1. ホーム
  2. お客様サポート
  3. L2TPv3 FutureNet XRシリーズ

お客様サポート

L2TPv3 FutureNet XRシリーズ技術情報 ()

※()内の数字は技術情報数

  • 全般
すべて開く
L2TPv3ではVLANタグフレームを透過させることはできますか?
可能です。
なおXRのL2TPv3機能では、VLANタグを付与する機能も実装されています。
L2TPv3機能でL2TPセッションを暗号化することはできますか?
L2TPセッションは、IPsecで暗号化することができます。
XRのWAN-WAN間でIPsecを張ります。
なお設定方法に関しましては、こちらから設定例がダウンロードできます。
L2TPv3機能は固定IP 動的IPアドレス環境でも利用できますか?
利用可能です。
この場合、ネゴシエーションは動的IPアドレス側から行う形になります。
L2TPv3機能でL2TPv3セッションが切れた場合、自動再接続は行えますか?
可能です。
L2TPv3機能のReschedule Interval機能で設定できます。
L2TPv3で二重化構成はできますか?
可能です。
XRのL2TPv3機能では、グループ機能を用いることによりL2TPv3セッションの二重化に対応しています。
なおグループ機能の設定方法に関しましては、こちらから設定例がダウンロードできます。
L2TPv3でL2TPv3の設定は合っているのに、セッションが確立しません。
入力フィルタの設定でプロトコル L2TPが許可されていない可能性があります。
WAN側インタフェースでステートフルパケットインスペクションを有効にしている場合は、入力フィルタの設定でプロトコル L2TPを「許可」するようにしてください。
L2TPv3機能でL2TPセッション確立後、対向ルータのLAN側にアクセスできないのですが?
L2TPv3のセッション経由で、対向のL2TPv3ルータのLAN側インタフェース(Xconnectインタフェース)へ通信を行った場合、対向のXRは応答を返さないため、通信を行うことはできません。
L2TPv3機能またはルータの起動後、L2TPv3のネゴシエーションを開始しません。
L2TPv3機能では、インタフェースによって自動的にL2TPv3のネゴシエーションを開始するために必要な設定があります。
・Ethernetインタフェースの場合
Xconnect設定にある「Auto Negotiation設定」を「有効」にすることによりL2TPv3起動後に自動的にL2TPv3トンネルの接続が開始されます。
・PPPインタフェースの場合
L2TPv3 Tunnel設定にある「Bind Interface設定」でPPPインタフェースを設定することにより、PPP/PPPoEの接続/切断に伴って、L2TPトンネルとセッションの自動確立/ 解放がおこなわれます。
※PPPインタフェースアップ後にL2TPv3を起動した場合は、L2TPv3のネゴシエーション を開始するために、Xconnect設定にある「Auto Negotiation設定」を「有効」にしておく必要があります。
L2TPv3で動的IP同士で利用することは可能でしょうか?
申し訳ございませんがL2TPv3をご利用頂く場合、動的IPアドレス同士の拠点間接続はできません。
必ず片側の拠点のWAN側IPアドレスは固定IPアドレスである必要があります。

目的別メニュー

製品購入後のお問い合わせ

サポートデスク
電話サポート 0422-37-8926
電話での対応は以下の時間帯で行います。 月曜日 〜 金曜日 10:00 - 17:00 ただし、国の定める祝祭日、弊社の定める年末年始は除きます。
メールサポート
E-mail: support@centurysys.co.jp
FAXサポート 0422-55-3373
メール、FAX は 毎日24 時間受け付けております。 ただし、システムのメンテナンスやビルの電源点検のため停止する場合があります。 その際は弊社ホームページ等にて事前にご連絡いたします。

修理のお問い合わせ

修理サービス
  • 修理サービス

FutureNetシリーズでは修理サービスを行い安心のサポートを行います。

製品購入前のお問い合わせ

  • 製品購入前のお問い合わせ
  • 安心サービス

技術情報

製品別

ルータ
FutureNet NXRシリーズ
FutureNet NXR-G200シリーズ
FutureNet NXR-G100シリーズ
FutureNet WXRシリーズ
リモート管理サーバ
FutureNet XRシリーズ
産業用PoEスイッチ
セキュリティアプライアンス
Linuxマイクロアプライアンスサーバ
FutureNet MAシリーズ
FutureNet TMシリーズ
産業用PoEスイッチ
産業用ルータ・プロトコル変換器
FutureNet AS-250シリーズ
FutureNet AS-M250シリーズ
FutureNet AS-P250シリーズ
FutureNet FAシリーズ
産業用PoEスイッチ
FutureNet AS-150シリーズ
FutureNet MRシリーズ
FL-net製品
全国瞬時警報システム一体型受信機
オプション
ソフトウェア
産業用PoEスイッチ
サポート終了製品

ルータ機能別

ネットワーク
PPPoE/PPPモバイル
IPv4/IPv6
Ethernet/VLAN
NAT/UPnP
ネットイベント/VRRP
FastForwarding
QoS
DNS/DDNS/DNSインターセプト
無線LAN
WiMAX
LXC
Ethernet/VLAN/ブリッジ
全般
ルーティングプロトコル
RIP
OSPF
ポリシーベースルーティング
VPN
IPsec
L2TPv3
GRE/IPinIP
セキュリティ
フィルタ
Web認証
P2P検出
運用管理
CLI/GUI
DHCP
SNMP
シスログ
NTP
スケジュール
WarpLink
省電力
Wake ON LAN
全般
FutureNet製品活用ガイド
FutureNet製品活用ガイド
製品の設定例を集めています
マイクロサーバ開発者用サイト
マイクロサーバ開発者用サイト
さわってみようMAシリーズ
さわってみようSAシリーズ

ページトップ