1. ホーム
  2. 製品情報
  3. プレスリリース

製品情報

VPNルータやIoTゲートウェイの集中管理を実現
FutureNet CMS-1300を発表

センチュリー・システムズ株式会社(本社:東京都武蔵野市、代表取締役:田中邁、以下:センチュリー・システムズ)は、様々なネットワーク環境下のVPNルータ (FutureNet NXRシリーズ)やIoTゲートウェイ (FutureNet MAシリーズ、FutureNet ASシリーズ)のリモート集中管理を実現する専用アプライアンスサーバ『FutureNet CMS-1300』を発表します。

管理者はインターネットやVPNを経由してCMS-1300にWebブラウザでアクセスし、簡単なGUIの操作で多数のVPNルータやIoTゲートウェイの稼働状態やコンフィグ、ファームウェアなどを集中管理することができます。

クラウド上で利用可能なVM版 CMS-1300(V)(仮称) の提供も計画しています。

CMS-1300は従来製品(FutureNet CMS-1200)の約5倍の機器の管理に対応した他、IPv6やNAT環境での管理にも対応し、様々なネットワーク環境に設置されるVPNルータやIoTゲートウェイの集中管理が可能です。

 

 FutureNet XIO-110

【 FutureNet CMS-1300 】

(主な機能)
◇コンフィグ管理
 ●ゼロコンフィグ
 ●管理対象機器のコンフィグの世代管理
 ●管理対象機器の一括設定変更
 ●コンフィグの一括作成
◇ファームウェア管理
 ●管理対象機器のファームウェアの表示、一括更新
◇死活監視
 ●管理対象機器の死活監視を行い、メール等でアラートを通知

 

FutureNet CMS-1300の特長

■ 様々なネットワーク環境でリモート管理可能
FutureNet CMS-1300は、HTTPSもしくはNetconf over SSH call home(予定)を利用してVPNルータ(FutureNet NXRシリーズ)、IoTゲートウェイ(FutureNet MAシリーズ、FutureNet ASシリーズ)を管理します。IPv6やキャリアグレードNAT等のネットワーク環境でリモート管理が可能です。

 

■ 強力なリモート管理機能
CMS-1300は以下のようなリモート管理機能を備えます。
① 設定管理 管理対象機器のコンフィグの取得、配信 、一括コンフィグ作成機能
② ファームウェア管理 管理対象機器のファームウェアバージョンの表示、一括更新
③ 状態管理 管理対象機器のインターフェース等の状態、ログ情報の表示
④ 死活監視 管理対象機器やその配下のネットワークの死活監視とアラート通知

管理者はデータセンター等に設置したCMS-1300のWeb画面を通して上記の機能を利用できます。多数の機器を導入する際は設定管理機能を利用して、事前のコンフィグの投入作業を大幅に簡略化できます。また運用フェーズでも機器の追加やファームウェアの更新等を自動化できるため、確実に作業が行えます。障害時にはアラート通知に加え、Web画面から管理対象機器の状態を確認できます。

 

■ 充実した運用機能
CMS-1300は管理対象となる機器を効率よく運用するために下記の機能を備えます。
●管理対象機器の情報取得:
 管理対象機器のインターフェース状態やコンフィグ、LTE等のモバイル状態等を取得、表示できます。
●イベントログの表示:
 ユーザ操作や管理対象機器で発生したイベントをリアルタイムに表示できます。ログの検索やダウンロードも可能です。
●簡易ログサーバ機能:
 管理対象機器側のスケジュール機能で管理対象機器がsyslogをコピーして、CMS-1300に保存できます。これにより、機器が再起動しても再起動前のsyslogをある程度確認できるようになります。
●死活監視:
 管理対象機器のセッション状態や接続状態を監視し、セッション断を検知した場合にアラート通知を行います。
●モニタ機能:(予定)
 管理対象機器のトラフィックデータ、CPU使用率、メモリ使用率、モバイル電波状況等をグラフデータにして参照します。また、このモニタ情報をレポートにしてダウンロードできます。

 

■ ASP型のサービスを可能にするマルチテナント機能
CMS-1300は管理対象機器をテナントと呼ぶ単位で管理するマルチテナントに対応しています。各テナントにはそれぞれ異なるユーザアカウント(一般ユーザ)を発行し、これにより各テナントへのアクセスをコントロールします。管理できる機器をそのテナントに属する機器だけに限定できるため、システムインテグレーター様にとっては複数企業様をCMS-1300 1台で収容し、企業様毎にアカウントを発行することでクラウド型ASP環境の構築ができます。クライアント企業様はWebブラウザだけあれば機器のリモート管理が実現できます。

