FutureNet

NXR,WXRシリーズ

IPv6編

3. IPv6 IPoE設定

3-5. フレッツ光ネクストプライオ設定

NTT東日本が提供するフレッツ光ネクストプライオ回線で帯域優先機能を利用する設定例です。なおこの設定例ではひかり電話契約なしの場合を想定しています。

 

【対象機種】NXR-230,NXR-G200シリーズ

 

【 構成図 】

  • この設定例ではFutureNet NXR-G240を使用しています。
  • Ethernet0インタフェースでIPv6 TCPパケットを受信した場合、IPv6ヘッダにあるトラフィッククラスの先頭6ビットにDSCP値として8(001000)を設定します。
  • ひかり電話契約なしの場合、IPv6プレフィックスはRAで、DNSサーバアドレスはDHCPv6で取得します。
  • ルータ配下の端末にIPv6プレフィックスはRAで、DNSサーバアドレスはDHCPv6で広告します。

 

【 設定データ 】

設定項目 設定内容
LAN側インタフェース ethernet0のIPv4アドレス 無効
ethernet0のIPv6アドレス 自動設定
RA送信 有効
Oフラグ(other-config-flag) 有効
DHCPv6サーバ サーバ名 ipv6dhcps
classify input prio_routemap
WAN側インタフェース ethernet1のIPv4アドレス 無効
RAプロキシ 有効(ethernet0)
DHCPv6クライアント クライアント名 ipv6dhcpc
IPv6アクセスグループ in eth1_in
IPv6 SPIフィルタ 有効
IPv6フィルタ ルール名 eth1_in
eth1_in No.1 動作 許可
送信元IPv6アドレス any
宛先IPv6アドレス any
プロトコル ICMPv6
No.2 動作 許可
送信元IPv6アドレス any
宛先IPv6アドレス any
プロトコル UDP
送信元ポート any
宛先ポート 546
クラスアクセスリスト アクセスリスト名 class_acl
class_acl 送信元IPv6アドレス any
宛先IPv6アドレス any
プロトコル TCP
ルートマップ ルートマップ名 prio_routemap
prio_routemap マッチIPv6アドレス class_acl
セット(DSCP) 8
DHCPv6サーバ 名前 ipv6dhcps
option-send DNSサーバ
DNSサーバ 取得インタフェース ethernet1
DHCPv6クライアント 名前 ipv6dhcpc
information-only 有効
option-request DNSサーバ
DNS サービス 有効
EDNS 有効

【 設定例 】

nxrg240#configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
nxrg240(config)#class access-list class_acl ipv6 any any tcp
nxrg240(config)#route-map prio_routemap permit 1
nxrg240(config-route-map)#match ipv6 address class_acl
nxrg240(config-route-map)#set dscp 8
nxrg240(config-route-map)#exit
nxrg240(config)#ipv6 dhcp-client ipv6dhcpc
nxrg240(config-dhcp6c)#information-only enable
nxrg240(config-dhcp6c)#option-request dns-servers
nxrg240(config-dhcp6c)#exit
nxrg240(config)#ipv6 dhcp-server ipv6dhcps
nxrg240(config-dhcp6s)#option-send dns-server add dhcp-client ethernet 1
nxrg240(config-dhcp6s)#exit
nxrg240(config)#interface ethernet 0
nxrg240(config-if)#no ip address
nxrg240(config-if)#ipv6 address autoconfig
nxrg240(config-if)#ipv6 nd send-ra
nxrg240(config-if)#ipv6 nd other-config-flag
nxrg240(config-if)#ipv6 dhcp server ipv6dhcps
nxrg240(config-if)#classify input route-map prio_routemap
nxrg240(config-if)#exit
nxrg240(config)#ipv6 access-list eth1_in permit any any icmpv6
nxrg240(config)#ipv6 access-list eth1_in permit any any udp any 546
nxrg240(config)#interface ethernet 1
nxrg240(config-if)#no ip address
nxrg240(config-if)#ipv6 nd accept-ra proxy ethernet 0
nxrg240(config-if)#ipv6 dhcp client ipv6dhcpc
nxrg240(config-if)#ipv6 access-group in eth1_in
nxrg240(config-if)#ipv6 spi-filter
nxrg240(config-if)#exit
nxrg240(config)#dns
nxrg240(config-dns)#service enable
nxrg240(config-dns)#edns-query enable
nxrg240(config-dns)#exit
nxrg240(config)#exit
nxrg240#save config

