2TPv3応用設定

2-2. L2TPv3接続設定(タグVLANの利用2)

ハブ拠点でL2スイッチを用意してVLANタグ付きフレームをルータに転送し、またスポーク拠点ではルータでVLANタグを付与する設定例です。

 

【 構成図 】

  • ルータNXR_Aのethernet0インタフェースではVLAN ID 10, 20のインタフェースを作成し、各VLANインタフェースをXconnectインタフェースとします。
  • ルータNXR_B,CではXconnectインタフェース設定でVLAN ID 10,20をそれぞれ付与するように設定します。これによりL2TPセッションへデータを送信する際にはルータで802.1Qヘッダを付与し、L2TPセッションよりデータ受信しLAN側に送信する際には802.1Qヘッダを取り除いて通信することができます。
  • この設定例では閉域網を想定しており、ルータ配下の各端末から閉域網内へのアクセスは行わず、L2TPv3を利用した通信のみ行います。

 

【 設定データ 】

〔NXR_Aの設定〕

設定項目 設定内容
ホスト名 NXR_A
LAN側インタフェース ethernet0のIPアドレス IPアドレスなし
ethernet0.10のIPアドレス IPアドレスなし
ethernet0.20のIPアドレス 192.168.10.1/24
WAN側インタフェース PPPoEクライアント(ethernet1) ppp0
ppp0のIPアドレス 10.10.10.1/32
PPPoE接続用ユーザID test1@example.jp
PPPoE接続用パスワード test1pass
スタティックルート 宛先IPアドレス 0.0.0.0/0
ゲートウェイ(インタフェース) ppp0
L2TPv3 ホスト名 nxra
ルータID 172.20.10.1
MACアドレス学習機能 有効
MACアドレス保持時間 300秒
Path MTU Discovery 有効
L2TPv3トンネル1 名前 NXR_B
リモートトンネルアドレス 10.10.20.1
リモートホスト名 nxrb
リモートルータID 172.20.20.1
リモートベンダーID ietf
L2TPv3 Xconnect1 名前 NXR_B
L2TPv3トンネルID 1
Xconnectインタフェース ethernet0 vid 10
リモートエンドID 1
再送間隔 30秒
TCP MSS調整 オート
L2TPv3トンネル2 名前 NXR_C
リモートホスト名 nxrc
リモートルータID 172.20.30.1
リモートベンダーID ietf
L2TPv3 Xconnect2 名前 NXR_C
L2TPv3トンネルID 2
Xconnectインタフェース ethernet0 vid 20
リモートエンドID 1
TCP MSS調整 オート
FastFowarding 有効
L2TPv3 FastFowarding 有効

〔NXR_Bの設定〕

設定項目 設定内容
ホスト名 NXR_B
LAN側インタフェース ethernet0のIPアドレス 192.168.10.2/24
WAN側インタフェース PPPoEクライアント(ethernet1) ppp0
ppp0のIPアドレス 10.10.20.1/32
PPPoE接続用ユーザID test2@example.jp
PPPoE接続用パスワード test2pass
スタティックルート 宛先IPアドレス 0.0.0.0/0
ゲートウェイ(インタフェース) ppp0
L2TPv3 ホスト名 nxrb
ルータID 172.20.20.1
MACアドレス学習機能 有効
MACアドレス保持時間 300秒
Path MTU Discovery 有効
L2TPv3トンネル1 名前 NXR_A
リモートトンネルアドレス 10.10.10.1
リモートホスト名 nxra
リモートルータID 172.20.10.1
リモートベンダーID ietf
L2TPv3 Xconnect1 名前 NXR_A
L2TPv3トンネルID 1
Xconnectインタフェース ethernet0
リモートエンドID 1
再送間隔 45秒
TCP MSS調整 オート
VLAN ID付与 10
FastFowarding 有効
L2TPv3 FastFowarding 有効

