1. ホーム
  2. 製品情報
  3. ルータ
  4. FutureNet CMSシリーズ

製品情報

 FutureNet CMSシリーズ

 

  • サポート情報
  • ダウンロード情報

FutureNet CMS-1200

FutureNet CMS-1200

標準価格: オープンプライス

JANコード:4540428001600

オプション
  • Memory Media USB-8GB
同梱物
  • 保証書
  • 電源コード
  • 取付金具
  • 特徴
  • ハードウェア仕様
  • ソフトウェア仕様

FutureNet CMS-1200は企業向けVPNルータであるFutureNet NXRシリーズをリモートから管理するための専用アプライアンスサーバです。管理対象となるルータの設定やファームウェア更新等をリモートから簡単なGUIの操作で一括しておこなうことができます。多数のルータを運用するネットワーク環境で、確実で効率の良い運用管理を実現することが可能です。

FutureNet CMS-1200の機能

 

動的IPの環境でもリモート管理が可能

CMS-1200は独自のCPE Registration Protocol(以下CRP)によりNXRシリーズのルータのリモート管理を実現します。管理対象のルータはCRPにより自分のIPアドレスをCMS-1200に通知します。このCRPのしくみにより、インターネット接続時に毎回IPアドレスが変わる動的IPの環境でも、常にリモートでの運用管理が可能になります。

FutureNet CMS-1200の管理プロトコル
【FutureNet CMS-1200の管理プロトコル】

強力なリモート管理機能

CMS-1200は以下のようなリモート管理機能を備えています。
これらの機能はCMS-1200のWEB画面を通して利用できます。

  • 設定管理           管理対象ルータの設定情報の取得、配信
  • ファームウェア   管理対象ルータのファームウェアバージョンの表示、一括更新
  • VPN管理           IPsec接続状態の表示、IPsecの自動構成
  • 状態管理           管理対象ルータのインタフェース等の状態、ログ情報の表示
  • 設定管理           管理対象ルータやその配下のネットワークの死活監視と警報通知
管理者はデータセンター等に設置したCMS-1200のWEB画面を通して上記の機能を利用できます。多数のルータを導入する際は設定管理機能を利用して、事前の設定情報の投入作業を大幅に簡略化できます。また運用フェーズでもルータの追加やファームウェアの更新等を自動化できるため、確実に作業がおこなえます。障害時には警報通知に加え、WEB画面から管理対象ルータの状態を確認できます。なお、管理対象ルータの設定情報は各3世代まで保存できます。

VPN自動構成によるVPN管理の効率化

CMS-1200では管理対象機器をグループに分け、グループ単位でフルメッシュまたはスター型のVPN(IPsec)接続を自動構成することができます。スター型の場合はセンターを二重化した構成も可能です。また、グローバルIPが動的割り当ての拠点間でもVPNを構築することができます。
拠点が追加になる場合も既存のグループに機器を追加するだけで、その機器のIPアドレス情報等VPN接続に必要な設定をグループに所属する他の機器に自動的に配布してVPNを自動構成するため、他の拠点の設定変更が不要になります。

ASP型のサービスを可能にするマルチテナント対応

CMS-1200は管理対象ルータをテナントと呼ぶ単位で管理するマルチテナントに対応しています。各テナントにはそれぞれ異なるユーザアカウント(一般ユーザ)を発行し、これにより各テナントへのアクセスをコントロールします。管理できるルータをそのテナントに属するルータだけに限定できるため、システムインテグレーター様にとっては複数企業様をCMS-1200 1台で収容し、企業様毎にアカウントを発行することでクラウド型ASP環境の構築ができます。クライアント企業様はWebブラウザだけあればルータのリモート管理が実現できます。
なお弊社では中小規模向けのASPサービスとして、WarpLink CMSの提供を実施しています。

