FutureNet

NXR,WXRシリーズ

無線LAN編

3. 無線LAN設定(NXR-160/LW)

3-3. 無線LAN設定(VAPの利用)

VAP(仮想アクセスポイント)機能を利用してSSID毎にネットワークを分割する設定例です。これにより一台のNXR-160/LWを仮想的に複数のアクセスポイントとして動作させることができ、用途毎に無線ネットワークを分割することができます。

 

【対象機種】NXR-160/LW(2020/12現在)
最新の対応状況は、各製品の更新履歴やユーザーズガイドをご確認ください。

 

コンテンツ
構成図 設定例 設定例解説 端末の設定例 付録

 

【 構成図 】

  • TELNETとHTTPのforbidden-access-wanが有効になっている場合、それらを使用してbridge,wlanインタフェースのIPアドレスにアクセスすることはできません。そのため、この設定例ではbridge0インタフェースでTELNETとHTTPアクセスを許可するフィルタを設定します。

 

【 設定例 】

nxr160#configure terminal
nxr160(config)#ip access-list br0_in permit 192.168.10.0/24 192.168.10.1 tcp any 23
nxr160(config)#ip access-list br0_in permit 192.168.10.0/24 192.168.10.1 tcp any 880
nxr160(config)#interface bridge 0
nxr160(config-bridge)#ip address 192.168.10.1/24
nxr160(config-bridge)#ip access-group in br0_in
nxr160(config-bridge)#exit
nxr160(config)#interface ethernet 0
nxr160(config-if)#no ip address
nxr160(config-if)#bridge-group 0 port 1
nxr160(config-if)#exit
nxr160(config)#interface wlan 0
nxr160(config-wlan)#no ip address
nxr160(config-wlan)#bridge-group 0 port 2
nxr160(config-wlan)#wlan ssid nxr160wlan0
nxr160(config-wlan)#wlan wpa-psk password nxr160wlan0pass
nxr160(config-wlan)#wlan authenticate wpa2-psk aes
nxr160(config-wlan)#wlan guest-mode enable
nxr160(config-wlan)#wlan access-point-bridge enable
nxr160(config-wlan)#wlan max-associations 16
nxr160(config-wlan)#exit
nxr160(config)#interface wlan 1
nxr160(config-wlan)#ip address 192.168.11.1/24
nxr160(config-wlan)#wlan ssid nxr160wlan1
nxr160(config-wlan)#wlan wpa-psk password nxr160wlan1pass
nxr160(config-wlan)#wlan authenticate wpa2-psk aes
nxr160(config-wlan)#wlan guest-mode enable
nxr160(config-wlan)#wlan access-point-bridge enable
nxr160(config-wlan)#wlan max-associations 16
nxr160(config-wlan)#exit
nxr160(config)#wifi 0
nxr160(config-wifi)#mode 11na
nxr160(config-wifi)#channel auto
nxr160(config-wifi)#exit
nxr160(config)#dhcp-server 1
nxr160(config-dhcps)#network 192.168.10.0/24 range 192.168.10.200 192.168.10.210
nxr160(config-dhcps)#gateway 192.168.10.1
nxr160(config-dhcps)#dns-server 192.168.10.1
nxr160(config-dhcps)#exit
nxr160(config)#dhcp-server 2
nxr160(config-dhcps)#network 192.168.11.0/24 range 192.168.11.200 192.168.11.210
nxr160(config-dhcps)#gateway 192.168.11.1
nxr160(config-dhcps)#dns-server 192.168.11.1
nxr160(config-dhcps)#exit
nxr160(config)#ip route 0.0.0.0/0 ppp 0
nxr160(config)#ppp account username [ユーザID] password [パスワード]
nxr160(config)#interface ppp 0
nxr160(config-ppp)#ip address negotiated
nxr160(config-ppp)#ip masquerade
nxr160(config-ppp)#ip spi-filter
nxr160(config-ppp)#ip tcp adjust-mss auto
nxr160(config-ppp)#ppp username [ユーザID]
nxr160(config-ppp)#mobile apn [APN] cid 1 pdp-type ip
nxr160(config-ppp)#dial-up string *99***1#
nxr160(config-ppp)#dial-up timeout 30
nxr160(config-ppp)#exit
nxr160(config)#mobile error-recovery-reset
nxr160(config)#mobile termination-recovery reset
nxr160(config)#mobile 1 ppp 0
nxr160(config)#mobile 1 carrier [キャリア]
nxr160(config)#exit
nxr160#clear mobile 1
nxr160#configure terminal
nxr160(config)#dns
nxr160(config-dns)#service enable
nxr160(config-dns)#exit
nxr160(config)#exit
nxr160#save config