【 設定例解説 】

1. <クラスアクセスリスト設定>
nxrg240(config)#class access-list class_acl ipv6 any any tcp

クラスアクセスリスト名をclass_aclとし、IPv6 TCPパケット全てが対象となるように設定します。

 

2. <ルートマップ設定>
nxrg240(config)#route-map prio_routemap permit 1

ルートマップ名をprio_routemapとし、No.1のルールを作成します。

nxrg240(config-route-map)#match ipv6 address class_acl

マッチ条件としてクラスアクセスリストで設定したclass_aclを設定します。

nxrg240(config-route-map)#set dscp 8

該当条件にマッチした場合、DSCP値を8(001000)に設定します。
(☞) ルートマップ設定を設定しただけではパケットカラーリングは適切に機能しません。パケットカラーリングを行うインタフェースでルートマップの登録が必要になります。

 

3. <DHCPv6クライアント設定>
nxrg240(config)#ipv6 dhcp-client ipv6dhcpc

DHCPv6クライアント設定の名前を定義します。

nxrg240(config-dhcp6c)#information-only enable

information-only機能を有効に設定します。

nxrg240(config-dhcp6c)#option-request dns-servers

DHCPv6サーバに対してDNSサーバアドレスの通知を要求するように設定します。

 

4. <DHCPv6サーバ設定>
nxrg240(config)#ipv6 dhcp-server ipv6dhcps

DHCPv6サーバ設定の名前を定義します。

nxrg240(config-dhcp6s)#option-send dns-server add dhcp-client ethernet 1

DHCPv6 Reply送信時に、DNSサーバアドレスを通知するように設定します。
(☞) この設定例ではDHCPv6クライアントで取得したDNSサーバアドレスを広告します。

 

5. <LAN側(ethernet0)インタフェース設定>
nxrg240(config)#interface ethernet 0
nxrg240(config-if)#no ip address

ethernet0インタフェースのIPv4アドレスを無効にします。
(☞) この設定例ではIPv6のみの利用を想定しています。

nxrg240(config-if)#ipv6 address autoconfig

ethernet0インタフェースのIPv6アドレスを設定します。

nxrg240(config-if)#ipv6 nd send-ra

IPv6 RA(Router Advertisement)を送信するように設定します。

nxrg240(config-if)#ipv6 nd other-config-flag

RAパケットのOフラグ(other-config-flag)を設定します。

nxrg240(config-if)#ipv6 dhcp server ipv6dhcps

DHCPv6サーバ名を指定し、DHCPv6サーバを有効に設定します。

nxrg240(config-if)#classify input route-map prio_routemap

パケット受信時にルートマップによるパケットカラーリングを行うように設定します。

 

6. <IPv6アクセスリスト設定>
nxrg240(config)#ipv6 access-list eth1_in permit any any icmpv6
nxrg240(config)#ipv6 access-list eth1_in permit any any udp any 546

IPv6アクセスリスト名をeth1_inとし、ICMPv6および宛先UDPポート546番(DHCPv6クライアント)を許可します。
なおこのIPv6アクセスリスト設定はethernet1インタフェース設定で登録します。
(☞) IPv6アクセスリストを設定しただけではフィルタとして有効にはなりません。フィルタリングしたいインタフェースでの登録が必要になります。

 

7. <WAN側(ethernet1)インタフェース設定>
nxrg240(config)#interface ethernet 1
nxrg240(config-if)#no ip address

ethernet1インタフェースのIPv4アドレスを無効に設定します。

nxrg240(config-if)#ipv6 nd accept-ra proxy ethernet 0

RAプロキシを有効に設定します。
(☞) RAプロキシは受信したRAパケット内のプレフィックス情報を指定したインタフェースに対して代理で送信する機能です。

nxrg240(config-if)#ipv6 dhcp client ipv6dhcpc

DHCPv6クライアント名を指定し、DHCPv6クライアントを有効にします。

nxrg240(config-if)#ipv6 access-group in eth1_in

IPv6アクセスリストeth1_inをinフィルタに適用します。

nxrg240(config-if)#ipv6 spi-filter

IPv6ステートフルパケットインスペクションを有効に設定します。

 

8. <DNS設定>
nxrg240(config)#dns

DNSサービスを有効にします。

nxrg240(config-dns)#service enable
nxrg240(config-dns)#edns-query enable

EDNSを有効にします。

 

【 端末の設定例 】

IPv6 プレフィックス ルータからRAで取得
アドレス プレフィックス情報を元に自動生成
デフォルトゲートウェイ ルータからRAで取得
DNSサーバ ルータからDHCPv6で取得