FutureNet

NXR,WXRシリーズ

LANインタフェース編

5. ボンディング設定

ボンディング設定一覧

ボンディング機能は複数の物理インタフェースを束ねて論理的に1つのインタフェースとして利用する機能です。

 

5-1. アクティブ/バックアップ設定

通常1つのインタフェースでのみ通信を行い、そのインタフェースに障害が発生した場合はバックアップのインタフェースを使用して通信を継続する設定例です。

 

5-2. バランシング設定

パケット送信時MACアドレス情報を元にパケットを振り分けてバランシングを行う設定例です。

 

5-3. リンクアグリゲーション設定

LACP(Link Aggregation Control Protocol)を利用して機器間でネゴシエーションを行う設定例です。なおパケット送信時MACアドレス情報を元にパケットを振り分けてバランシングを行います。