FutureNet

NXR,WXRシリーズ

NAT・フィルタ編

3. NAT/フィルタ応用設定

NAT/フィルタ応用設定一覧

3-1. NATでのサーバ公開1(ポートマッピング)設定

1つのグローバルIPアドレスで複数のWebサーバを外部に公開する設定例です。この例では宛先IPアドレスの他にポート番号の変換も合わせて行います。

 

3-2. NATでのサーバ公開2(複数IP+PPPoE)設定

複数のグローバルIPアドレスが割り当てられている環境でLAN内のサーバにそれぞれ異なるグローバルIPアドレスでアクセスする設定例です。この例ではWAN回線にPPPoEを利用します。

 

3-3. NATでのサーバ公開3(複数IP+Ethernet)設定

複数のグローバルIPアドレスが割り当てられている環境でLAN内のサーバにそれぞれ異なるグローバルIPアドレスでアクセスする設定例です。この例ではWAN回線にEthernetを利用します。

 

3-4. NATでのサーバ公開4(LAN内のサーバにグローバルIPアドレスでアクセス)設定

DNATで外部に公開しているサーバにルータ配下の端末からグローバルIPアドレスでアクセスする設定例です。

 

3-5. NATでのサーバ公開5(IP nat-loopbackの利用)設定

IP nat-loopback機能を利用してDNATで外部に公開しているサーバにルータ配下の端末からグローバルIPアドレスでアクセスする設定例です。

 

3-6. NATでのサーバ公開6(DDNSの利用)設定

ダイナミックDNS機能を利用して公開サーバへFQDNでアクセスする設定例です。この例ではダイナミックDNSサービスに弊社が提供しているWarpLinkDDNSサービスを使用します。

 

3-7. DMZ構築(PPPoE)設定

NXR-230/Cのように3ポート(3セグメント)以上を有する製品でPPPoE回線を利用しインターネットに公開するサーバ群(DMZ)と社内LANを物理的に分けて構築する設定例です。