FutureNet

NXR,WXRシリーズ

WANインタフェース編

4. モバイル設定(KDDI編)

4-2. NXR-G100/KL LTE接続設定

NXR-G100/KLの内蔵モジュールを利用してインターネットアクセスする設定例です。なおインターネット接続には、KDDIのLTE NET for DATAを利用します。

 

【 構成図 】

  • NXR-G100/KLの内蔵モジュールは、mobile1として認識されます。
    (☞) 内蔵モジュールの情報は、show mobile 1コマンドで確認できます。

 

【 設定データ 】

設定項目 設定内容
LAN側インタフェース ethernet0のIPアドレス 192.168.10.1/24
WAN側インタフェース mobile1 ppp0
ppp0のIPアドレス 動的IPアドレス
IPマスカレード 有効
SPIフィルタ 有効
TCP MSS調整 オート
認証方式 CHAP
PPP接続用ユーザID user@au.au-net.ne.jp
PPP接続用パスワード au
APN au.au-net.ne.jp
CID 1
PDPタイプ IP
ダイアルタイムアウト 30秒
スタティックルート 宛先IPアドレス 0.0.0.0/0
ゲートウェイ(インタフェース) ppp0
モバイルエラーリカバリー リセット
モバイルターミネーションリカバリー リセット
DNS サービス 有効

【 設定例 】

nxrg100#configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
nxrg100(config)#interface ethernet 0
nxrg100(config-if)#ip address 192.168.10.1/24
nxrg100(config-if)#exit
nxrg100(config)#ip route 0.0.0.0/0 ppp 0
nxrg100(config)#ppp account username user@au.au-net.ne.jp password au
nxrg100(config)#interface ppp 0
nxrg100(config-ppp)#ip address negotiated
nxrg100(config-ppp)#ip masquerade
nxrg100(config-ppp)#ip spi-filter
nxrg100(config-ppp)#ip tcp adjust-mss auto
nxrg100(config-ppp)#ppp authentication chap
nxrg100(config-ppp)#ppp username user@au.au-net.ne.jp
nxrg100(config-ppp)#mobile apn au.au-net.ne.jp cid 1 pdp-type ip
nxrg100(config-ppp)#dial-up timeout 30
nxrg100(config-ppp)#exit
nxrg100(config)#mobile error-recovery-reset
nxrg100(config)#mobile termination-recovery reset
nxrg100(config)#mobile 1 ppp 0
nxrg100(config)#dns
nxrg100(config-dns)#service enable
nxrg100(config-dns)#exit
nxrg100(config)#exit
nxrg100#save config

【 設定例解説 】

1. <LAN側(ethernet0)インタフェース設定>
nxrg100(config)#interface ethernet 0
nxrg100(config-if)#ip address 192.168.10.1/24

ethernet0インタフェースのIPアドレスを設定します。

 

2. <スタティックルート設定>
nxrg100(config)#ip route 0.0.0.0/0 ppp 0

デフォルトルートを設定します。

 

3. <PPPアカウント設定>
nxrg100(config)#ppp account username user@au.au-net.ne.jp password au

ppp0インタフェースで使用するPPP接続用ユーザID,パスワードを設定します。
(☞) ここで設定したアカウントはppp0インタフェースの設定で利用します。

 

4. <WAN側(ppp0)インタフェース設定>
nxrg100(config)#interface ppp 0
nxrg100(config-ppp)#ip address negotiated

ppp0インタフェースのIPアドレスが動的IPアドレスの場合は、negotiatedを設定します。

nxrg100(config-ppp)#ip masquerade
nxrg100(config-ppp)#ip spi-filter
nxrg100(config-ppp)#ip tcp adjust-mss auto

IPマスカレード、ステートフルパケットインスペクションを有効に設定します。また、TCP MSSの調整機能をオートに設定します。

nxrg100(config-ppp)#ppp authentication chap

認証方式を設定します。

nxrg100(config-ppp)#ppp username user@au.au-net.ne.jp

PPP接続用ユーザIDを設定します。

nxrg100(config-ppp)#mobile apn au.au-net.ne.jp cid 1 pdp-type ip

APN,CID,pdp-typeを設定します。
(☞) すでに利用予定のAPN情報が登録されている場合は、mobile apnコマンドを設定しなくてもdial-up stringコマンドで、利用予定のAPN情報に対応したCIDを指定することによりPPP接続することが可能です。

nxrg100(config-ppp)#dial-up timeout 30

ダイアルタイムアウトを設定します。

 

5. <モバイルエラーリカバリー設定>
nxrg100(config)#mobile error-recovery-reset

内蔵モジュールとの通信に重大な問題が発生する可能性が高いと判断した場合、内蔵モジュールのリセットを行うように設定します。

 

6. <モバイルターミネーションリカバリー設定>
nxrg100(config)#mobile termination-recovery reset

PPP接続時に網側から切断された場合、内蔵通信モジュールのリセットを行うように設定します。

 

7. <モバイル割り当て設定>
nxrg100(config)#mobile 1 ppp 0

mobile1と認識されている内蔵モジュールとppp0インタフェースの関連づけを行います。
内蔵モジュールをPPPインタフェースで使用する場合は、mobileコマンドによるPPPインタフェースへの関連付けが必要になります。
(☞) mobile1に割り当てられている内蔵モジュールはshow mobile 1コマンドで確認することができます。

 

8. <DNS設定>
nxrg100(config)#dns
nxrg100(config-dns)#service enable

DNSサービスを有効にします。

 

【 端末の設定例 】

IPアドレス 192.168.10.100
サブネットマスク 255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ 192.168.10.1
DNSサーバ

【 補足 】

NXR-G100/KLでは、SIMカードスロットおよび内蔵SIMを利用することができます。なおモジュール起動時、SIMカードの装着状態でどちらのSIMを利用するか決定します。

SIMカードが装着されている場合、当該SIMカードを優先して利用します。
SIMカードが装着されていない場合、自動的に内蔵SIMを利用します。
なおいずれの場合でも初めて利用する際には、OTA(Over The Air)の手続きが必要です。

 

<利用開始登録設定>
nxrg100#register ota mobile 1

内蔵モジュール経由で通信サービスを利用可能状態にします。

(☞) この設定はPPP切断状態で実行することを推奨しています。またこの設定を実行すると、自動的にモジュールがリセットされます。

 

<登録情報表示>
nxrg100#show mobile 1 ota
OTA status is registered

内蔵モジュール経由で通信サービスの登録情報を表示します。