FutureNet

FA,XIOシリーズ

XIO-100編

2. 他製品が検知可能な接点入力の数を増やす

2-1. ASシリーズが検知可能な接点入力の数を増やす

ASシリーズの接点入力の数は2点です。ここでは、XIO-100とASシリーズの仮想接点入力を利用して、ASシリーズが検知可能な接点入力の数を増やします。

 

【 構成図 】

AS_increase_DI

【 XIO-100 設定例 】

ip route default 192.168.254.254
di 0 bind 100
di 0 debounce 100
di 1 bind 101
di 1 debounce 100
di 2 bind 102
di 2 debounce 100
di 3 bind 103
di 3 debounce 100
di 4 bind 104
di 4 debounce 100
di 5 bind 105
di 5 debounce 100
di 6 bind 106
di 6 debounce 100
di 7 bind 107
di 7 debounce 100
do 100 map modbus 1 100 5 5
do 101 map modbus 1 101 5 5
do 102 map modbus 1 102 5 5
do 103 map modbus 1 103 5 5
do 104 map modbus 1 104 5 5
do 105 map modbus 1 105 5 5
do 106 map modbus 1 106 5 5
do 107 map modbus 1 107 5 5
mb slavemap 1 tcp 192.168.254.254

 

【 XIO-100 設定例解説 】

ip route default 192.168.254.254

インターネット側からXIO-100にアクセスするため、デフォルトゲートウェイはASシリーズのLAN側IPアドレス(192.168.254.254)を設定します。

 

di 0 bind 100
di 0 debounce 100
di 1 bind 101
di 1 debounce 100
di 2 bind 102
di 2 debounce 100
di 3 bind 103
di 3 debounce 100
di 4 bind 104
di 4 debounce 100
di 5 bind 105
di 5 debounce 100
di 6 bind 106
di 6 debounce 100
di 7 bind 107
di 7 debounce 100

接点入力0と仮想接点出力100を連動させます。同様に接点入力1~7と仮想接点出力101~107を連動させます。

デバウンス時間を100ミリ秒に設定します。これにより、入力変化を検出した後、100ミリ秒間状態が維持された場合に入力変化があったとみなします(100ミリ秒間状態が維持されない場合はノイズとみなし、入力変化を無視します)。

 

mb slavemap 1 tcp 192.168.254.254

スレーブ番号1をASシリーズ (192.168.254.254)に対応付けます。

 

do 100 map modbus 1 100 5 5
do 101 map modbus 1 101 5 5
do 102 map modbus 1 102 5 5
do 103 map modbus 1 103 5 5
do 104 map modbus 1 104 5 5
do 105 map modbus 1 105 5 5
do 106 map modbus 1 106 5 5
do 107 map modbus 1 107 5 5

仮想接点出力を登録します。仮想接点出力100をスレーブ番号1(ASシリーズ)の仮想接点入力100に対応付けます。同様に仮想接点出力101~107をスレーブ番号1(ASシリーズ)の仮想接点入力101~107に対応付けます。また、失敗判定回数とポーリング間隔に値を指定することで、スレーブ番号1(ASシリーズ)の仮想接点入力100~107の状態を定期的(5秒間隔)に読み取り、XIO-100の仮想接点出力100~107の状態と一致しない場合には、スレーブ番号1(ASシリーズ)の仮想接点入力100~107の状態変更を行います。

※仮想接点出力とは実際の接点出力ではなく、mapコマンドを利用してスレーブ側の接点出力および仮想接点入力と紐付ける仮の接点出力です。

 

【 ASシリーズ 設定例 】

rsport 0 lcpkeepalive on
domain 0 lte.mobac.net f@w.asahinet.jp 0000 0.0.0.0/0 0.0.0.0
nat 0 192.168.254.254 tcp www ipcp 8080
nat 1 192.168.254.254 tcp telnet ipcp 8023
nat 2 192.168.254.254 tcp 2222 ipcp 0
nat 3 192.168.254.252 tcp telnet ipcp 2323
nat 4 192.168.254.252 tcp 2222 ipcp 3333
nat 47 * * * ipcp 0
dnsrelay activate on
alwaysonconnect activate on
alwaysonconnect domainname lte.mobac.net
mb tcp-server enable

 

【 ASシリーズ 設定例解説 】

rsport 0 lcpkeepalive on
domain 0 lte.mobac.net f@w.asahinet.jp 0000 0.0.0.0/0 0.0.0.0
nat 0 192.168.254.254 tcp www ipcp 8080
nat 1 192.168.254.254 tcp telnet ipcp 8023
nat 2 192.168.254.254 tcp 2222 ipcp 0
nat 3 192.168.254.252 tcp telnet ipcp 2323
nat 4 192.168.254.252 tcp 2222 ipcp 3333
nat 47 * * * ipcp 0
dnsrelay activate on
alwaysonconnect activate on
alwaysonconnect domainname lte.mobac.net

本設定は一般的なASシリーズの設定例です。詳細は、AS-250へのリモートアクセス等を参照ください。

 

mb tcp-server enable

Modbus/TCPサーバ機能を有効にします。

 

以上の設定により、XIO-100の接点入力0~7に変化があった場合、XIO-100の仮想接点出力100~107を通じて、ASシリーズの仮想接点入力100~107が変化します。

仮想接点入力100~107の変化をASシリーズがイベント処理することにより、Eメール送信やSMS送信等の処理を行うことができます。

(☞) SMS送信やメール送信の設定は、別途下記を参照ください。

接点が一定時間ONになったらSMSで警報を送信する

接点入力の変化でメール送信