FutureNet

ASシリーズ

モバイル接続

2.常時接続

2.1 インターネット接続

AS-250の電源投入時にインターネット接続を行い、そのままPPP接続を保つ例です。拠点の全クライアントはインターネットアクセスを許可します。また定時リブート機能により、毎日定時にシステム再起動をかけます。またPPP接続連続失敗による再起動を早めます。

 

【 構成図 】

WS000003

 

【 設定例 】

rsport 0 lcpkeepalive on
domain 0 example testid testpass 0.0.0.0/0 0.0.0.0
domain 0 pdptype ppp
nat 47 * * * ipcp 0
alwaysonconnect activate on
alwaysonconnect domainname example
autoreboot activate on
autoreboot time 02:00

module  dialfailrestart on 5

【 設定例解説 】

接続先APNの設定
domain 0 example testid testpass 0.0.0.0/0 0.0.0.0

APN(AS-250/Xの場合はドメイン名)、ユーザID、パスワード、宛先ネットワークアドレス、WAN側IPアドレス(AS-250/Xの場合はメトリック)を設定します。

宛先ネットワークアドレスは、インターネット接続の場合0.0.0.0/0と指定します。 これで全ての異なるネットワーク向けパケットがWAN側への送信対象となります。

WAN側IPアドレスは、予め指定されたIP アドレスをIPCP で通知する場合に指定します。通知しない場合は0.0.0.0とします。

AS-250/Xの場合は、WAN側IPアドレスは不要で”domain 0 au-net.ne.jp au au 0.0.0.0/0 1″のように入力します。

(☞) 常時接続設定時は、接続先の登録を1つだけ設定します。

domain 0 pdptype ppp

PDPタイプとしてPPPを設定します。

(☞) ご利用のAPNに合ったPDPタイプを設定してください。PDPタイプがIPの場合、上記のPDPタイプの設定は不要です。(PDPタイプの初期値がIPのため)

(☞) AS-250/X、AS-250/KL、AS-M250/KL、AS-P250/KLではPDPタイプの指定は不要です。

(☞)  接続先APNの設定を変更した場合、すぐにモバイル網に接続できない場合があります。そのような場合はtelnetコンソールで”reboot module”コマンドを実行するか、電源コネクタを外して電源を再度入れ直して下さい。

 

NATの設定

nat 47 * * * ipcp 0

IPマスカレードの設定です。

 

常時接続の設定
alwaysonconnect activate on
alwaysonconnect domainname example

常時接続を有効にして、常時接続先のAPNを指定します。

 

通信状態の監視
 rsport 0 lcpkeepalive on

LCPキープアライブにより網の正常性を監視します。

autoreboot activate on
autoreboot time 2:10

定時再起動を有効にし、毎日午前2時10分にAS-250を再起動させます。

module  dialfailrestart on 5

工場出荷値ではダイヤル失敗連続10回でAS-250を再起動させますが、これを5回で再起動するように変更します。(AS-250/Xでは設定できません)