 

【 設定例解説 】

1. <IPアクセスリスト設定>
nxr160(config)#ip access-list br0_in permit 192.168.10.0/24 192.168.10.1 tcp any 23
nxr160(config)#ip access-list br0_in permit 192.168.10.0/24 192.168.10.1 tcp any 880

IPアクセスリストbr0_inを以下のルールで設定します。

  • 送信元IPアドレス192.168.10.0/24、宛先IPアドレス192.168.10.1、宛先TCPポート23番を許可
  • 送信元IPアドレス192.168.10.0/24、宛先IPアドレス192.168.10.1、宛先TCPポート880番を許可

(☞) IPアクセスリストを設定しただけではフィルタとして有効にはなりません。フィルタリングを行うインタフェースでの登録が必要になります。

 

2. <bridge0インタフェース設定>
nxr160(config)#interface bridge 0
nxr160(config-bridge)#ip address 192.168.10.1/24

bridge0インタフェースのIPアドレスを設定します。

nxr160(config-bridge)#ip access-group in br0_in

IPアクセスグループのinフィルタにIPアクセスリストbr0_inを設定します。

 

3. <ethernet0インタフェース設定>
nxr160(config)#interface ethernet 0
nxr160(config-if)#no ip address

ethernet0インタフェースのIPアドレスを無効にします。

nxr160(config-if)#bridge-group 0 port 1

ブリッジグループを設定します。
(☞) ブリッジグループの番号はbridgeインタフェースの番号と同一のものを設定します。またポートはブリッジグループ内でユニークなものを設定する必要があります。

 

4. <wlan0インタフェース設定>
nxr160(config)#interface wlan 0
nxr160(config-wlan)#no ip address

wlan0インタフェースのIPアドレスを無効にします。

nxr160(config-wlan)#bridge-group 0 port 2

ブリッジグループを設定します。

nxr160(config-wlan)#wlan ssid nxr160wlan0

SSIDを設定します。

nxr160(config-wlan)#wlan wpa-psk password nxr160wlan0pass

WPA-PSK認証方式で使用するパスワードを設定します。
(☞) WPA-PSK認証方式で使用するパスワードは、WPA-PSKの認証方式および暗号化方式よりも先に設定する必要があります。

nxr160(config-wlan)#wlan authenticate wpa2-psk aes

認証方式と暗号化方式を設定します。

nxr160(config-wlan)#wlan guest-mode enable

ゲストモードを有効に設定します。
(☞) ANY接続拒否機能,ステルス機能は連動して動作するためゲストモードでの一括設定となります。

nxr160(config-wlan)#wlan access-point-bridge enable

アクセスポイントブリッジを有効に設定します。
(☞) アクセスポイントブリッジを有効に設定することでプライバシープロテクションが無効になります。

nxr160(config-wlan)#wlan max-associations 16

接続台数制限を設定します。

 

5. <wlan1インタフェース設定>
nxr160(config)#interface wlan 1
nxr160(config-wlan)#ip address 192.168.11.1/24

wlan1インタフェースのIPアドレスを設定します。

nxr160(config-wlan)#wlan ssid nxr160wlan1

SSIDを設定します。

nxr160(config-wlan)#wlan wpa-psk password nxr160wlan1pass

WPA-PSK認証方式で使用するパスワードを設定します。

nxr160(config-wlan)#wlan authenticate wpa2-psk aes

認証方式と暗号化方式を設定します。

nxr160(config-wlan)#wlan guest-mode enable

ゲストモードを有効に設定します。

nxr160(config-wlan)#wlan access-point-bridge enable

アクセスポイントブリッジを有効に設定します。

nxr160(config-wlan)#wlan max-associations 16

接続台数制限を設定します。

 

