FutureNet

NXR,WXRシリーズ

L2TPv3編

1. L2TPv3基本設定

1-1. L2TPv3でのLAN間接続設定

固定IPアドレスのルータ同士でL2TPv3接続する基本的な設定例です。なおインターネットアクセスは考慮していません。

 

コンテンツ
構成図 設定例 設定例解説 端末の設定例 付録

 

【 構成図 】

  • L2TPv3は通信の暗号化を行いませんので、インターネット上で利用する場合、IPsecと組み合わせて利用することを推奨致します。

 

【 設定例 】

〔NXR_Aの設定〕

nxr650#configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
nxr650(config)#hostname NXR_A
NXR_A(config)#interface ethernet 0
NXR_A(config-if)#ip address 192.168.10.1/24
NXR_A(config-if)#exit
NXR_A(config)#interface ethernet 1
NXR_A(config-if)#ip address 203.0.113.1/30
NXR_A(config-if)#exit
NXR_A(config)#ip route 203.0.113.5/32 203.0.113.2
NXR_A(config)#l2tpv3 hostname nxra
NXR_A(config)#l2tpv3 router-id 192.168.10.1
NXR_A(config)#l2tpv3 mac-learning
NXR_A(config)#l2tpv3 mac-aging 300
NXR_A(config)#l2tpv3 path-mtu-discovery enable
NXR_A(config)#l2tpv3 tunnel 1
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#description NXR_B
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel address 203.0.113.5
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel hostname nxrb
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel router-id 192.168.10.2
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel vendor ietf
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#exit
NXR_A(config)#l2tpv3 xconnect 1
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#description NXR_B
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#tunnel 1
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect ethernet 0
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect end-id 1
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#retry-interval 30
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#ip tcp adjust-mss auto
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#exit
NXR_A(config)#fast-forwarding enable
NXR_A(config)#l2tpv3 fast-forwarding enable
NXR_A(config)#exit
NXR_A#save config

 

〔NXR_Bの設定〕

nxrg100#configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
nxrg100(config)#hostname NXR_B
NXR_B(config)#interface ethernet 0
NXR_B(config-if)#ip address 192.168.10.2/24
NXR_B(config-if)#exit
NXR_B(config)#interface ethernet 1
NXR_B(config-if)#ip address 203.0.113.5/30
NXR_B(config-if)#exit
NXR_B(config)#ip route 203.0.113.1/32 203.0.113.6
NXR_B(config)#l2tpv3 hostname nxrb
NXR_B(config)#l2tpv3 router-id 192.168.10.2
NXR_B(config)#l2tpv3 mac-learning
NXR_B(config)#l2tpv3 mac-aging 300
NXR_B(config)#l2tpv3 path-mtu-discovery enable
NXR_B(config)#l2tpv3 tunnel 1
NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#description NXR_A
NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel address 203.0.113.1
NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel hostname nxra
NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel router-id 192.168.10.1
NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel vendor ietf
NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#exit
NXR_B(config)#l2tpv3 xconnect 1
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#description NXR_A
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#tunnel 1
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect ethernet 0
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect end-id 1
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#retry-interval 45
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#ip tcp adjust-mss auto
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#exit
NXR_B(config)#fast-forwarding enable
NXR_B(config)#l2tpv3 fast-forwarding enable
NXR_B(config)#exit
NXR_B#save config

 

【 設定例解説 】

〔NXR_Aの設定〕

1. <ホスト名の設定>
nxr650(config)#hostname NXR_A

ホスト名を設定します。

 

2. <LAN側(ethernet0)インタフェース設定>
NXR_A(config)#interface ethernet 0
NXR_A(config-if)#ip address 192.168.10.1/24

ethernet0インタフェースのIPアドレスを設定します。

 

3. <WAN側(ethernet1)インタフェース設定>
NXR_A(config)#interface ethernet 1
NXR_A(config-if)#ip address 203.0.113.1/30

ethernet1インタフェースのIPアドレスを設定します。

 

4. <スタティックルート設定>
NXR_A(config)#ip route 203.0.113.5/32 203.0.113.2

203.0.113.5/32向けのルートを設定します。

 

5. <L2TPv3設定>
NXR_A(config)#l2tpv3 hostname nxra

L2TPv3のホスト名を設定します。
(☞) 省略時はhostnameコマンドで設定した値が使用されます。

NXR_A(config)#l2tpv3 router-id 192.168.10.1

L2TPv3のルータIDを設定します。
(☞) ルータIDは必ずしも通信時に使用するアドレスと同じである必要はありません。

NXR_A(config)#l2tpv3 mac-learning

MACアドレス学習機能を有効にします。

NXR_A(config)#l2tpv3 mac-aging 300

MACアドレス学習機能のエージングタイムを設定します。

NXR_A(config)#l2tpv3 path-mtu-discovery enable

L2TPv3のPath MTU Discoveryを有効にします。

 

6. <L2TPv3トンネル設定>
NXR_A(config)#l2tpv3 tunnel 1
NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#description NXR_B