〔NXR_Cの設定〕

設定項目 設定内容
ホスト名 NXR_C
LAN側インタフェース ethernet0のIPアドレス 192.168.10.3/24
WAN側インタフェース ethernet1のIPアドレス 動的IPアドレス
L2TPv3 ホスト名 nxrc
ルータID 172.20.30.1
MACアドレス学習機能 有効
MACアドレス保持時間 300秒
Path MTU Discovery 有効
L2TPv3トンネル1 名前 NXR_A
リモートトンネルアドレス 10.10.10.1
リモートホスト名 nxra
リモートルータID 172.20.10.1
リモートベンダーID ietf
L2TPv3 Xconnect1 名前 NXR_A
L2TPv3トンネルID 1
Xconnectインタフェース ethernet0
リモートエンドID 1
再送間隔 30秒
TCP MSS調整 オート
VLAN ID付与 20
FastFowarding 有効
L2TPv3 FastFowarding 有効

 

【 設定例 】

〔NXR_Aの設定〕

nxr350#configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
nxr350(config)#hostname NXR_A
NXR_A(config)#interface ethernet 0 vid 10
NXR_A(config-vlan)#no ip address
NXR_A(config-vlan)#exit
NXR_A(config)#interface ethernet 0 vid 20
NXR_A(config-vlan)#ip address 192.168.10.1/24
NXR_A(config-vlan)#exit
NXR_A(config)#interface ethernet 0
NXR_A(config-if)#no ip address
NXR_A(config-if)#exit
NXR_A(config)#ip route 0.0.0.0/0 ppp 0
NXR_A(config)#ppp account username test1@example.jp password test1pass
NXR_A(config)#interface ppp 0
NXR_A(config-ppp)#ip address 10.10.10.1/32
NXR_A(config-ppp)#ppp username test1@example.jp
NXR_A(config-ppp)#exit
NXR_A(config)#interface ethernet 1
NXR_A(config-if)#no ip address
NXR_A(config-if)#pppoe-client ppp 0
NXR_A(config-if)#exit
NXR_A(config)#l2tpv3 hostname nxra
NXR_A(config)#l2tpv3 router-id 172.20.10.1
NXR_A(config)#l2tpv3 mac-learning
NXR_A(config)#l2tpv3 mac-aging 300
NXR_A(config)#l2tpv3 path-mtu-discovery
NXR_A(config)#l2tpv3 tunnel 1
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#description NXR_B
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel address 10.10.20.1
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel hostname nxrb
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel router-id 172.20.20.1
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel vendor ietf
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#exit
NXR_A(config)#l2tpv3 xconnect 1
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#description NXR_B
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#tunnel 1
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect ethernet 0 vid 10
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect end-id 1
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#retry-interval 30
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#ip tcp adjust-mss auto
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#exit
NXR_A(config)#l2tpv3 tunnel 2
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#description NXR_C
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel hostname nxrc
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel router-id 172.20.30.1
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel vendor ietf
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#exit
NXR_A(config)#l2tpv3 xconnect 2
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#description NXR_C
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#tunnel 2
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect ethernet 0 vid 20
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect end-id 1
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#ip tcp adjust-mss auto
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#exit
NXR_A(config)#fast-forwarding enable
NXR_A(config)#l2tpv3 fast-forwarding enable
NXR_A(config)#exit
NXR_A#save config

