FutureNet

ASシリーズ

シリアル変換

2.サーバ

2.1 常時接続

AS-250をPPP常時接続にしておき、センターから必要に応じてTCP接続して計測装置とデータ送受信を行います。AS-250のシリアル変換機能はTCPトランスペアレントモードのサーバ(工場出荷値)で使います。センターからTCP接続するために、WAN側IPアドレスはグローバルIPアドレスの取得が必要です。また障害回避のため、定時リブート機能を設定しておきます。

シリアル変換機能はボーレートだけを変更しています。nat設定に関しては、通信が工場出荷値のAS-250(自ノード)宛てだけなので、これも設定の必要はありません。

センターからは、下記構成図のグローバルIPアドレスx.x.x.xのTCPポート33337(工場出荷値)にコネクションすることで、計測装置と通信できます。

 

【 構成図 】

WS000006

 

【 設定例 】

domain 0 example testid testpass 0.0.0.0/0 0.0.0.0

domain 0 pdptype ppp

alwaysonconnect activate on

alwaysonconnect domainname example

rsport 1 baudrate 19200

rsport 0 lcpkeepalive on

autoreboot activate on

autoreboot time 2

【 設定例解説 】

domain 0 example testid testpass 0.0.0.0/0 10.10.100.1

APN(AS-250/Xの場合はドメイン名)、ユーザID、パスワード、宛先ネットワークアドレス、WAN側IPアドレス(AS-250/Xの場合はメトリック)を設定します。

宛先ネットワークアドレスは、インターネット接続の場合0.0.0.0/0と指定します。 これで全ての異なるネットワーク向けパケットがWAN側への送信対象となります。

WAN側IPアドレスは、予め指定されたIP アドレスをIPCP で通知する場合に指定します。通知しない場合は0.0.0.0とします。

AS-250/Xの場合は、WAN側IPアドレスは不要で”domain 0 au-net.ne.jp au au 0.0.0.0/0 1″のように入力します。

domain 0 pdptype ppp

PDPタイプとしてPPPを設定します。

(☞) ご利用のAPNに合ったPDPタイプを設定してください。PDPタイプがIPの場合、上記のPDPタイプの設定は不要です。(PDPタイプの初期値がIPのため)

(☞) AS-250/KL、AS-250/XではPDPタイプの指定は不要です。

 

常時接続の設定
alwaysonconnect activate on
alwaysonconnect domainname example

常時接続を有効にして、常時接続先のAPNを指定します。

シリアル変換の設定
rsport 1 baudrate 19200

シリアル変換機能はのRS-232の通信速度だけを19200bpsに変更し、その他の設定は工場出荷値をそのまま使用します。

 通信状態の監視
 rsport 0 lcpkeepalive on

LCPキープアライブにより網の正常性を監視します。

autoreboot activate on
autoreboot time 2

定時リスタートを有効にし、毎日午前2時にリスタートさせます。

 

(☞) 上記の設定例では、インターネット上の不特定多数の機器がAS-250にアクセスできます。セキュリティ強化のため、AS-250はフィルタとNATの設定例を参考にアクセスできる機器を制限してください。