L2TPv3トンネル1の説明文を設定します。

NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel address 203.0.113.5

トンネルアドレスにNXR_BのWAN側IPアドレスを設定します。

NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel hostname nxrb

NXR_BのL2TPv3のホスト名を設定します。
(☞) このホスト名はNXR_Bのl2tpv3 hostnameと同一の値を設定します。

NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel router-id 192.168.10.2

NXR_BのL2TPv3のルータIDを設定します。
(☞) このルータIDはNXR_Bのl2tpv3 router-idと同一の値を設定します。

NXR_A(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel vendor ietf

ベンダIDをietfに設定します。
(☞) このベンダIDはNXR_Bのl2tpv3 tunnel1と同一の値を設定します。

 

7. <L2TPv3 Xconnect設定>
NXR_A(config)#l2tpv3 xconnect 1
NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#description NXR_B

L2TPv3 Xconnect1の説明文を設定します。

NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#tunnel 1

このL2TPv3 Xconnectで使用するL2TPv3トンネルを設定します。

NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect ethernet 0

Xconnectインタフェースを設定します。
(☞) この設定で指定したインタフェースがL2フレームを送受信するインタフェースになります。

NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect end-id 1

リモートエンドIDを設定します。
(☞) Xconnectインタフェースを識別する際に使用するIDのため、対向機器で設定するリモートエンドIDと同じIDを設定します。

NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#retry-interval 30

リトライインターバルを設定します。

NXR_A(config-l2tpv3-xconnect)#ip tcp adjust-mss auto

TCP MSSの調整機能をオートに設定します。
(☞) TCP MSSの調整機能はTCPのネゴシエーション時にMSS値を調整することで、サイズの大きいTCPパケットを転送する際にフラグメントによるスループットの低下を抑制する場合に利用します。

 

8. <ファストフォワーディング設定>
NXR_A(config)#fast-forwarding enable

ファストフォワーディングを有効にします。

NXR_A(config)#l2tpv3 fast-forwarding enable

L2TPv3ファストフォワーディングを有効にします。

(☞) ファストフォワーディングを有効にすることでパケットやフレーム転送を高速に処理することができます。またファストフォワーディングの詳細および利用時の制約については、各シリーズのユーザーズガイド(CLI版)に記載されているファストフォワーディングの解説をご参照ください。

 

9. <設定の保存>
NXR_A#save config

設定内容を保存します。

 

〔NXR_Bの設定〕

1. <ホスト名の設定>
nxrg100(config)#hostname NXR_B

ホスト名を設定します。

 

2. <LAN側(ethernet0)インタフェース設定>
NXR_B(config)#interface ethernet 0
NXR_B(config-if)#ip address 192.168.10.2/24

ethernet0インタフェースのIPアドレスを設定します。

 

3. <WAN側(ethernet1)インタフェース設定>
NXR_B(config)#interface ethernet 1
NXR_B(config-if)#ip address 203.0.113.5/30

ethernet1インタフェースのIPアドレスを設定します。

 

4. <スタティックルート設定>
NXR_B(config)#ip route 203.0.113.1/32 203.0.113.6

203.0.113.1/32向けのルートを設定します。

 

5. <L2TPv3設定>
NXR_B(config)#l2tpv3 hostname nxrb

L2TPv3のホスト名を設定します。

NXR_B(config)#l2tpv3 router-id 192.168.10.2

L2TPv3のルータIDを設定します。

NXR_B(config)#l2tpv3 mac-learning

MACアドレス学習機能を有効にします。

NXR_B(config)#l2tpv3 mac-aging 300

MACアドレス学習機能のエージングタイムを設定します。

NXR_B(config)#l2tpv3 path-mtu-discovery enable

L2TPv3のPath MTU Discoveryを有効にします。

 

6. <L2TPv3トンネル設定>
NXR_B(config)#l2tpv3 tunnel 1
NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#description NXR_A

L2TPv3トンネル1の説明文を設定します。

NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel address 203.0.113.1

トンネルアドレスにNXR_AのWAN側IPアドレスを設定します。

NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel hostname nxra

NXR_AのL2TPv3のホスト名を設定します。

NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel router-id 192.168.10.1

NXR_AのL2TPv3のルータIDを設定します。

NXR_B(config-l2tpv3-tunnel)#tunnel vendor ietf

ベンダIDをietfに設定します。

 

7. <L2TPv3 Xconnect設定>
NXR_B(config)#l2tpv3 xconnect 1
NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#description NXR_A

L2TPv3 Xconnect1の説明文を設定します。

NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#tunnel 1

このL2TPv3 Xconnectで使用するL2TPv3トンネルを設定します。

NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect ethernet 0

Xconnectインタフェースを設定します。

NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#xconnect end-id 1

リモートエンドIDを設定します。

NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#retry-interval 45

リトライインターバルを設定します。

NXR_B(config-l2tpv3-xconnect)#ip tcp adjust-mss auto

TCP MSSの調整機能をオートに設定します。

 

8. <ファストフォワーディング設定>
NXR_B(config)#fast-forwarding enable

ファストフォワーディングを有効にします。

NXR_B(config)#l2tpv3 fast-forwarding enable

L2TPv3ファストフォワーディングを有効にします。

 

9. <設定の保存>
NXR_B#save config

設定内容を保存します。

 

【 端末の設定例 】

NXR_A配下の端末 NXR_B配下の端末
IPアドレス 192.168.10.101 192.168.10.102
サブネットマスク 255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ 192.168.10.1 192.168.10.2

 

【 付録 】