〔NXR_Bの設定〕

nxrg100#configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
nxrg100(config)#hostname NXR_B
NXR_B(config)#interface ethernet 0
NXR_B(config-if)#ip address 192.168.10.2/24
NXR_B(config-if)#exit
NXR_B(config)#ip route 0.0.0.0/0 ppp 0
NXR_B(config)#ppp account username test2@example.jp password test2pass
NXR_B(config)#interface ppp 0
NXR_B(config-ppp)#ip address 10.10.20.1/32
NXR_B(config-ppp)#ppp username test2@example.jp
NXR_B(config-ppp)#exit
NXR_B(config)#interface ethernet 1
NXR_B(config-if)#no ip address
NXR_B(config-if)#pppoe-client ppp 0
NXR_B(config-if)#exit
NXR_B(config)#l2tpv3 hostname nxrb
NXR_B(config)#l2tpv3 router-id 172.20.20.1
NXR_B(config)#l2tpv3 mac-learning
NXR_B(config)#l2tpv3 mac-aging 300
NXR_B(config)#l2tpv3 path-mtu-discovery enable
NXR_B(config)#l2tpv3 tunnel 1
NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#description NXR_A
NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel address 10.10.10.1
NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel hostname nxra
NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel router-id 172.20.10.1
NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel vendor ietf
NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#exit
NXR_B(config)#l2tpv3 xconnect 1
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#description NXR_A
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#tunnel 1
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect ethernet 0
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect end-id 1
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#retry-interval 45
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#ip tcp adjust-mss auto
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#vlan-id 10
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#exit
NXR_B(config)#fast-forwarding enable
NXR_B(config)#l2tpv3 fast-forwarding enable
NXR_B(config)#exit
NXR_B#save config

〔NXR_Cの設定〕

nxrg100#configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
nxrg100(config)#hostname NXR_C
NXR_C(config)#interface ethernet 0
NXR_C(config-if)#ip address 192.168.10.3/24
NXR_C(config-if)#exit
NXR_C(config)#interface ethernet 1
NXR_C(config-if)#ip address dhcp
NXR_C(config-if)#exit
NXR_C(config)#l2tpv3 hostname nxrc
NXR_C(config)#l2tpv3 router-id 172.20.30.1
NXR_C(config)#l2tpv3 mac-learning
NXR_C(config)#l2tpv3 mac-aging 300
NXR_C(config)#l2tpv3 path-mtu-discovery enable
NXR_C(config)#l2tpv3 tunnel 1
NXR_C(config-l2tpv3-tunnel)#description NXR_A
NXR_C(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel address 10.10.10.1
NXR_C(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel hostname nxra
NXR_C(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel router-id 172.20.10.1
NXR_C(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel vendor ietf
NXR_C(config-l2tpv3-tunnel)#exit
NXR_C(config)#l2tpv3 xconnect 1
NXR_C(config-l2tpv3-xconnect)#description NXR_A
NXR_C(config-l2tpv3-xconnect)#tunnel 1
NXR_C(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect ethernet 0
NXR_C(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect end-id 1
NXR_C(config-l2tpv3-xconnect)#retry-interval 30
NXR_C(config-l2tpv3-xconnect)#ip tcp adjust-mss auto
NXR_C(config-l2tpv3-xconnect)#vlan-id 20
NXR_C(config-l2tpv3-xconnect)#exit
NXR_C(config)#fast-forwarding enable
NXR_C(config)#l2tpv3 fast-forwarding enable
NXR_C(config)#exit
NXR_C#save config

 

【 設定例解説 】

〔NXR_Aの設定〕

1. <ホスト名の設定>
nxr350(config)#hostname NXR_A

ホスト名を設定します。

 

2. <LAN側(ethernet0.10)インタフェース設定>
NXR_A(config)#interface ethernet 0 vid 10
NXR_A(config-vlan)#no ip address

ethernet0.10インタフェースにIPアドレスを割り当てないよう設定します。

 

3. <LAN側(ethernet0.20)インタフェース設定>
NXR_A(config)#interface ethernet 0 vid 20
NXR_A(config-vlan)#ip address 192.168.10.1/24

ethernet0.20インタフェースにIPアドレスを設定します。

 

4. <LAN側(ethernet0)インタフェース設定>
NXR_A(config)#interface ethernet 0
NXR_A(config-if)#no ip address

ethernet0インタフェースにIPアドレスを割り当てないよう設定します。

 

5. <スタティックルート設定>
NXR_A(config)#ip route 0.0.0.0/0 ppp 0

デフォルトルートを設定します。

 

