FutureNet

FA,XIOシリーズ

XIO-100編

1. 接点の延長

1-1. XIO-100を利用した接点延長(1対1接続)

2台のXIO-100をEthernet経由で接続して、マスター側XIO-100の接点入力(DI)の変化をスレーブ側XIO-100の接点出力(DO)に反映できます。

下記の例ではマスター側XIO-100のDI0、DI1とスレーブ側XIO-100のDO0、DO1を紐付けています。

 

【 構成図 】

ModbusTCP_case1

 

【 設定例 】

〔マスターの設定〕

ip lan address 192.168.1.1/24
di 0 bind 100
di 1 bind 101
do 100 map modbus 1 0 10 30
do 101 map modbus 1 1 10 30
mb slavemap 1 tcp 192.168.1.2

 

〔スレーブの設定〕

ip lan address 192.168.1.2/24

 

【 設定例解説 】

〔マスターの設定〕

ip lan address 192.168.1.1/24

IPアドレスを設定します。

di 0 bind 100
di 1 bind 101

接点入力0と仮想接点出力100を連動させます。同様に接点入力1と仮想接点出力101を連動させます。

mb slavemap 1 tcp 192.168.1.2

スレーブ番号1をスレーブ側XIO-100 (192.168.1.2)に対応付けます。

do 100 map modbus 1 0 10 30
do 101 map modbus 1 1 10 30

仮想接点出力を登録します。仮想接点出力100をスレーブ番号1(スレーブ側XIO-100)の接点出力0に対応付けます。同様に仮想接点出力101をスレーブ番号1(スレーブ側XIO-100)の接点出力1に対応付けます。

※仮想接点出力とは実際の接点出力ではなく、mapコマンドを利用してスレーブ側の接点出力と紐付ける仮の接点出力です。

以上の設定により、マスター側接点入力0、1に変化があった場合、仮想接点出力(100、101)を通じてスレーブ側の接点出力0、1が変化します。

 

〔スレーブの設定〕

ip lan address 192.168.1.2/24

XIO-100のModbus/TCPサーバ機能は工場出荷時の設定で有効(サーバポート番号502)となっていますので、IPアドレスだけを設定します。

無通信切断タイマは工場出荷時の設定で10秒です。