FutureNet

NXR,WXRシリーズ

運用管理編

2. 設定の保存・復帰

設定の保存・復帰一覧

2-1. 本体への設定保存1

CLI(コマンドラインインタフェース)を利用して機器本体に設定を保存する方法について紹介します。

 

2-2. 本体への設定保存2(拡張フラッシュの利用)

一部機種で対応している本体のフラッシュメモリに複数の設定ファイルを保存する方法について紹介します。

 

2-3. 設定のバックアップ1

CLIを利用してFTPサーバやSSHサーバといったリモートサーバやUSBメモリなどの外部ストレージに設定をバックアップする方法について紹介します。

 

2-4. 設定のバックアップ2(拡張フラッシュの利用)

本体のフラッシュメモリに複数の設定ファイルを保存できる機種で外部に設定をバックアップする方法について紹介します。

 

2-5. 設定の復帰1

CLIを利用してFTPサーバやSSHサーバといったリモートサーバやUSBメモリなどの外部ストレージに保存している設定を復帰する方法について紹介します。

 

2-6. 設定の復帰2(拡張フラッシュの利用)

本体のフラッシュメモリに複数の設定ファイルを保存できる機種で外部に保存している設定を復帰する方法について紹介します。

 

2-7. 起動時の設定ファイル指定

本体のフラッシュメモリに複数の設定ファイルを保存できる機種で設定ファイルを指定して起動する方法について紹介します。

 

2-8. 本体内の設定の削除

CLIを利用して本体に保存してある設定ファイルを削除する方法について紹介します。

 

2-9. 設定の初期化

CLIを利用して設定を初期化する方法について紹介します。

 

2-10. コンフィグロールバック設定

コンフィグロールバックの方法について紹介します。この機能を利用することで遠隔にあるルータへの設定復帰時に誤った設定を復帰させてしまった場合などルータへのアクセスができなくなることを防止します。

 

2-11. ロールバックタイマの停止

SMSによるロールバックタイマの停止方法について紹介します。なおclearコマンドによる停止方法についても紹介しています。