FutureNet

NXR,WXRシリーズ

運用管理編

7. 時刻同期設定

7-1. NTP設定

NTP機能は時刻同期を行う機能です。ここではNTPクライアントおよびNTPサーバとして動作するための設定について説明します。

 

【 構成図 】

  • NTPサーバを指定して時刻同期を行うのと同時に、ルータをNTPサーバとして利用することでルータ配下の端末からの時刻同期要求に応答するようにします。

 

 【 設定データ 】

設定項目 設定内容
LAN側インタフェース ethernet0のIP アドレス 192.168.10.1/24
WAN側インタフェース PPPoEクライアント(ethernet1) ppp0
ppp0のIPアドレス 動的IPアドレス
IPマスカレード 有効
SPIフィルタ 有効
MSS自動調整 オート
ISP接続用ユーザID test1@example.jp
ISP接続用パスワード test1pass
スタティックルート 宛先IPアドレス 0.0.0.0/0
ゲートウェイ(インタフェース) ppp0
NTP サービス 有効
NTPサーバのIPアドレス 10.100.10.1
ポーリング間隔 最小 4
最大 5
タイムアウト 30秒
LED AUX1 ppp0アップ時点灯
DNS サービス 有効
FastFowarding 有効

 【 設定例 】

nxr120#configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
nxr120(config)#interface ethernet 0
nxr120(config-if)#ip address 192.168.10.1/24
nxr120(config-if)#exit
nxr120(config)#ip route 0.0.0.0/0 ppp 0
nxr120(config)#ppp account username test1@example.jp password test1pass
nxr120(config)#interface ppp 0
nxr120(config-ppp)#ip address negotiated
nxr120(config-ppp)#ip masquerade
nxr120(config-ppp)#ip spi-filter
nxr120(config-ppp)#ip tcp adjust-mss auto
nxr120(config-ppp)#ppp username test1@example.jp
nxr120(config-ppp)#exit
nxr120(config)#interface ethernet 1
nxr120(config-if)#no ip address
nxr120(config-if)#pppoe-client ppp 0
nxr120(config-if)#exit
nxr120(config)#system led aux 1 interface ppp 0
nxr120(config)#dns
nxr120(config-dns)#service enable
nxr120(config-dns)#exit
nxr120(config)#ntp
nxr120(config-ntp)#service enable
nxr120(config-ntp)#server 10.100.10.1 polling 4 5
nxr120(config-ntp)#timeout 30
nxr120(config-ntp)#exit
nxr120(config)#fast-forwarding enable
nxr120(config)#exit
nxr120#save config

 【 設定例解説 】

1. <LAN側(ethernet0)インタフェース設定>
nxr120(config)#interface ethernet 0
nxr120(config-if)#ip address 192.168.10.1/24

ethernet0インタフェースのIPアドレスを設定します。

 

2. <スタティックルート設定>
nxr120(config)#ip route 0.0.0.0/0 ppp 0

デフォルトルートを設定します。

 

3. <PPPアカウント設定>
nxr120(config)#ppp account username test1@example.jp password test1pass

ppp0インタフェースで使用するISP接続用ユーザID,パスワードを設定します。
(☞) ここで設定したアカウントはppp0インタフェースの設定で利用します。

 

4. <WAN側(ppp0)インタフェース設定>
nxr120(config)#interface ppp 0
nxr120(config-ppp)#ip address negotiated

ppp0インタフェースのIPアドレスが動的IPアドレスの場合は、negotiatedを設定します。

nxr120(config-ppp)#ip masquerade
nxr120(config-ppp)#ip spi-filter
nxr120(config-ppp)#ip tcp adjust-mss auto

IPマスカレード、ステートフルパケットインスペクションを有効に設定します。また、TCP MSSの調整機能をオートに設定します。

nxr120(config-ppp)#ppp username test1@example.jp

ISP接続用ユーザIDを設定します。

 

5. <ethernet1インタフェース設定>
nxr120(config)#interface ethernet 1
nxr120(config-if)#no ip address
nxr120(config-if)#pppoe-client ppp 0

PPPoEクライアントとしてppp0インタフェースを使用できるように設定します。

 

6. <システムLED設定>
nxr120(config)#system led aux 1 interface ppp 0

ppp0インタフェースのアップ/ダウンをaux1 LEDで表示するように設定します。

 

7. <DNS設定>
nxr120(config)#dns
nxr120(config-dns)#service enable

DNSサービスを有効にします。

 

8. <NTP設定>
nxr120(config)#ntp
nxr120(config-ntp)#service enable

NTP サービスを有効にします。

nxr120(config-ntp)#server 10.100.10.1 polling 4 5

NTPサーバアドレスとポーリング間隔を設定します。
(☞) ポーリング間隔で設定した値の意味は、4は2の4乗=16秒を、5は2の5乗=32秒を表しています。よって、NTPの通信量を減らすためにポーリング間隔を大きくしたり、精度を上げるためにポーリング間隔を小さくしたりすることができます。

nxr120(config-ntp)#timeout 30

NTPサーバからの応答タイムアウト時間を設定します。
(☞) NTPサーバからのサンプリングを4回行うため、実際のタイムアウト時間はtimeout × 4秒です。

 

9. <ファストフォワーディングの有効化>
nxr120(config)#fast-forwarding enable

ファストフォワーディングを有効にします。ファストフォワーディングを設定することによりパケット転送の高速化を行うことができます。
(☞) ファストフォワーディングの詳細および利用時の制約については、NXR,WXRシリーズのユーザーズガイド(CLI版)に記載されているファストフォワーディングの解説をご参照ください。

 

【 端末の設定例 】

IPアドレス 192.168.10.100
サブネットマスク 255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ 192.168.10.1
DNSサーバ
NTPサーバ