1. ホーム
  2. 製品情報
  3. プレスリリース

製品情報

IoT機器向けセキュリティサービスとしてWarpLink ISCをサービス開始

センチュリー・システムズ株式会社(本社:東京都武蔵野市、代表取締役:田中邁、以下:センチュリー・システムズ)は、急増するIoTデバイスを狙ったサイバー攻撃に対応すべく、セキュリティサービスとして、WarpLink ISCサービスを2019年4月10日より提供します。

WarpLink ISCは、トレンドマイクロ株式会社(以下、トレンドマイクロ)のIoT機器向けセキュリティサービス「Trend Micro IoT Security(以下、TMIS)」を実装することで、強固なセキュリティサービスを実現しています。

図1

センチュリー・システムズは、自社ブランドFutureNet®シリーズで、IoT/M2Mのゲートウェイとして利用できるFutureNet MA-E300シリーズや、音声・接点情報等を再配信することができる、独自開発したソフトウェアを搭載した小型 IP 告知端末、FutureNet IP-K100シリーズを皮切りにWarpLink ISCに対応した機器を順次増やしてまいります。

図2

主な特長

■ IoTレピュテーション/Webレピュテーション
トレンドマイクロのクラウド型セキュリティ技術基盤「Trend Micro Smart Protection Network」と連携することで、疑わしいIoT機器や不正なWebサーバとの通信をブロックする。

図3

■ 脆弱性スキャンと脆弱性対策
IoTデバイスのOSS等のバージョン情報をもとに、デバイス毎に悪用される可能性がある脆弱性をスキャンします。
悪用される可能性がある脆弱性を検出した場合、仮想パッチによりその脆弱性を突く不正な通信をブロックします。
また、新しい脆弱性が発見された場合も、デバイスに仮想パッチを配信し、攻撃をブロックします。

図4

■アプリケーションホワイトリスト
IoT機器にある正規のアプリケーションをホワイトリストとして登録し、ホワイトリストにないアプリケーションの起動を防止(不正プログラムの起動防止)します。

図5

■WarpLink DDNS Lite
WarpLink ISCには、センチュリー・システムズの自社サービスWarpLink DDNS Liteサービスも含まれます。WarpLink DDNS Lite は、動的なIPアドレスの場合に遠隔監視を行うためのダイナミックDNSサービス、IoT機器の運用支援/死活監視サービスを提供いたします。

■E-mailレポート
仮想パッチの更新・脅威防御結果、ライセンス期限前/期限切れ通知、初回の脆弱性スキャン結果、定期メールレポート等をE-mailにて配信致します。

導入事例

■ セフテック株式会社様 SiLEDシステム導入事例
SiLEDシステムは、道路の複数ポイントにスピードセンサとIoTゲートウェイのセットを設置し、複数ポイントからクラウドに収集したデータを元に渋滞区間等を判定します。 さらに、判定された情報に基づいてLED表示板の表示(○㎞先渋滞、解消等)を自動的に切り替えるシステムです。

図6

価格、販売等

■WarpLink ISCサービス利用料

サービス名 月額費
WarpLink ISC \300/月額

■トレンドマイクロ株式会社からのエンドースメント

トレンドマイクロは、センチュリー・システムズ様による「WarpLink ISC」の提供開始を歓迎します。
法人組織は、インターネット接続された様々なIoTデバイスを利活用し、データを可視化し分析する事で業務の効率化やコストの削減に繋げる事ができる一方で、サイバー犯罪者からの悪意ある攻撃のリスクが増加します。センチュリー・システムズ様がIoTデバイスのセキュリティサービスを提供することで、安心・安全なIoTシステムを実現できると確信しています。

IoT事業推進本部 IoT事業開発推進部
部長 和木 正浩

センチュリー・システムズ株式会社について

センチュリー・システムズは、エンタープライズから組み込み、IoT/M2Mシステム開発等ネットワーク分野を中心に、ハードとソフトの開発をおこなう開発会社です。FutureNet®ブランドでの自社製品の提供を中心として、製品のカスタマイズや新規開発を含む受託開発、OEM提供、ASP・クラウドサービス (WarpLink®)の提供をおこなっています。受託開発ではM2M、センサーネットワーク、遠隔監視制御、高信頼ネットワーク、専用ゲートウェイなどの装置/システム開発や通信プロトコルのライセンス提供などで幅広い実績を持っています。

  • ・会社名 : センチュリー・システムズ株式会社
  • ・所在地 : 東京都武蔵野市境1-15-14 宍戸ビル
  • ・代表者 : 代表取締役 田中 邁
  • ・事業内容: ネットワーク製品ブランド FutureNetシリーズの開発・販売、製品のカスタマイズ、OEM提供、IoT/M2Mシステム開発、受託開発、コンサルティング、ASP・クラウドサービス

● お問い合せ先
本件に関するご質問、お問い合わせは弊社営業部までお願いします。
なお、ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

  • 電話 0422-37-8112 FAX 0422-55-3373
  • 電子メール press-release@centurysys.co.jp
  • ホームページ https://www.centurysys.co.jp/

以上、新製品の紹介とさせて頂きます。何卒よろしくお取り計らいの程、お願い申し上げます。

 

製品情報

ルータ
FutureNet NXRシリーズ
FutureNet NXR-G200シリーズ
FutureNet NXR-G100シリーズ
FutureNet VXR-x64(仮想ソフトウェアルータ)
FutureNet VXR-x86(仮想ソフトウェアルータ)
リモート管理サーバ
セキュリティアプライアンス
FutureNet RAシリーズ
Linuxマイクロアプライアンスサーバ
FutureNet MA-E400シリーズ
FutureNet MA-E300シリーズ
産業用ルータ
FutureNet XGシリーズ
FutureNet AS-250シリーズ
FutureNet AS-M250シリーズ
FutureNet AS-P250シリーズ
FutureNet AS-110シリーズ
プロトコル変換器
FutureNet FAシリーズ
FutureNet XIOシリーズ
FL-net製品
FutureNet FL-PCIシリーズ
FutureNet ISシリーズ
全国瞬時警報システム一体型受信機
オプション
産業用PoEスイッチ
産業用電源コントローラ
データ記録用装置
電源アダプタ
アンテナ
開発用品
変換コネクタ
アクセサリ
ソフトウェア
製品保証
連携他社製品
販売終息製品

海外対応について

対応地域・製品
FutureNET VXR-x86の申し込み
FutureNet VXR-X86のトライアル版のダウンロード申し込み
FutureNET VXR-x86の申し込み
FutureNet VXR-X64のトライアル版のダウンロード申し込み
製品のご購入方法
製品のご購入方法
販売代理店、製品取扱店を通じてご購入いただけます。
資料請求の方
資料請求の方
資料請求はこちら
お問い合わせ
お問い合わせ
製品ご購入前のお問い合わせはこちら

ページトップ