1. ホーム
  2. 製品情報
  3. プレスリリース

製品情報

Ubuntu 16.04 LTS(Kernel 4.4.30以降)搭載
FutureNet MA-E400シリーズ発表のご案内

センチュリー・システムズ株式会社(本社:東京都武蔵野市、代表取締役:田中邁、以下:センチュリー・システムズ)は、Ubuntu 16.04 LTS搭載、LinuxマイクロアプライアンスサーバFutureNet MA-E400シリーズを発表します。

FutureNet MA-E400シリーズは、ベースモデルMA-E440をはじめ、SSD搭載モデルMA-E440M、マルチキャリア対応LTEモジュール搭載モデルMA-E440/Lなどをラインナップします。
MA-E300シリーズの機能を継承しながらも、Qualcomm IPQ8068 (ARMv7 dual core)1.4GHzを採用し、CPU性能が約4.9倍になり、4ポートHUB、DMZを追加、ネットワークサーバとしての機能が大幅に向上しました。
また、Ubuntu 16.04 LTS(Kernel 4.4.30以降)を採用し、汎用のプログラミング言語Python3.5.2など最新安定バージョンのソフトウェアを搭載しています。
更に、ネットワークマネージメントサービスWarpLink SPSと連携することで、設定管理などのすべての機能を専用のWeb画面を通して一元的に行えるため、遠隔から集中管理することができます。

ラインナップは、以下の通りです。

■FutureNet MA-E400シリーズ

機種名 ハードスペック概要
FutureNet MA-E440 1000BASE-Tポート×2 、1000BASE-T 4ポートHUB ×1、 SFPポート×1
FutureNet MA-E440M MA-E440にmSATA SSDモジュール搭載
FutureNet MA-E440/L MA-E440にマルチキャリア対応LTEモジュールを搭載
FutureNet MA-E440M/L MA-E440にmSATA SSDモジュールとマルチキャリア対応LTEモジュールを搭載

 

FutureNet MA-E440

【 FutureNet MA-E440 】

FutureNet MA-E440/L

【 FutureNet MA-E440/L 】

FutureNet MA-E400シリーズの利用例

■SSD内蔵LTEルータ(FutureNet MA-E440M/L)
MA-E440M/Lは、SSDを内蔵したマルチキャリアLTE対応の高性能ルータとして御利用いただけますので、大量のデータを形式変換して、クラウド等に送信することができます。また、SSDに蓄積されたデータを外部から参照することも可能です。

SSD内蔵LTEルータ(FutureNet MA-E440M/L)

■データ形式変換してSSDに蓄積(FutureNet MA-E440M)
MA-E440Mを用いれば、工場内の複数のPLCのSDカードやFCカードに蓄積されたデータを形式変換して集中管理することが可能になります。

データ形式変換してSSDに蓄積(FutureNet MA-E440M)

価格、販売等

■FutureNet MA-E440
◇価格:オープンプライス
◇販売開始: 2018年 1月(予定)

■FutureNet MA-E440M  MA-E440/L  MA-E440M/L
◇価格:オープンプライス
◇販売開始: 受注生産

■FutureNet MA-E400シリーズ添付品等
◇標準添付: 製品保証書、ACアダプタ
◇ダウンロード提供: 製品マニュアル
◇オプション(別売):
 ▪ 壁掛け金具
 ▪ 縦置き台(VTK-1)
 ▪ SFP対応オプション(1000BASE-SX-SFP、1000BASE-LX-SFP、1000BASE-T-SFP)
 ▪ 外付けアンテナ(MA-E440/L MA-E440M/L のみ)

※モバイル通信をおこなう際には外付けアンテナ(別売)と回線契約が別途必要です。
外付けアンテナは用途(室内利用、屋外利用等)に応じて各種の製品が選択できます。
製品、外付けアンテナのご購入、およびモバイル回線のご契約については弊社もしくは弊社代理店様にお問い合わせください。

センチュリー・システムズ株式会社について

センチュリー・システムズは、エンタープライズから組み込み、IoT/M2Mシステム開発等ネットワーク分野を中心に、ハードとソフトの開発をおこなう開発会社です。FutureNet®ブランドでの自社製品の提供を中心として、製品のカスタマイズや新規開発を含む受託開発、OEM提供、ASP・クラウドサービス (WarpLink®)の提供をおこなっています。受託開発ではM2M、センサーネットワーク、遠隔監視制御、高信頼ネットワーク、専用ゲートウェイなどの装置/システム開発や通信プロトコルのライセンス提供などで幅広い実績を持っています。

  • ・会社名 : センチュリー・システムズ株式会社
  • ・所在地 : 東京都武蔵野市境1-15-14
  • ・代表者 : 代表取締役 田中 邁
  • ・事業内容: ネットワーク製品ブランドFutureNetシリーズの開発・販売、製品のカスタマイズ、OEM提供、IoT/M2Mシステム開発、受託開発、コンサルティング、ASP・クラウドサービス

● お問い合せ先
本件に関するご質問、お問い合わせは弊社営業部までお願いします。
なお、ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

  • 電話 0422-37-8112 FAX 0422-55-3373
  • 電子メール press-release@centurysys.co.jp
  • ホームページ https://www.centurysys.co.jp/

以上、弊社取り組みの紹介をさせて頂きます。何卒よろしくお取り計らいの程、お願い申し上げます。

 

製品情報

ルータ
FutureNet NXRシリーズ
FutureNet NXR-G200シリーズ
FutureNet NXR-G100シリーズ
FutureNet WXRシリーズ
FutureNet VXR-x86(仮想ソフトウェアルータ)
リモート管理サーバ
産業用PoEスイッチ
産業用電源コントローラ
セキュリティアプライアンス
FutureNet RAシリーズ
FutureNet SS2シリーズ
Linuxマイクロアプライアンスサーバ
FutureNet MA-E400シリーズ
FutureNet MA-E300シリーズ
FutureNet MA-E200シリーズ
産業用PoEスイッチ
産業用電源コントローラ
産業用ルータ
FutureNet XGシリーズ
FutureNet AS-250シリーズ
FutureNet AS-M250シリーズ
FutureNet AS-P250シリーズ
FutureNet AS-110シリーズ
FutureNet NXR-G100シリーズ
産業用PoEスイッチ
産業用電源コントローラ
プロトコル変換器
FutureNet FAシリーズ
FutureNet XIOシリーズ
FL-net製品
FutureNet FL-PCIシリーズ
FutureNet ISシリーズ
全国瞬時警報システム一体型受信機
オプション
ソフトウェア
データ記録用装置
産業用PoEスイッチ
産業用電源コントローラ
電源アダプタ
アンテナ
開発用品
アクセサリ
製品保証
連携他社製品
販売終息製品
利用例

海外対応について

対応地域・製品
FutureNET VXR-x86の申し込み
FutureNet VXR-X86のトライアル版のダウンロード申し込み
製品のご購入方法
製品のご購入方法
販売代理店、製品取扱店を通じてご購入いただけます。
資料請求の方
資料請求の方
資料請求はこちら
お問い合わせ
お問い合わせ
製品ご購入前のお問い合わせはこちら

ページトップ