FutureNet

NXR,WXRシリーズ

WANインタフェース編

2. PPPoE設定

2-4. NTTドコモ ワイドスターII接続設定

NTTドコモの衛星電話サービス「ワイドスターII」を利用する設定例です。ワイドスターIIの衛星可搬端末01とはPPPoEで接続します。

 

コンテンツ
構成図 設定フロー 設定例 設定例解説 端末の設定例 付録

 

【対象機種】NXR-G100シリーズ

 

【 構成図 】

  • WideStar/ワイドスターは株式会社NTTドコモの登録商標です。
  • この設定例は、発着信に対応しています。またPPPoEは常時接続ではなくオンデマンド接続になっています。

 

【 設定フロー 】

 

【 設定例 】

nxrg100#configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
nxrg100(config)#interface ethernet 0
nxrg100(config-if)#ip address 192.168.10.1/24
nxrg100(config-if)#exit
nxrg100(config)#ip route 172.16.0.0/24 ppp 0
nxrg100(config)#ppp account username [ユーザID] password [パスワード]
nxrg100(config)#interface ppp 0
nxrg100(config-ppp)#ip address 172.16.1.1/32
nxrg100(config-ppp)#ip masquerade
nxrg100(config-ppp)#ip tcp adjust-mss auto
nxrg100(config-ppp)#ppp ipcp ip request
nxrg100(config-ppp)#ppp on-demand
nxrg100(config-ppp)#ppp idle-timeout 60
nxrg100(config-ppp)#ppp callback accept widestar2
nxrg100(config-ppp)#pppoe service-name [サービス名]
nxrg100(config-ppp)#ppp username [ユーザID]
nxrg100(config-ppp)#exit
nxrg100(config)#interface ethernet 1
nxrg100(config-if)#ip address 192.168.0.10/24
nxrg100(config-if)#pppoe-client ppp 0
nxrg100(config-if)#exit
nxrg100(config)#exit
nxrg100#save config

 

【 設定例解説 】

1. <LAN側(ethernet0)インタフェース設定>
nxrg100(config)#interface ethernet 0
nxrg100(config-if)#ip address 192.168.10.1/24

ethernet0インタフェースのIPアドレスを設定します。

 

2. <スタティックルート設定>
nxrg100(config)#ip route 172.16.0.0/24 ppp 0

ドコモ網側に設けたネットワーク宛のルートを設定します。

 

3. <PPPアカウント設定>
nxrg100(config)#ppp account username [ユーザID] password [パスワード]

ppp0インタフェースで使用するワイドスターIIサービスの接続用ユーザID,パスワードを設定します。
(☞) ここで設定したアカウントはppp0インタフェースの設定で指定します。

 

4. <WAN側(ppp0)インタフェース設定>
nxrg100(config)#interface ppp 0
nxrg100(config-ppp)#ip address 172.16.1.1/32

ppp0インタフェースのIPアドレスを設定します。

nxrg100(config-ppp)#ip masquerade
nxrg100(config-ppp)#ip tcp adjust-mss auto

IPマスカレードを有効にします。またTCP MSSの調整機能をオートに設定します。

nxrg100(config-ppp)#ppp ipcp ip request

IPCPでIPアドレスをリクエストします。

nxrg100(config-ppp)#ppp on-demand

PPPオンデマンド接続を設定します。
(☞) ppp0インタフェースからパケットを送信する際にPPPoE回線の接続を開始します。

nxrg100(config-ppp)#ppp idle-timeout 60

アイドルタイムアウトを設定します。
(☞) 指定時間内にデータの送受信がなければ、PPP回線を切断し、再びオンデマンド状態に遷移します。

nxrg100(config-ppp)#ppp callback accept widestar2

ワイドスターIIサービスのパケットを受信してPPPoE接続できるように設定します。

nxrg100(config-ppp)#pppoe service-name [サービス名]

ワイドスターIIサービスの接続用に指定されたサービス名を設定します。

nxrg100(config-ppp)#ppp username [ユーザID]

ワイドスターIIサービスの接続用ユーザIDを設定します。
(☞) PPPアカウント設定で登録したアカウントを設定します。

 

5. <ethernet1インタフェース設定>
nxrg100(config)#interface ethernet 1
nxrg100(config-if)#ip address 192.168.0.10/24
nxrg100(config-if)#pppoe-client ppp 0

ethernet1インタフェースのIPアドレスを設定します。
またPPPoEクライアントを設定します。なお使用するPPPインタフェースとしてppp0を指定します。

 

【 端末の設定例 】

IPアドレス 192.168.10.100
サブネットマスク 255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ 192.168.10.1

 

【 付録 】