6. <wifi0設定>
nxr160(config)#wifi 0
nxr160(config-wifi)#mode 11na

無線方式を設定します。

nxr160(config-wifi)#channel auto

チャネルを設定します。
(☞) modeコマンドが未設定の場合、設定することはできません。

 

7. <DHCPサーバ設定>
nxr160(config)#dhcp-server 1
nxr160(config-dhcps)#network 192.168.10.0/24 range 192.168.10.200 192.168.10.210
nxr160(config-dhcps)#gateway 192.168.10.1
nxr160(config-dhcps)#dns-server 192.168.10.1

DHCPサーバ1を設定します。
(☞) このDHCPサーバはbridge0インタフェースで動作します。

nxr160(config)#dhcp-server 2
nxr160(config-dhcps)#network 192.168.11.0/24 range 192.168.11.200 192.168.11.210
nxr160(config-dhcps)#gateway 192.168.11.1
nxr160(config-dhcps)#dns-server 192.168.11.1

DHCPサーバ2を設定します。
(☞) このDHCPサーバはwlan1インタフェースで動作します。

 

8. <スタティックルート設定>
nxr160(config)#ip route 0.0.0.0/0 ppp 0

デフォルトルートを設定します。

 

9. <PPPアカウント設定>
nxr160(config)#ppp account username [ユーザID] password [パスワード]

PPP接続で使用するユーザID,パスワードを設定します。

 

10. <WAN側(ppp0)インタフェース設定>
nxr160(config)#interface ppp 0
nxr160(config-ppp)#ip address negotiated

ppp0インタフェースのIPアドレスをnegotiatedに設定します。

nxr160(config-ppp)#ip masquerade
nxr160(config-ppp)#ip spi-filter

IPマスカレード、ステートフルパケットインスペクションを有効にします。

nxr160(config-ppp)#ip tcp adjust-mss auto

TCP MSSの調整機能をオートに設定します。

nxr160(config-ppp)#ppp username [ユーザID]

PPP接続用ユーザIDを設定します。

nxr160(config-ppp)#mobile apn [APN] cid 1 pdp-type ip

APN,CID,PDPタイプを設定します。
(☞) モバイルキャリア設定でKDDI(KDDI MVNO含む)を選択する場合、KDDI MNO SIMを使用する場合はCIDを「2」に、KDDI MVNO SIMを使用する場合はCIDを「1」に設定します。

nxr160(config-ppp)#dial-up string *99***1#

発信用の電話番号を設定します。
(☞) 電話番号の#の前の数字はCIDを表しています。

nxr160(config-ppp)#dial-up timeout 30

ダイアルタイムアウトを設定します。

 

11. <モバイルエラーリカバリー設定>
nxr160(config)#mobile error-recovery-reset

通信モジュールとの通信に重大な問題が発生する可能性が高いと判断した場合、通信モジュールのリセットを行うように設定します。

 

12. <モバイルターミネーションリカバリー設定>
nxr160(config)#mobile termination-recovery reset

PPP接続時に網側から切断された場合、通信モジュールのリセットを行うように設定します。

 

13. <モバイル割り当て設定>
nxr160(config)#mobile 1 ppp 0

mobile1として認識されている内蔵通信モジュールとppp0インタフェースの関連づけを行います。
内蔵通信モジュールをPPPインタフェースで使用する場合は、mobileコマンドによるPPPインタフェースへの関連付けが必要になります。
(☞) mobile1の情報はshow mobile 1コマンドで確認することができます。

 

14. <モバイルキャリア設定>
nxr160(config)#mobile 1 carrier [キャリア]

mobile1(内蔵通信モジュール)のキャリアを設定します。
(☞) キャリア設定は「clear mobile 1」コマンドによるモバイルリセットを行うことで反映されます。

 

15. <DNS設定>
nxr160(config)#dns
nxr160(config-dns)#service enable

DNSサービスを有効にします。

 

16. <設定の保存>
nxr160#save config

設定内容を保存します。

 

【 端末の設定例 】

192.168.10.0/24 192.168.11.0/24
有線端末 無線端末 無線端末
IPアドレス 192.168.10.100 DHCPサーバから取得 DHCPサーバから取得
サブネットマスク 255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ 192.168.10.1
DNSサーバ

 

【 付録 】