FutureNet CMS-1200
CPU
CPU CISC プロセッサ (Dual Core) 
内部動作周波数 3.0GHz
メモリ
DDR SDRAM ECC 付き DIMM
容量 2GByte
CFカード
容量 16GByte
通信インタフェース
Ethernet 10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T
インタフェース 4 ポート(Ether 0, Ether 1, Ether 2, Ether 3)
コネクタ RJ-45
その他 Auto Negotiation、Full Duplex、Auto MDI/MDIX 対応
RS-232(フロント側) CLI 用コンソールポート
インタフェース 1 ポート
コネクタ D-SUB 9 ピン(オス)
転送速度 115.2kbps
RS-232(リア側) DTE
インタフェース 1 ポート
コネクタ D-SUB 9 ピン(オス)
転送速度 230kbps
USB
インタフェース 1 ポート
コネクタ USB2.0 準拠 Type A
その他 ホットプラグ対応
表示機能
LED
Power 電源 (緑色)
CF CF Status (橙色)
Ether 0 LINK/Activity (緑色)
Ether 1 LINK/Activity (緑色)
Ether 2 LINK/Activity (緑色)
Ether 3 LINK/Activity (緑色)
Temp 温度警告 (赤色)
INIT INIT Status (橙色)
USB USB Status (橙色)
System 1 System Status 1 (緑色)
System 2 System Status 2 (緑色)
Ether 0 Speed (橙/緑色)RJ-45 コネクタに内蔵
LINK/Activity (橙色)RJ-45 コネクタに内蔵
Ether 1 Speed (橙/緑色)RJ-45 コネクタに内蔵
LINK/Activity (橙色)RJ-45 コネクタに内蔵
Ether 2 Speed (橙/緑色)RJ-45 コネクタに内蔵
LINK/Activity (橙色)RJ-45 コネクタに内蔵
Ether 3 Speed (橙/緑色)RJ-45 コネクタに内蔵
LINK/Activity (橙色)RJ-45 コネクタに内蔵
スイッチ
電源スイッチ 電源 ON/OFF 用プッシュ・スイッチ
INIT スイッチ 初期化用プッシュ・スイッチ
Release スイッチ USB リリース用プッシュ・スイッチ
外形寸法(突起物除く) 19 インチ 1U ラックマウント
W(幅) 437mm
D(奥行き) 503mm
H(高さ) 43mm
重量(ケーブル等除く)
本体 11.1kg
梱包重量 16.7kg
電源
入力電源 AC100V±10%
周波数 50/60Hz±3Hz
消費電力(最大) 145W
皮相電力(最大)
発熱量(最大) 約 520kJ (約 124kcal)
環境条件
動作環境 温度:+5℃~+40℃
湿度:20%~85%(結露なきこと)
保存環境 温度:-20℃~+70℃
湿度:20%~85%(結露なきこと)
冷却方式 FAN による強制空冷
MTBF(推測値) 31,000h 以上(本体)
規制・認証
電波規制 VCCI Class A 準拠
FutureNet CMS-1200
システム 最大機器登録数 システム全体で2048台
※テナント毎の最大数は割当て可能
テナント数 テナント数 30(設定により可変)
※テナント毎に複数アカウントの発行が可能
VPNグループ数 システム全体で1023グループ
VPN構成機器数 最大1024台 (管理対象ルータのスペックに依存)
機器管理方式 CRP(CPE Registration Protocol)
Netconf over SSHv2
ユーザインターフェース Web GUI
(SSLによるWebアクセス)
運用管理機能 1.システム設定の保存・復帰
2.ファームウェア更新
3.サーバ証明書/失効リストのインポート
4.SYSLOG転送
5.NTPクライアント
6.SNMPエージェント ※予定
テナント 設定管理機能 1.機器ごとに3世代の設定情報を保存可能
2.Auto config機能による設定情報配信
3.外部サーバ(FTPまたはSSH)を利用した設定情報の保存・復帰
ファームウェア管理機能 1.テナント毎に1機種あたり3世代のファームウェアを保存可能
2.ファームウェアの一括更新(50台まで)
3.外部サーバ(FTPまたはSSH)を利用したファームウェア更新
VPN管理 1.メッシュ型またはスター型(冗長構成対応)のVPNを自動構成
2.VPN接続状態表示
運用管理機能 1.管理対象機器の一括登録
2.管理対象機器の情報取得(インターフェース情報、システム情報、設定情報、SYSLOG、経路情報等)
3.イベントログのリアルタイム表示
4.簡易ログサーバ
5.ネットワークテスト(管理対象機器でping、traceroute、パケットダンプ実行)
6.死活監視(メール通知)
7.テナントデータの退避/復帰

製品情報

ルータ
センター向けVPNモデル
大規模センタ向けモデル
中規模センタ向けモデル
拠点向けVPNルータ
ハイスペックモデル
耐環境性能強化モデル
IoT向け小型モデル
変動電源対応モデル
デュアル通信モジュール搭載モデル
仮想ソフトウェアルータ
リモート管理サーバ
セキュリティアプライアンス
FutureNet RAシリーズ
Linuxマイクロアプライアンスサーバ
FutureNet MA-E300シリーズ
ベースモデル(Ether,RS232,USB,SD)
+ RS-485変更
+ RS232拡張/RS-485/DIO
+ SSD
+ 音声入出力/DIO
+ LTE
+ LTE/RS485変更
+ LTE/DIO ※RS232無
+ LTE/RS-485/DIO
+ LTE/RS-485/AI/DIO
+ LTE/無線LAN
+ LTE/無線LAN/DIO ※RS232無
+ LTE/無線LAN(920MHz帯)
+ LTE/音声入出力/DIO
+ LTE/音声入出力/モデム
+ LTE/PoE給電/RS485
+ 海外対応LTE/RS-485
+ 海外対応LTE/RS-485/AI/DIO
FutureNet MA-E400シリーズ
デュアルコアCPU
産業用ルータ
シリアル変換機能搭載モデル
耐環境性強化/小型モデル
防塵防水対応モデル
LPWA
FutureNet XGシリーズ
プロトコル変換器
FutureNet FAシリーズ
FutureNet XIOシリーズ
FutureNet AS-110シリーズ
産業用PoEスイッチ/電源コントローラ
産業用PoEスイッチ
産業用電源コントローラ
FL-net製品
FutureNet FL-PCIシリーズ
FutureNet ISシリーズ
接点・IP告知システム
全国瞬時警報システム一体型受信機
オプション
データ記録用装置
電源アダプタ
アンテナ
開発用品
変換コネクタ
アクセサリ
ソフトウェア
製品保証
連携他社製品
販売終息製品

海外対応について

対応地域・製品
FutureNET VXR-x86の申し込み
FutureNet VXR-X64のトライアル版のダウンロード申し込み
製品のご購入方法
製品のご購入方法
販売代理店、製品取扱店を通じてご購入いただけます。
資料請求の方
資料請求の方
資料請求はこちら
お問い合わせ
お問い合わせ
製品ご購入前のお問い合わせはこちら

ページトップ