6. <PPPアカウント設定>
NXR_A(config)#ppp account username test1@example.jp password test1pass

ppp0インタフェースで使用するPPPoE接続用ユーザID,パスワードを設定します。
(☞) ここで設定したアカウントはppp0インタフェースの設定で利用します。

 

7. <WAN側(ppp0)インタフェース設定>
NXR_A(config)#interface ppp 0
NXR_A(config-ppp)#ip address 10.10.10.1/32

ppp0インタフェースのIPアドレスを設定します。

NXR_A(config-ppp)#ppp username test1@example.jp

PPPoE接続用ユーザIDを設定します。

 

8. <ethernet1インタフェース設定>
NXR_A(config)#interface ethernet 1
NXR_A(config-if)#no ip address
NXR_A(config-if)#pppoe-client ppp 0

PPPoEクライアントとしてppp0インタフェースを使用できるように設定します。

 

9. <L2TPv3設定>
NXR_A(config)#l2tpv3 hostname nxra
NXR_A(config)#l2tpv3 router-id 172.20.10.1

L2TPv3のホスト名としてnxraを設定します。またルータIDを設定します。

NXR_A(config)#l2tpv3 mac-learning
NXR_A(config)#l2tpv3 mac-aging 300
NXR_A(config)#l2tpv3 path-mtu-discovery

MACアドレス学習機能を有効にし、エージングタイムを設定します。またPath MTU Discoveryを有効にします。

 

10. <L2TPv3トンネル1設定>
NXR_A(config)#l2tpv3 tunnel 1
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#description NXR_B
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel address 10.10.20.1

L2TPv3トンネル1の説明としてNXR_B、リモートアドレスにルータNXR_BのWAN側IPアドレスを設定します。

NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel hostname nxrb
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel router-id 172.20.20.1
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel vendor ietf

ルータNXR_BのL2TPv3ホスト名およびルータIDを設定します。そしてベンダIDとしてietfを設定します。
(☞) ルータNXR_BのL2TPv3設定にあるホスト名,ルータIDと同一の値を設定します。

 

11. <L2TPv3 Xconnect1設定>
NXR_A(config)#l2tpv3 xconnect 1
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#description NXR_B
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#tunnel 1

L2TPv3 Xconnect1の説明としてNXR_B、関連づけを行うL2TPv3トンネルとしてL2TPv3トンネル1を設定します。

NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect ethernet 0 vid 10
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect end-id 1

Xconnectインタフェースとしてethernet0.10インタフェースおよびリモートエンドIDを設定します。
(☞) このインタフェースがVLAN ID 10のL2フレームを送受信するインタフェースとなります。

NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#retry-interval 30
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#ip tcp adjust-mss auto

リトライインターバルを設定します。またTCP MSSの調整機能をオートに設定します。

 

12. <L2TPv3トンネル2設定>
NXR_A(config)#l2tpv3 tunnel 2
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#description NXR_C

L2TPv3トンネル2の説明としてNXR_Cを設定します。なおルータNXR_CのWAN側IPアドレスが動的IPアドレスのため、リモートトンネルアドレスは設定しません。

NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel hostname nxrc
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel router-id 172.20.30.1
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel vendor ietf

ルータNXR_CのL2TPv3ホスト名およびルータIDを設定します。そしてベンダIDとしてietfを設定します。
(☞) ルータNXR_CのL2TPv3設定にあるホスト名,ルータIDと同一の値を設定します。

 

13. <L2TPv3 Xconnect2設定>
NXR_A(config)#l2tpv3 xconnect 2
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#description NXR_C
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#tunnel 2

L2TPv3 Xconnect2の説明としてNXR_C、関連づけを行うL2TPv3トンネルとしてL2TPv3トンネル2を設定します。

NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect ethernet 0 vid 20
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect end-id 1
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#ip tcp adjust-mss auto

