1. ホーム
  2. 製品情報
  3. プレスリリース

製品情報

『FutureNet NXR-G110シリーズ』発表のご案内

センチュリー・システムズ株式会社(本社:東京都武蔵野市、代表取締役:田中邁、以下:センチュリー・システムズ)は、リモートから一括で設定コントロールできる(REST-API機能搭載)『FutureNet NXR-G110シリーズ』(以下:NXR-G110シリーズ)を発表します。

今回発表するNXR-G110シリーズは、ゼロコンフィグレーション機能を使用して、ルータのファームウェアやアクセスリストを集中管理することができます。また、光回線だけでなく、LTE回線のSIMを直接挿入することができ、遠隔監視やリモートワーク用のVPN環境を容易に管理できます。

NXR-G110シリーズの主な特徴は下記です。
●レイヤ2/3のVPN機能で、リモート間VPN、スマートフォンやWindows端末とのVPNに加えて、クラウドサービス(AWS、Azure)とのVPN接続も構築可能
●集中管理によるリモートからの設定コントロール(REST API機能)
●総務省セキュリティガイドライン対応に準拠した機能
●LTE通信モジュール搭載
●NXR-G100シリーズのルータOSアップグレード版
●設置スペースをとらないコンパクトな筐体設計

管理サーバからConfigやファームウェアを自動取得させたり、サーバからREST-API機能を使用し、複数のNXR-G110シリーズを一括管理できます。また、明示的に消去しない限りは消えない初期コンフィグ領域を搭載し、ISPやユーザが提供するサービス専用のコンフィグの領域を持つことができます。
これらの機能を組合わせたゼロコンフィグレーション環境を構築することができます。
セキュリティ面においては、総務省セキュリティガイドラインに準拠した機能拡充をおこなっており、ルータのパスワードがデフォルトの場合は、パスワード変更を促すメッセージを出力するなど、不正アクセスのリスクを低減させるためのセキュリティ機能を強化しています。

NXR-G110シリーズは、遠隔監視用で利用することはもちろん、リモートワークをおこなう上で課題となっているセキュリティ面についての不安を解消した製品シリーズです。
LTE通信モジュールを搭載しているため、監視拠点や自宅でインターネット回線を引いていない環境でも工事不要でご利用いただけます。

NXR-G110シリーズの製品モデル
NXR-G110/KL:KDDI通信モジュール搭載モデル
NXR-G110/L:マルチキャリア通信モジュール搭載モデル
NXR-G110/L-CA:マルチキャリア通信モジュール搭載モデル(地域BWA、プライベートLTE、CA対応)

現在販売中のNXR-160/LW(マルチキャリアLTE通信モジュール+WiFi搭載モデル)とNXR-180/L-CA(マルチキャリアLTE通信モジュールのデュアルモジュールモデル)は、同OSを搭載したモデルです。
尚、現在販売中のNXR-G100シリーズは、引き続き販売します。

 

【 NXR-G100シリーズとNXR-G110シリーズの比較表 】

機能 NXR-G100
シリーズ
NXR-G110
シリーズ
備考
IPoEサービス transix IPv4接続
(DS-Lite)
インターネットマルチフィード
株式会社社提供
transix IPv4接続
(固定)
v6プラス × 日本ネットワークイネイブラー
株式会社提供
「V6プラス」
固定IPサービス
OCNバーチャル
コネクト
× NTTコミュニケーションズ
株式会社提供
LTE接続IPv6対応 ×  
インターネットブレイクアウト
(FQDNルーティング)
×  
ISP向けの初期Config領域
(flash-initial-config)
※1  
REST-API ※2  
スループット測定機能
(NetPerf機能)

(対応予定)
 
  • ※1 NXR-G100シリーズのISP向けの初期Config領域(flash-initial-config)は、USBメモリやSDカード(外部ストレージ)を挿入することで利用可能です。
  • ※2 NXR-G100シリーズのREST APIは、機器再起動、設定の保存・取得、ファームウェアの更新、showコマンドの実行、一部設定に対応していますが、NXR-G110シリーズでは、REST APIの機能を拡充し、ほぼ全ての設定コマンドに対応しました。

 

NXR-G110シリーズの機能拡充

■ IPv6関連の機能拡充
従来のIPv4inIPv6トンネルを利用した「v6プラス」(固定IP)サービスやtransix IPv4接続(DS-Lite)サービスなどに加えて、「OCNバーチャルコネクトサービス」にも対応しました。

 

■ LTE通信モジュールのIPv6対応
LTE通信モジュールを利用したモバイル回線のIPv6に対応しました。

 

■ インターネットブレイクアウト(FQDNルーティング)
クライアントから転送されるDNSパケットを横取りしてnameとaddress情報を解析してあらかじめ指定したURL-LISTに基づきルーティング(FQDN ルーティング)させる機能を搭載します。Windows Update通信やOffice365のクラウド型アプリケーションのネットワーク負荷の高い通信を直接インターネットに流す(オフロード)することにより、センタールータのトラフィックやNATセッションテーブルの負荷を軽減します。

 

