FutureNet

NXR,WXRシリーズ

LXC編

1. LXC設定

1-5. LXCを使用したネットワーク設定(ブリッジの利用)

コンテナはNXR等のホスト(以下ホスト)を介して外部と通信できます。この例では、ホストのeth0とveth0をブリッジし、外部ネットワークと通信を行います。なおコンテナはコンテナ番号1にマウント済みとします。またコンテナのネットワーク設定は3. LXCコンソール接続とネットワーク設定を参考に設定済みとします。

 

【 ネットワーク構成 】

fnw_lxc_5

【 設定例 】

〔NXR-G100シリーズ〕

nxrg100#configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
nxrg100(config)#interface veth 0
nxrg100(config-veth)#lxc-link 1
nxrg100(config-veth)#exit
nxrg100(config)#interface bridge 0
nxrg100(config-bridge)#ip address 192.168.0.1/24
nxrg100(config-bridge)#bridge port 1 ethernet 0
nxrg100(config-bridge)#bridge port 2 veth 0
nxrg100(config-bridge)#exit
nxrg100(config)#exit
nxrg100#save config

 

〔NXR-650,NXR-G180/L-CA,NXR-G200シリーズ,VXRシリーズ〕

nxrg240#configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
nxrg240(config)#interface bridge 0
nxrg240(config-bridge)#ip address 192.168.0.1/24
nxrg240(config-bridge)#exit
nxrg240(config)#interface ethernet 0
nxrg240(config-if)#bridge-group 0 port 1
nxrg240(config-if)#exit
nxrg240(config)#interface veth 0
nxrg240(config-veth)#lxc-link 1
nxrg240(config-veth)#bridge-group 0 port 2
nxrg240(config-veth)#exit
nxrg240(config)#exit
nxrg240#save config

 

【 設定例解説 】

〔NXR-G100シリーズ〕

1. <veth0インタフェース設定>
nxrg100(config)#interface veth 0

veth0インタフェースを設定します。

nxrg100(config-veth)#lxc-link 1

lxc container1との仮想ブリッジを設定します。

 

2. <bridge0インタフェース設定>
nxrg100(config)#interface bridge 0
nxrg100(config-bridge)#ip address 192.168.0.1/24

bridge0インタフェースのIPアドレスを設定します。

nxrg100(config-bridge)#bridge port 1 ethernet 0
nxrg100(config-bridge)#bridge port 2 veth 0

ブリッジインタフェースで利用するインタフェースを設定します。

 

3. <設定の保存>
nxrg100#save config

設定内容を保存します。

 

〔NXR-650,NXR-G180/L-CA,NXR-G200シリーズ,VXRシリーズ〕

1. <bridge0インタフェース設定>
nxrg240(config)#interface bridge 0
nxrg240(config-bridge)#ip address 192.168.0.1/24

bridge0インタフェースのIPアドレスを設定します。

 

2. <ethernet0インタフェース設定>
nxrg240(config)#interface ethernet 0
nxrg240(config-if)#bridge-group 0 port 1

ethernet0インタフェースでブリッジグループを設定します。
(☞) ブリッジグループの番号はbridgeインタフェースの番号と同一のものを設定します。またポートはブリッジグループ内でユニークなものを設定する必要があります。

 

3. <veth0インタフェース設定>
nxrg240(config)#interface veth 0

veth0インタフェースを設定します。

nxrg240(config-veth)#lxc-link 1

lxc container1との仮想ブリッジを設定します。

nxrg240(config-veth)#bridge-group 0 port 2

ブリッジグループを設定します。

 

4. <設定の保存>
nxrg240#save config

設定内容を保存します。

←前のページ

次のページ→