<最大接続数>
・1システム テナント数:30
・1システム 監視対象機器:10,000台

 

価格、販売等

■CMS-1300
◇価格:オープンプライス
◇販売開始:2020年7月中旬販売開始予定

 

センチュリー・システムズ株式会社について

センチュリー・システムズは、エンタープライズから組み込み、IoT/M2Mシステム開発等ネットワーク分野を中心に、ハードとソフトの開発をおこなう開発会社です。FutureNet®ブランドでの自社製品の提供を中心として、製品のカスタマイズや新規開発を含む受託開発、OEM提供、ASP・クラウドサービス (WarpLink®)の提供をおこなっています。受託開発ではM2M、センサーネットワーク、遠隔監視制御、高信頼ネットワーク、専用ゲートウェイなどの装置/システム開発や通信プロトコルのライセンス提供などで幅広い実績を持っています。

  • ・会社名 : センチュリー・システムズ株式会社
  • ・所在地 : 東京都武蔵野市境1-15-14 宍戸ビル
  • ・代表者 : 代表取締役 田中 邁
  • ・事業内容: ネットワーク製品ブランド FutureNetシリーズの開発・販売、製品のカスタマイズ、OEM提供、IoT/M2Mシステム開発、受託開発、コンサルティング、ASP・クラウドサービス

● お問い合せ先
本件に関するご質問、お問い合わせは弊社営業部までお願いします。
なお、ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

  • 電話 0422-37-8112 FAX 0422-55-3373
  • 電子メール press-release@centurysys.co.jp
  • ホームページ https://www.centurysys.co.jp/

以上、新製品の紹介とさせて頂きます。何卒よろしくお取り計らいの程、お願い申し上げます。

 

  • ※「FutureNet®」、「WarpLink®」 はセンチュリー・システムズ株式会社の登録商標です。
    ※その他、文中の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標、サービス名称です。

 

製品情報

ルータ
センター向けVPNルータ
大規模センタ向けモデル
中規模センタ向けモデル
拠点向けVPNルータ
ハイスペックモデル
耐環境性能強化モデル
IoT向け小型モデル
変動電源対応モデル
デュアル通信モジュール搭載モデル
仮想ソフトウェアルータ
リモート管理サーバ
セキュリティアプライアンス
FutureNet RAシリーズ
Linuxマイクロアプライアンスサーバ
FutureNet MA-E300シリーズ
ベースモデル(Ether,RS232,USB,SD)
+ RS-485変更
+ RS232拡張/RS-485/DIO
+ SSD
+ 音声入出力/DIO
+ LTE
+ LTE/RS485変更
+ LTE/DIO ※RS232無
+ LTE/RS-485/DIO
+ LTE/RS-485/AI/DIO
+ LTE/無線LAN
+ LTE/無線LAN/DIO ※RS232無
+ LTE/無線LAN(920MHz帯)
+ LTE/音声入出力/DIO
+ LTE/音声入出力/モデム
+ LTE/PoE給電/RS485
+ 海外対応LTE/RS-485
+ 海外対応LTE/RS-485/AI/DIO
FutureNet MA-S110シリーズ
ベースモデル
(Ether,RS232/485,DIO,SD)
+ 無線LAN/BLE
+ AI
+ USB
FutureNet MA-E400シリーズ
デュアルコアCPU
産業用ルータ
シリアル変換機能搭載モデル
耐環境性強化/小型モデル
防塵防水対応モデル
LPWA
FutureNet XGシリーズ
プロトコル変換器
FutureNet FAシリーズ
FutureNet XIOシリーズ
FutureNet AS-110シリーズ
産業用PoEスイッチ/電源コントローラ
産業用PoEスイッチ
産業用電源コントローラ
FL-net製品
FutureNet FL-PCIシリーズ
FutureNet ISシリーズ
接点・IP告知システム
全国瞬時警報システム一体型受信機
オプション
データ記録用装置
電源アダプタ
アンテナ
開発用品
変換コネクタ
アクセサリ
ソフトウェア
製品保証
連携他社製品
販売終息製品

海外対応について

対応地域・製品
FutureNET VXR-x86の申し込み
FutureNet VXR-X64のトライアル版のダウンロード申し込み
製品のご購入方法
製品のご購入方法
販売代理店、製品取扱店を通じてご購入いただけます。
資料請求の方
資料請求の方
資料請求はこちら
お問い合わせ
お問い合わせ
製品ご購入前のお問い合わせはこちら

ページトップ