FutureNet

NXR,WXRシリーズ

IPv6編

1. IPv6ブリッジ設定

1-1. IPv4 PPPoE+IPv6ブリッジ設定

NTT東日本/西日本が提供するフレッツ光ネクスト回線を利用してPPPoEによるインターネット接続(IPv4)とIPv6ブリッジによるサービス情報サイト(IPv6)への接続を行う設定例です。

 

コンテンツ
構成図 設定例 設定例解説 端末の設定例 付録

 

【 構成図 】

  • IPv6でサービス情報サイトにアクセスできるようにするため、IPv6ブリッジを有効にします。これによりルータ配下の端末はNGN網から広告されるプレフィックス情報を元にIPv6アドレスを自動生成することができます。

 

【 設定例 】

nxrg100#configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
nxrg100(config)#interface ethernet 0
nxrg100(config-if)#ip address 192.168.10.1/24
nxrg100(config-if)#exit
nxrg100(config)#dhcp-server 1
nxrg100(config-dhcps)#network 192.168.10.0/24 range 192.168.10.200 192.168.10.210
nxrg100(config-dhcps)#gateway 192.168.10.1
nxrg100(config-dhcps)#dns-server 192.168.10.1
nxrg100(config-dhcps)#exit
nxrg100(config)#ipv6 bridge ethernet 0 ethernet 1
nxrg100(config)#ip route 0.0.0.0/0 ppp 0
nxrg100(config)#ppp account username test1@example.jp password test1pass
nxrg100(config)#interface ppp 0
nxrg100(config-ppp)#ip address negotiated
nxrg100(config-ppp)#ip masquerade
nxrg100(config-ppp)#ip spi-filter
nxrg100(config-ppp)#ip tcp adjust-mss auto
nxrg100(config-ppp)#ppp username test1@example.jp
nxrg100(config-ppp)#exit
nxrg100(config)#interface ethernet 1
nxrg100(config-if)#no ip address
nxrg100(config-if)#pppoe-client ppp 0
nxrg100(config-if)#exit
nxrg100(config)#dns
nxrg100(config-dns)#service enable
nxrg100(config-dns)#exit
nxrg100(config)#fast-forwarding enable
nxrg100(config)#exit
nxrg100#save config

 

【 設定例解説 】

1. <LAN側(ethernet0)インタフェース設定>
nxrg100(config)#interface ethernet 0
nxrg100(config-if)#ip address 192.168.10.1/24

ethernet0インタフェースのIPv4アドレスを設定します。

 

2. <IPv4 DHCPサーバ設定>
nxrg100(config)#dhcp-server 1
nxrg100(config-dhcps)#network 192.168.10.0/24 range 192.168.10.200 192.168.10.210
nxrg100(config-dhcps)#gateway 192.168.10.1
nxrg100(config-dhcps)#dns-server 192.168.10.1

DHCPサーバのサーバナンバを1とし、配布するアドレス情報を設定します。

 

3. <IPv6ブリッジ設定>
nxrg100(config)#ipv6 bridge ethernet 0 ethernet 1

IPv6ブリッジするインタフェースを設定します。

 

4. <IPv4スタティックルート設定>
nxrg100(config)#ip route 0.0.0.0/0 ppp 0

デフォルトルートを設定します。

 

5. <PPPアカウント設定>
nxrg100(config)#ppp account username test1@example.jp password test1pass

ppp0インタフェースで使用するIPv4 ISP接続用ユーザID,パスワードを設定します。

 

6. <WAN側(ppp0)インタフェース設定>
nxrg100(config)#interface ppp 0
nxrg100(config-ppp)#ip address negotiated

ppp0インタフェースのIPv4アドレスをnegotiatedに設定します。

nxrg100(config-ppp)#ip masquerade
nxrg100(config-ppp)#ip spi-filter

IPマスカレード、IPv4ステートフルパケットインスペクションを有効にします。

nxrg100(config-ppp)#ip tcp adjust-mss auto

IPv4 TCP MSSの調整機能をオートに設定します。

nxrg100(config-ppp)#ppp username test1@example.jp

IPv4 ISP接続用ユーザIDを設定します。

 

7. <ethernet1インタフェース設定>
nxrg100(config)#interface ethernet 1
nxrg100(config-if)#no ip address

ethernet1インタフェースのIPv4アドレスを無効にします。

nxrg100(config-if)#pppoe-client ppp 0

PPPoEクライアントにppp0を設定します。

 

8. <DNS設定>
nxrg100(config)#dns
nxrg100(config-dns)#service enable

DNSサービスを有効にします。

 

9. <ファストフォワーディング設定>
nxrg100(config)#fast-forwarding enable

ファストフォワーディングを有効にします。

 

10. <設定の保存>
nxrg100#save config

設定内容を保存します。

 

【 端末の設定例 】

IPv4 アドレス DHCPサーバから取得
サブネットマスク
デフォルトゲートウェイ
DNSサーバ
IPv6 プレフィックス NGN網から取得
アドレス プレフィックス情報を元に自動生成
デフォルトゲートウェイ NGN網から取得
DNSサーバ

 

【 付録 】