FutureNet

ASシリーズ

モバイル接続

7.対向接続

7.1対向接続

センターからAS-250経由で遠隔地の機器にアクセスしてデータを取得します。

機器側AS-250を常時接続、かつWAN側IPアドレスを固定のグローバルIPとしておきます。これにより、センター側から固定のグローバルIPにTCP接続することで、常に機器からのデータ取得が行えます。機器のデータ通信用TCPポート番号は33333とします。

 

【対象機種】AS-250/F-SC、AS-250/F-KO、AS-250/S、AS-250/KL、AS-250/X、AS-250/NL

【 構成図 】

 

taikou

【 設定例 】

【センター側AS-250の設定】

main ip 192.168.10.1
main mask 255.255.255.0
rsport 0 lcpkeepalive on
domain 0 example testid1 testpass1 0.0.0.0/0 0.0.0.0
nat 47 * * * ipcp 0
dnsrelay activate on
【機器側AS-250の設定】
main ip 192.168.20.1
main mask 255.255.255.0
rsport 0 lcpkeepalive on
domain 0 example testid2 testpass2 0.0.0.0/0 0.0.0.0
nat 0 192.168.20.2 tcp 33333 ipcp 0
nat 1 192.168.20.1 tcp www ipcp 0
nat 2 192.168.20.2 icmp * ipcp 0
nat 47 * * * ipcp 0
dnsrelay activate on
alwaysonconnect activate on
alwaysonconnect domainname example

【 設定例解説 】

センター側AS-250の設定
nat 47 * * * ipcp 0

WAN側への接続を可能にします。

 

機器側AS-250の設定
nat 0 192.168.20.2 tcp 33333 ipcp 0

機器からのデータ取得を可能とするため、機器のTCPポート番号33333に接続できるようNAT設定します。

 

nat 1 192.168.20.1 tcp www ipcp 0
nat 2 192.168.20.2 icmp * ipcp 0

 

センターから機器側AS-250の設定変更、及び機器へのping疎通確認ができるように、上記のNAT設定を追加しています。

 

alwaysonconnect activate on
alwaysonconnect domainname example

センターから常に機器のデータ取得ができるよう、常時接続にします。

 

(☞) 上記の設定例では、インターネット上の不特定多数の機器からAS-250にアクセスできます。セキュリティ強化のため、常時接続している機器側AS-250はフィルタとNATの設定例を参考にAS-250にアクセスできる機器を制限してください。また、センター側AS-250はオンデマンド接続にしてありますが、セキュリティを強化するにはWAN側IPアドレスを固定のグローバルIPとし、機器側AS-250と同様にフィルタの設定をしてください。