FutureNet

ASシリーズ

WarpLinkサービス

2.GPSを使う

2.1 GPSの利用

当社が提供するWarpLinkDDNS サービスを利用して装置の位置情報を管理します。

WarpLinkDDNS サービスは別途契約が必要です。サービス詳細につきましては、当社営業部までお問い合わせください。

 

【対象機種】AS-250/F-SC、AS-250/KL、AS-250/NL

【 構成図 】

 

WS000025

【 設定例 】

rsport 0 lcpkeepalive on

domain 0 example testid testpass 0.0.0.0/0 0.0.0.0

nat 47 * * * ipcp 0

dnsrelay activate on

ddns activate on
ddns userid dummy
ddns password dummy
ddns periodic on
module gps on

【 設定例解説 】

dnsrelay activate on

DNSリレーを有効にします。

ddns activate on

ダイナミックDNS機能を有効にします。

ddns userid dummy

WarpLinkDDNS サービスのユーザIDを設定します。

ddns password dummy

WarpLinkDDNS サービスのパスワードを設定します。

ddns periodic on

PPP 接続中に周期的(5分固定)に機器情報送信を行います。

module gps on

GPS機能を有効にします。

コマンドラインから”show gps”を入力することにより、測位した緯度、経度を表示できます。