FutureNet

NXR,WXRシリーズ

CMS-1300編

6. 管理対象機器のコンフィグの登録・更新設定

6-4. テンプレートを使用したコンフィグの登録

CMS-1300で管理対象機器のコンフィグを一括登録する例です。

なお、コンフィグ一括登録は管理者アカウント、または当該テナントアカウントで行うことができます。

 

【 コンフィグ一括登録例 】

管理対象機器のコンフィグを一括登録する場合の作業手順は下記の通りです。

cms1300_config_bulk-registration_flow

  1. テンプレートと変換データの作成
    登録対象となる機器の共通設定を記載した「テンプレートファイル」と、機器ごとに異なる値を記載した「変換データ」の2つを作成します。
  2. コンフィグの生成
    作成したテンプレートと変換データをCMS-1300に適用して、コンフィグを生成します。生成後、コンフィグは機器コードに基づいて登録されます。
  3. コンフィグの配布
    管理対象機器で登録したコンフィグを取得します。なお登録したコンフィグを取得するためには、CMS-1300で該当コンフィグがデフォルトコンフィグとして指定されている必要があります。

(☞) コンフィグは、機器あたり最大3つまでとなりますので、必要に応じて事前にコンフィグを削除してください。なおコンフィグ削除は、1つずつ削除する以外に機器リストインポート機能を利用した削除も可能です。機器リストインポート機能を利用したコンフィグの削除はこちら

 

〔1. テンプレートと変換データの作成〕

<テンプレートファイルの作成>

テンプレートファイルを作成します。この例ではテンプレートファイルの形式にshow configを使用します。

※変換対象となる文字列を、${文字列}(以下例の赤太字部分)のように記載します。

hostname ${HOSTNAME}
telnet-server enable
http-server enable
!
password ${PASSWORD}
!
system power-management mode balance
!
ipv6 forwarding
fast-forwarding enable
!
management-server
tenant-code tenant001
node-code ${CMS_NODE_CODE}
http access-interval 600
server 203.0.113.1
exit-server
!
ppp account username ${PPP_USERNAME} password ${PPP_PASSWORD}
!
interface ppp 0
ip address negotiated
ip tcp adjust-mss auto
ip masquerade
ip spi-filter
ppp username ${PPP_USERNAME}
!
interface ethernet 0
ip address ${LAN_IP}
!
interface ethernet 1
no ip address
pppoe-client ppp 0
!
dns
service enable
!
syslog
local enable
!
ip route 0.0.0.0/0 ppp 0
!
end

 

<変換データの作成>

変換データを作成します。変換データはCSV形式で作成します。
第一行は、ヘッダで固定となります。また第一行の第一列(CMS_NODE_CODE)と第二列(CMS_CONFIG_LABEL)も固定となります。その他変数名についてはこちら

CMS_NODE_CODE,CMS_CONFIG_LABEL,HOSTNAME,PASSWORD,PPP_USERNAME,PPP_PASSWORD,LAN_IP
nxrg110_001,config0001,nxrg110_001,passwd001,test1@example.com,test1pass,192.168.10.1/24
nxrg110_002,config0001,nxrg110_002,passwd002,test2@example.com,test2pass,192.168.20.1/24

 

〔2. コンフィグの生成〕

コンフィグの一括登録を行い、各機器のコンフィグを生成します。

(☞) 変換データの作成時に第一列(CMS_NODE_CODE)で指定された機器コードの機器に、第二列(CMS_CONFIG_LABEL)で指定されたラベルのコンフィグを登録(新規追加)します。置き換え(更新)ではありませんので、ご注意ください。

 

[機器一覧]をクリックして、機器一覧表示設定画面を開きます。そして「コンフィグ一括登録」をクリックします。

cms1300_config_bulk-registration_register

コンフィグ一括登録画面で「変換データ」,「テンプレートファイル」,「フォーマット」を選択します。選択後、「登録」をクリックします。

cms1300_config_bulk-registration_select

「登録」クリック後、結果が表示されます。全てOKの場合、コンフィグが登録されます。(NGがある場合、コンフィグの登録を中止します)

cms1300_config_bulk-registration_result

コンフィグファイルの登録後、デフォルトコンフィグを指定する機器の「編集」をクリックします。

cms1300_config_bulk-registration_node_edit表示されているコンフィグの一覧からデフォルトコンフィグを指定します。デフォルトコンフィグは、「デフォルト指定」をチェックすることで有効になります。

cms1300_config_bulk-registration_node_config-select

(☞) デフォルトコンフィグの指定は、機器リストのインポートから一括で行うこともできます。詳しくはこちら

 

〔3. コンフィグの配布〕

管理対象機器で登録したコンフィグを取得します。取得方法は下記をご参照ください。

  • 設定の復帰
    CLI(コマンドラインインタフェース)で直ちにコンフィグを取得する方法を掲載しています。
  • NXRシリーズのコンフィグ更新設定
    機器起動時やスケジュールによるコンフィグ自動取得の方法を掲載しています。
  • ゼロコンフィグの利用
    ゼロコンフィグとは、NXRシリーズがCMS-1300への接続後、自動で設定情報を取得する機能です。

 

【 補足 】

変換データ作成時、機器詳細情報のコンフィグ一覧画面に表示されるバージョンおよび備考も指定することができます。

  • CMS_VERSION:バージョン
  • CMS_MEMO:備考

(☞) 変換データでCMS_NODE_CODE,CMS_CONFIG_LABEL,CMS_VERSION,CMS_MEMO以外の「CMS_ 」で始まる変数が1行目に現れた場合、エラーとなります。

 

以下変換データの作成例です。

CMS_NODE_CODE,CMS_CONFIG_LABEL,HOSTNAME,PASSWORD,PPP_USERNAME,PPP_PASSWORD,LAN_IP,CMS_VERSION,CMS_MEMO
nxrg110_001,config0001,nxrg110_001,passwd001,test1@example.com,test1pass,192.168.10.1/24,21.7.13,Tokyo
nxrg110_002,config0001,nxrg110_002,passwd002,test2@example.com,test2pass,192.168.20.1/24,21.7.13,Osaka

以下コンフィグ一括登録後のコンフィグ一覧画面表示例です。

cms1300_config_bulk-registration_supplement_variable