Xconnectインタフェースとしてethernet0.20インタフェースおよびリモートエンドIDを設定します。またTCP MSSの調整機能をオートに設定します。
(☞) このインタフェースがVLAN ID 20のL2フレームを送受信するインタフェースとなります。

 

14. <ファストフォワーディングの有効化>
NXR_A(config)#fast-forwarding enable
NXR_A(config)#l2tpv3 fast-forwarding enable 

ファストフォワーディングおよびL2TPv3ファストフォワーディングを有効にします。
(☞) ファストフォワーディングおよびL2TPv3ファストフォワーディングの詳細および利用時の制約については、NXR,WXRシリーズのユーザーズガイド(CLI版)に記載されているファストフォワーディングの解説をご参照ください。

 

〔NXR_Bの設定〕

1. <ホスト名の設定>
nxrg100(config)#hostname NXR_B

ホスト名を設定します。

 

2. <LAN側(ethernet0)インタフェース設定>
NXR_B(config)#interface ethernet 0
NXR_B(config-if)#ip address 192.168.10.2/24

ethernet0インタフェースにIPアドレスを設定します。

 

3. <スタティックルート設定>
NXR_B(config)#ip route 0.0.0.0/0 ppp 0

デフォルトルートを設定します。

 

4. <PPPアカウント設定>
NXR_B(config)#ppp account username test2@example.jp password test2pass

ppp0インタフェースで使用するPPPoE接続用ユーザID,パスワードを設定します。
(☞) ここで設定したアカウントはppp0インタフェースの設定で利用します。

 

5. <WAN側(ppp0)インタフェース設定>
NXR_B(config)#interface ppp 0
NXR_B(config-ppp)#ip address 10.10.20.1/32

ppp0インタフェースのIPアドレスを設定します。

NXR_B(config-ppp)#ppp username test2@example.jp

PPPoE接続用ユーザIDを設定します。

 

6. <ethernet1インタフェース設定>
NXR_B(config)#interface ethernet 1
NXR_B(config-if)#no ip address
NXR_B(config-if)#pppoe-client ppp 0

PPPoEクライアントとしてppp0インタフェースを使用できるように設定します。

 

7. <L2TPv3設定>
NXR_B(config)#l2tpv3 hostname nxrb
NXR_B(config)#l2tpv3 router-id 172.20.20.1

L2TPv3のホスト名としてnxrbを設定します。またルータIDを設定します。

NXR_B(config)#l2tpv3 mac-learning
NXR_B(config)#l2tpv3 mac-aging 300
NXR_B(config)#l2tpv3 path-mtu-discovery enable

MACアドレス学習機能を有効にし、エージングタイムを設定します。またPath MTU Discoveryを有効にします。

 

8. <L2TPv3トンネル設定>
NXR_B(config)#l2tpv3 tunnel 1
NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#description NXR_A
NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel address 10.10.10.1

L2TPv3トンネル1の説明としてNXR_A、リモートアドレスにルータNXR_AのWAN側IPアドレスを設定します。

NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel hostname nxra
NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel router-id 172.20.10.1
NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel vendor ietf

ルータNXR_AのL2TPv3ホスト名およびルータIDを設定します。そしてベンダIDとしてietfを設定します。
(☞) ルータNXR_AのL2TPv3設定にあるホスト名,ルータIDと同一の値を設定します。

 

9. <L2TPv3 Xconnect設定>
NXR_B(config)#l2tpv3 xconnect 1
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#description NXR_A
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#tunnel 1

L2TPv3 Xconnect1の説明としてNXR_A、関連づけを行うL2TPv3トンネルとしてL2TPv3トンネル1を設定します。

NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect ethernet 0
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect end-id 1
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#retry-interval 45
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#ip tcp adjust-mss auto

Xconnectインタフェースとしてethernet0インタフェースおよびリモートエンドIDを設定します。またリトライインターバルを設定します。そしてTCP MSSの調整機能をオートに設定します。

NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#vlan-id 10

L2TPセッションにデータを送信する際、VLAN IDを付与するように設定します。

 

10. <ファストフォワーディングの有効化>
NXR_B(config)#fast-forwarding enable
NXR_B(config)#l2tpv3 fast-forwarding enable

ファストフォワーディングおよびL2TPv3ファストフォワーディングを有効にします。

 

〔NXR_Cの設定〕

1. <ホスト名の設定>
nxrg100(config)#hostname NXR_C

ホスト名を設定します。

 

2. <LAN側(ethernet0)インタフェース設定>
NXR_C(config)#interface ethernet 0
NXR_C(config-if)#ip address 192.168.10.3/24

ethernet0インタフェースにIPアドレスを設定します。

 

3. <WAN側(ethernet1)インタフェース設定>
NXR_C(config)#interface ethernet 1
NXR_C(config-if)#ip address dhcp

ethernet1インタフェースのIPアドレスが動的IPアドレスの場合は、dhcpを設定します。

 

4. <L2TPv3設定>
NXR_C(config)#l2tpv3 hostname nxrc
NXR_C(config)#l2tpv3 router-id 172.20.30.1

L2TPv3のホスト名としてnxrcを設定します。またルータIDを設定します。

NXR_C(config)#l2tpv3 mac-learning
NXR_C(config)#l2tpv3 mac-aging 300
NXR_C(config)#l2tpv3 path-mtu-discovery enable

MACアドレス学習機能を有効にし、エージングタイムを設定します。またPath MTU Discoveryを有効にします。

 

5. <L2TPv3トンネル設定>
NXR_C(config)#l2tpv3 tunnel 1
NXR_C(config-l2tpv3-tunnel)#description NXR_A
NXR_C(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel address 10.10.10.1

L2TPv3トンネル1の説明としてNXR_A、リモートアドレスにルータNXR_AのWAN側IPアドレスを設定します。

NXR_C(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel hostname nxra
NXR_C(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel router-id 172.20.10.1
NXR_C(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel vendor ietf

ルータNXR_AのL2TPv3ホスト名およびルータIDを設定します。そしてベンダIDとしてietfを設定します。
(☞) ルータNXR_AのL2TPv3設定にあるホスト名,ルータIDと同一の値を設定します。

 

6. <L2TPv3 Xconnect設定>
NXR_C(config)#l2tpv3 xconnect 1
NXR_C(config-l2tpv3-xconnect)#description NXR_A
NXR_C(config-l2tpv3-xconnect)#tunnel 1

L2TPv3 Xconnect1の説明としてNXR_A、関連づけを行うL2TPv3トンネルとしてL2TPv3トンネル1を設定します。

NXR_C(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect ethernet 0
NXR_C(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect end-id 1
NXR_C(config-l2tpv3-xconnect)#retry-interval 30
NXR_C(config-l2tpv3-xconnect)#ip tcp adjust-mss auto

Xconnectインタフェースとしてethernet0インタフェースおよびリモートエンドIDを設定します。またリトライインターバルを設定します。そしてTCP MSSの調整機能をオートに設定します。

NXR_C(config-l2tpv3-xconnect)#vlan-id 20

L2TPセッションにデータを送信する際、VLAN IDを付与するように設定します。

 

7. <ファストフォワーディングの有効化>
NXR_C(config)#fast-forwarding enable
NXR_C(config)#l2tpv3 fast-forwarding enable

ファストフォワーディングおよびL2TPv3ファストフォワーディングを有効にします。

 

【 端末の設定例 】

 LAN_A VLAN ID 10の端末 VLAN ID 20の端末
IPアドレス 192.168.10.101 192.168.10.201
サブネットマスク 255.255.255.0
 LAN_Bの端末  LAN_Cの端末
IPアドレス 192.168.10.102 192.168.10.103
サブネットマスク 255.255.255.0