FutureNet

NXR,WXRシリーズ

CMS-1300編

5. 管理対象機器の内蔵通信モジュール用ファームウェアの登録・更新設定

5-4. 複数の機器に対する内蔵通信モジュール用ファームウェアのデフォルト設定・解除

CMS-1300で管理対象機器の内蔵通信モジュール用デフォルトファームウェア情報リスト(以下モジュール用デフォルトファームウェアリスト)をインポートする例です。

なお、モジュール用デフォルトファームウェアリストのインポートは管理者アカウント、または当該テナントアカウントで行うことができます。

 

【モジュール用デフォルトファームウェアリストのインポート 】

〔1. モジュール用デフォルトファームウェアリストを作成する前に〕

モジュール用デフォルトファームウェアリストのインポートでは下記ファイルを作成する必要があります。

  • モジュール用デフォルトファームウェアリスト
    登録対象の機器コードやデータファイルタイプ名などを記載したファイル

 

〔2. モジュール用デフォルトファームウェアリストファイルの作成〕

モジュール用デフォルトファームウェアリストのインポートでは、以下の操作に対応しています。なおインポートするモジュール用デフォルトファームウェアリストファイルは、CSV形式で作成する必要があります。

 

<モジュール用デフォルトファームウェアの設定>

書式は以下のとおりです。

set_default_datafile,機器コード,データファイルタイプ名,データファイルラベル

以下設定例です。

set_default_datafile,nxrg110_001,mobile1-firmwares,110-mod-v1125
set_default_datafile,nxrg110_002,mobile1-firmwares,110-mod-v1125

(☞) 一つのCSVファイルに異なる操作(set_default_datafileとdel_default_datafile)を指定することはできません。また行末にカンマ(,)は使用しないでください。

 

<モジュール用デフォルトファームウェアの解除>

書式は以下のとおりです。

del_default_datafile,機器コード,データファイルタイプ名

以下設定例です。

del_default_datafile,nxrg110_002,mobile1-firmwares

(☞) 一つのCSVファイルに異なる操作(set_default_datafileとdel_default_datafile)を指定することはできません。また行末にカンマ(,)は使用しないでください。

 

〔3. モジュール用デフォルトファームウェアリストファイルのインポート〕

[機器一覧]をクリックして、機器一覧表示設定画面を開きます。そして「機器リストインポート」をクリックします。

機器リストインポート画面で「デフォルトファームウェアリストファイル」を選択します。選択後、「登録」をクリックします。

「登録」クリック後、結果が表示されます。結果がOKと表示されている番号の機器は「インポート」をクリックすることで登録されます。(NGの機器は、インポートをクリックしても登録されません)