FutureNet

NXR,WXRシリーズ

ネットイベント編

2. トラック設定

2-8. システムレジューム監視設定

システムレジューム監視設定ではシステムのスリープ状態からのレジュームを監視します。

 

【 設定例 】

(config)#track 1 system resume

トラックNo.1としてシステムレジューム監視を設定します。

(☞) システムレジューム監視はスリープ状態からレジュームした際に、ダウン状態へと遷移します。そしてすべてのアクションを実行後自動的にトラックのステータスを「up」にします。なおトラックのステータスが「up」になってもアクションは実行されません。
トラックダウン時に実行可能なアクションは下記のとおりです。

  • PPP,PPPoE再接続
  • IPsecトンネルの再接続
  • システム再起動
  • 内蔵通信モジュール(WiMAXを含む)/モバイル通信端末のリセット