■ REST APIの機能拡充
REST APIの機能を拡充し、REST APIでのコマンドをフル実装しました。これまでのファームウェア更新の自動化だけではなく、新たに機能拡充したREST APIを活用することで、クラウドベースのWebサーバなどからの複数機器の一括管理など、利用環境に応じたシステムを柔軟に構築することができます。

 

■ ISP向け初期コンフィグ領域
工場出荷状態の初期コンフィグや通常の運用時のコンフィグ(startup-config/running-config)とは別に、ユーザやISPが自由に定義できる初期コンフィグ(flash-initial-config)領域を持つことができます。この初期コンフィグ領域は、通常の初期化では削除されず、明示的に消去しないかぎり消えない領域となります。そのため、ISPが提供するサービス専用のコンフィグの初期出荷値が設定できます。

flash-initial-configとコンフィグの自動ダウンロード機能を組み合わせることで、設置時NXR-G110シリーズの電源を入れるだけで あらかじめサーバ等に準備したコンフィグを自動ダウンロードするゼロコンフィグが実現できます。

【 REST API  + ISP向け初期コンフィグ領域の利用例 】

 

■ IoTセキュリティガイドライン対応
外部ネットワークからの不正アクセスのリスクを低減させるためにセキュリティを強化しました。

●ログインパスワードがデフォルトのまま変更されていない場合は、パスワード変更を促すメッセージを出力するようにしました。
●コンソールからログイン試行時、連続でエラー(5回)となった場合は、一定時間(60秒)ログインできないようにしました。
●工場出荷時の設定でethernet0インタフェース以外からのHTTP/TELNETのアクセスを禁止するようにしました。

※工場出荷時から設定を変更することで、ethernet0インタフェース以外からのHTTP/TELNETアクセスは可能になります。

 

NXR-G100シリーズの機能継承

■ 各種VPNに対応
レイヤ3のVPNとしてIPsec機能(IKEv1、IKEv2対応)、レイヤ2のVPNとしてL2TPv3機能、スマーフォンやWindows端末に標準で搭載されているリモートアクセスVPN機能に対応しています。
またAWSやAzureのクラウドサービスで提供しているVPCサービスとのIPsec接続も可能です。

 

■ マルチキャリア対応
NXR-G110/L、NXR-G110/L-CAは、LTEマルチキャリア通信モジュールを搭載しており、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク及びMVMOに対応しています。

 

■ WarpLink SPS サービスによるゼロコンフィグレーションと集中管理機能
集中管理マネージメントシステム基盤である「WarpLink SPS サービス」を利用することで、ゼロコンフィグレーションや、「ファームウェアの配布・Config の配布」 が簡易に実現します。

●ゼロコンフィグレーション
WarpLink SPSサービスのコンフィグテンプレート機能を用いて、NXR-G110シリーズの設定情報を一括登録します。NXR-G110シリーズを現場で設置し電源を投入するだけでWarpLink SPSから設定情報をダウンロードします。そのため、技術者を現場へ派遣することはありません。

●集中管理機能
WarpLink SPSで集中管理して、通信不可を検知した際はメールでお客様へ配信することができます。トラフィックデータ、CPU使用率、メモリ使用率のグラフを作成することができます。
WarpLink SPSのコントロールパネルから、現場のNXR-G110シリーズの設定変更やファームのアップデート、ping(疎通確認)、traceroute(経路確認)、reboot(再起動)、ステータス取得/クリア、任意コマンドの実行も可能です。

 

■ 耐環境性、高信頼性
NXR-G100シリーズのハードウェアを採用しています。

●コンパクトな筐体設計(W 81.0mm x D 137.0mm x H 40.2mm)
●可動部品(ファン等)を使わないことにより高い信頼性を確保し、24時間365日の常時稼働
●-20℃~60℃(ACアダプタを除く)の動作保証
●最大加速度4G(振動数10~55Hz 振幅0.35mm)
● 鉄道での振動規格であるJIS E4031 2種に対応

 

価格、販売等

■NXR-G110シリーズモデル
◇価格:オープンプライス
◇販売開始:2020年6月上旬販売開始予定
※モバイル通信を利用する際の外部アンテナはオプションとなります。
アンテナについては用途に応じて複数のアンテナをラインナップしています。
詳細については別途お問い合わせください。

■NXR-G110シリーズの添付品等
標準添付:
●製品保証書
●ACアダプタ(-10~40℃)
●LANケーブル
●nano SIM変換アダプタ

オプション(別売り):
●Memory Media USB-8GB
●SDメモリカード(2GB, 4GB, 8GB, 16GB)
●温度拡張版 ACアダプタ(動作温度保証:-20℃~60℃、出力:DC12V/2A)
●外部アンテナ

■ 弊社サービスへの対応
●WarpLink SPS

集中管理マネージメントシステム基盤。ゼロコンフィグレーションや、「ファームウェアの配布・Config の配布」 が簡易に実現します。

●WarpLink DDNS

ダイナミック DNSと死活監視などの運用機能を提供するサービスです。動的IPアドレスを利用する環境においてもサーバの公開やカメラ画像の取得、各種機器の遠隔監視等が実現できます。

