FutureNet

ASシリーズ

モバイル接続

6.DHCPを使う

6.1 DHCPサーバ設定

 

AS-250のDHCPサーバー機能を使ってLANに接続されているクライアントにIPアドレスを割り振ります。

これにより、LAN内に接続されているクライアント1台毎にIPアドレスを設定しなくても、IP設定を自動的に取得して通信を行うことができるようになります。

 

(注意)ネットワーク内で他のDHCPサーバーを動かさないようにしてください。1つのネットワーク内に複数のDHCPサーバがあると、正しく動作しません。

 

 

【対象機種】AS-250/F-SC、AS-250/F-KO、AS-250/S、AS-250/KL、AS-250/X、AS-250/NL

【 構成図 】

 

dhcp

 

 

クライアント側では、IPアドレスとDNSサーバのアドレスを自動的に取得する設定にします。

 

【 設定例 】

rsport 0 lcpkeepalive on

domain 0 example testid testpass 0.0.0.0/0 0.0.0.0
nat 47 * * * ipcp 0
dnsrelay activate on

dhcp activate on

dhcp startip 192.168.254.100

dhcp noofip 10

dhcp mask 255.255.255.0

dhcp gateway 192.168.254.254

dhcp pridns 192.168.254.254

dhcp leasetime 0

【 設定例解説 】

dhcp activate on

DHCPサーバを起動します。

dhcp startip 192.168.254.100

DHCPクライアントに割り当てるIPアドレスの先頭アドレスを192.168.254.100とします。

dhcp noofip 10

割り当てるIPアドレスの上限数を10個とします。1~128が指定できます

dhcp mask 255.255.255.0

割り当てるネットマスクを指定します。

dhcp gateway 192.168.254.254

割り当てるデフォルトゲートウェイのIPアドレス(本装置のIPアドレス)を指定します。

dhcp pridns 192.168.254.254

割り当てるDNSサーバのIPアドレスを指定します。DNSリレーを使用する場合本装置のIPアドレスを指定します。

dhcp leasetime 0

DHCPサーバが割り当てるIPアドレスの貸出時間を指定します。

0~9999時間の範囲が設定可能です。0を指定すると無制限になります。