●保証プラス

「先出しセンドバックサービス」 故障等の異常が発生した旨の連絡を受け状況確認後、対象機器の故障であると判断された場合は、4時間以内に代替品の発送作業を開始いたします。期間は、5年と7年があります。

●保証プラスモア

「オンサイト(24 時間 365 日)保証」 故障等の異常が発生した旨の連絡を受け状況確認後、対象機器 の故障であると判断された場合は、設置拠点に4時間(目標)以内に駆けつけ機器を交換いたします。 期間は、5年と7年があります。

 

センチュリー・システムズ株式会社について

センチュリー・システムズは、エンタープライズから組み込み、IoT/M2Mシステム開発等ネットワーク分野を中心に、ハードとソフトの開発をおこなう開発会社です。FutureNet®ブランドでの自社製品の提供を中心として、製品のカスタマイズや新規開発を含む受託開発、OEM提供、ASP・クラウドサービス (WarpLink®)の提供をおこなっています。受託開発ではM2M、センサーネットワーク、遠隔監視制御、高信頼ネットワーク、専用ゲートウェイなどの装置/システム開発や通信プロトコルのライセンス提供などで幅広い実績を持っています。

  • ・会社名 : センチュリー・システムズ株式会社
  • ・所在地 : 東京都武蔵野市境1-15-14 宍戸ビル
  • ・代表者 : 代表取締役 田中 邁
  • ・事業内容: ネットワーク製品ブランド FutureNetシリーズの開発・販売、製品のカスタマイズ、OEM提供、IoT/M2Mシステム開発、受託開発、コンサルティング、ASP・クラウドサービス

● お問い合せ先
本件に関するご質問、お問い合わせは弊社営業部までお願いします。
なお、ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

  • 電話 0422-37-8112 FAX 0422-55-3373
  • 電子メール press-release@centurysys.co.jp
  • ホームページ https://www.centurysys.co.jp/

以上、新製品の紹介とさせて頂きます。何卒よろしくお取り計らいの程、お願い申し上げます。

 

  • ※「transix」は、インターネットマルチフィード株式会社社の登録商標です。
    ※「v6プラス」は、日本ネットワークイネイブラー株式会社の登録商標です。
    ※「OCNバーチャルコネクト」は、NTTコミュニケーションズ株式会社の登録商標です。
    ※「AWS」は、Amazon社の登録商標です。※「Windows Azure」は、Microsoft社の登録商標です。
    ※「FutureNet」、「WarpLink」 はセンチュリー・システムズ株式会社の登録商標です。
    ※その他、文中の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標、サービス名称です。

 

製品情報

ルータ
センター向けVPNルータ
大規模センタ向けモデル
中規模センタ向けモデル
拠点向けVPNルータ
ハイスペックモデル
耐環境性能強化モデル
IoT向け小型モデル
変動電源対応モデル
デュアル通信モジュール搭載モデル
仮想ソフトウェアルータ
リモート管理サーバ
セキュリティアプライアンス
FutureNet RAシリーズ
Linuxマイクロアプライアンスサーバ
FutureNet MA-E300シリーズ
ベースモデル(Ether,RS232,USB,SD)
+ RS-485変更
+ RS232拡張/RS-485/DIO
+ SSD
+ 音声入出力/DIO
+ LTE
+ LTE/RS485変更
+ LTE/DIO ※RS232無
+ LTE/RS-485/DIO
+ LTE/RS-485/AI/DIO
+ LTE/無線LAN
+ LTE/無線LAN/DIO ※RS232無
+ LTE/無線LAN(920MHz帯)
+ LTE/音声入出力/DIO
+ LTE/音声入出力/モデム
+ LTE/PoE給電/RS485
+ 海外対応LTE/RS-485
+ 海外対応LTE/RS-485/AI/DIO
FutureNet MA-E400シリーズ
デュアルコアCPU
産業用ルータ
シリアル変換機能搭載モデル
耐環境性強化/小型モデル
防塵防水対応モデル
LPWA
FutureNet XGシリーズ
プロトコル変換器
FutureNet FAシリーズ
FutureNet XIOシリーズ
FutureNet AS-110シリーズ
産業用PoEスイッチ/電源コントローラ
産業用PoEスイッチ
産業用電源コントローラ
FL-net製品
FutureNet FL-PCIシリーズ
FutureNet ISシリーズ
接点・IP告知システム
全国瞬時警報システム一体型受信機
オプション
データ記録用装置
電源アダプタ
アンテナ
開発用品
変換コネクタ
アクセサリ
ソフトウェア
製品保証
連携他社製品
販売終息製品

海外対応について

対応地域・製品
FutureNET VXR-x86の申し込み
FutureNet VXR-X64のトライアル版のダウンロード申し込み
製品のご購入方法
製品のご購入方法
販売代理店、製品取扱店を通じてご購入いただけます。
資料請求の方
資料請求の方
資料請求はこちら
お問い合わせ
お問い合わせ
製品ご購入前のお問い合わせはこちら

ページトップ